RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Luke James「Luke James [Deluxe Edition]」
LUKEJAMES_DELUXE-Cover.jpeg

R&Bフリークの間では熱望され続けていた、Luke Jamesの待望のデビューアルバム『Luke James』を御紹介。その昔はLuke & Qというデュオでも活動していた(彼らのアルバムは結局お蔵入りに......)Luke James、その後もソングライトでChris Brown(僕の大好きな曲「Crawl」がそれ!)やBritney Spears(「Kill The Lights」)、Keri Hilsonなどに楽曲提供し、裏方としての実力もアリ。Beyonceは自身のツアーの前座に彼を抜擢したり、同じく自身のMV「Run The World (Girls)」にも出演させたりと、かなり贔屓している様ですね。という訳で下地は完璧に整った状態でのデビュー、僕も心待ちにしておりました(密)。なのでジャケット的には通常盤の方が好きなのですが(大抵がそう)、豪華盤の方を買った次第です。本作は後期(いや中期というべきかもしれない)Timbalandの右腕としても活躍したヒットメイカー、Danjaが設立したレーベル“N.A.R.S (New Age Rock Star) Records”からのデビュー、その昔Luke JamesはThe Underdogsのレーベルと契約していたそうな。
さーて僕が聴いて感じたことを書きますと・・・・・・まずはDanjaが制作を担当した恍惚メロウチューン「Love XYZ」で華やかにスタート、これがもう亜熱帯な湿度と熱気を帯びたなんとも壮大な銃弾シンセが最高。やはりDanjaだけあってボウンボウンと跳ね上がる躍動感のあるビートが活き活きしていて、その目まぐるしさの中で閃光を放ち切り裂くLuke Jamesのヴォーカルがスッキリテイストでグッド。Philip "Hardwork" ConstableとDominic Gordonが共同制作のチルウェイブ風のとろみミッド「Dancing In The Dark」は、雪解け水のようにヒンヤリとして澄み切ったシンセが淡々と流れ、そんなトラック中を潜り戯れるLuke Jamesのヴォーカルがシャープで綺麗なフィヨルドミッド。Luke James自身が制作した「Don't Do It (Interlude)」はヒューマンビートボックスを敷き詰めた、なんだか生身で毒々しいグルーヴは鼓膜を突いてくるベタベタな手触りのインタールードでやはり侮れない。Philip "Hardwork" ConstableとDominic Gordonが共同制作した「Trouble」はとても内省的で繊細なナーバスメロウな一曲で、冬の朝に吸い込む銀色の空気のように冷たく棘のある、どこか逆行し円転するようなメロディが余計に病みつく(墜)。いかにもDanjaらしい砲弾のように重たく厳ついビートが降ってくる「The Run」も面白く、フックでは途端にビートが止み、流麗だけどマイナー調でもの悲しげなメロディがひらひら。そんな中だからこそ急に氷点下を創り出すLuke Jamesのファルセットが鮮麗になり、鼓膜にも霜がおりてやられてしまいます(策士)。吐く息もすぐに白く凍ってしまいそうなLuke Jamesの凍結ファルセットが美しい、Philip "Hardwork" Constableが制作の「Glass House」も非常に美味で、一面に広がる清らかな雪景色のような幽玄な空気感が聴き手をゆっくり支配してしまう氷霜スロウ。日に透かされて輝くLuke Jamesの無垢で清廉としたヴォーカルが、ピアノ鍵盤と共に鼓膜をキレイに漂白してくれる優麗なバラード「Exit Wounds」はDanjaが制作を担当。引き続きDanjaが制作したハープまで飛び出すアカペラコーラス風の「TimeX (Interlude)」もやはり一癖アリで、ゴスペルとブルースにチルウェイブをひとつまみ混ぜたようなサウンドが新鮮。Dominic Gordon制作の「Options」ではRick Rossが客演参加、キラキラと結晶化されたシンセが眩く吹雪く氷結ミッド。悪天候になったみたく途中でビートを乱舞させ荒ぶる転調もドラマチックでカッコ良いし、Rick Rossの毛皮チックなリッチなラップまでを凍らせてしまうフローズンミッド。「Insane / Bombin' Out (Interlude)」はDanjaが制作を担当、こういう二部構成ってすごく意味があるのでしょう。前半は朝霜のように薄らいだ純白のシンセがスーッと漂う繊細なスロウで、そんな霜ついたトラックを溶かすような温かな陽光のようなLuke Jamesのヴォーカルが華麗。後半はそんなLuke Jamesの陽光ヴォーカルが雪解けと春の到来を告げ、雪に埋もれていた草木がふわりと蕾をつけるのです(嘆美)。グラミー候補にまでなりLuke Jamesを一躍時の人にした「I Want You」はKadis & Seanが制作を担当(Add制作にDanja)、序盤ではそれこそ正統なゴスペル風味の荘厳曲かと思わせておき、次第に複雑にメロディやビートが絡んで絢爛になったかと思いきや、最後はスマートに後光を射して終わらすという天上絵巻ソウルで凄いんです(圧巻)。そんな抑揚ある展開のなかで光の粒子がジワジワと集合し、終にはすべてを突き抜くLuke Jamesの光の波動砲のような直線ヴォーカルが瞬く間に聴き手を昇天させるのです(果)。こんなにも胸がすく壮大なソウル曲って最近なかった気がする、それほどの濾過作用を持った白虹的ソウル。最後はPhilip "Hardwork" ConstableとDominic Gordonが共同制作のエレクトロでまろやかな粘液的ソウルミッド「Expose」、こういう現行サウンドもさらっと厭味無く取り込めているのが上手で憎い、でも薄味でなくキッチリと芳醇さも保っているんですよ(焙煎)。
とここまでが本編の内容で、豪華盤にはさらに3曲のボーナス曲が追加されております。まずはあのSalaam RemiとNe-Yoが共同で制作した(!)「Make Love To Me」、これはもう完璧にNe-Yoな甘酸っぱくてフルーティな柑橘ソウルでSalaam Remiっぽい影や暈かしはないものの、本編には無いサウンドと風合いでやはり面白くバッチリ浸透します。「Options (Wolfjames Version)」はRick Rossを抜いたかなというぐらいで、特に書く事はないかな(薄)。そしてラストがなかなかの飛び道具で、Sam Smithの特大ヒット曲「Stay With Me」を大胆にカバーしております(驚愕)。本家はかなりシックに凛としてシンプルな独奏バラードな訳ですが、Luke Jamesはヴォーカルの膜を幾つか被せて生々しくて艶っぽいソウルバラードに仕立てていて、また違った濃縮された味わいを放つコク深い一曲となっております(濃縮)。

色んな音楽要素を鮮やかにソウルとマッチングさせた音作りがとても凄いし、その方面のサウンドかと思わせながらも、どれも二層三層での加工がされているので結局はその奥行きの中で聴き手が絡まって逃れられないという面白さ(賛辞)。でも結局はLuke Jamesの真っ直ぐでソウルフルな歌声でキレイにコーティングされていて、とことん美味という極上の一枚で御座います。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment