RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jagged Edge「JE Heartbreak II」
je-jehbtoo.jpg

Jermaine Dupri率いるSo So Defの看板グループだった鉄壁コーラスグループ、Jagged Edgeの通算八作目となる『JE Heartbreak II』を御紹介。112やDru Hill、Blackstreet、Boyz II Men、Jodeciらと共にR&Bグループ群雄割拠の時代を切り抜けたJagged Edge(以降はJEと省略表記)は、Brian CaseyとBrandon Caseyの双子と、Kyle Norman、Richard Wingoの四人で構成されています。前作は老舗であるSlip-N-SlideからのリリースだったJEですが、本作では古巣であるSo So Defからのリリースとなっております(狂喜乱舞)。
興奮し過ぎなので落ち着いて感想をポツポツ・・・・・・本作のExecutive ProducerはやはりJermaine Dupriが担当していて、このクレジット見ただけで僕は鳥肌が立ちました(妄信)。まずはアコースティックのキリキリと奏でられる弦律が胸をキュッと締めつける、フォーキーで侘しさが漂うスロウ「Future」でスタート。Brian CaseyとBrandon Casey兄弟が制作(Co制作はBryan-Michael Cox)したJE節な壮麗で凛とした透明なサウンドが波打ち、JE独特なエナメルチックなツヤ光りするシックなハーモニーが響く一曲。Jermaine DupriとBryan-Michael Coxの黄金タッグが制作した、ブアブアしたシンセが妖しく刺々しく明滅する「Familiar」は正に黄金期のSo So Defを彷彿とさせる、ちょっぴりヌケ感のあるサイケデリックな電工ミッド。Bryan-Michael CoxとBrian CaseyとBrandon Casey兄弟が三つ巴で制作した、雲一つなくスッキリした晴天のような澄んだメロウ「Familiar」も素晴らしい(涙)。洗いざらしのような眩いぐらいの真っ白なメロディにJEのビタースウィートでダークモカみたいなハーモニー、鍵盤の魔術師であるBryan-Michael Coxらしい一曲。Jermaine DupriとBryan-Michael Coxが共同制作した「Things I Do For You」は、リフレインして追いかけるハーモニーと電子音が、スーッスーッと静かに波が引く夕まぐれの海辺のようなマッタリ感と涼しさを生み出す好ミッド。またまたBryan-Michael CoxとBrian CaseyとBrandon Casey兄弟が共同制作した「Love Come Down」は、優雅で和漢生薬テイストな弦音がドリーミーに響く靄のかかったナイスミッドで、フックの背景で鳴る“うーうーううーうー♪”のエナメル質なハミングにこそJEの魅力がギュッと濃縮されていると考えます(研究)。これまたBryan-Michael Coxがその鍵盤捌きを存分に聴かせてくれている純白清廉なスロウ「It's Been You」は、潤いたっぷりで枯れ果てたハートにグングンと浸透する深層水のように清らかさで、潤んだJEのハーモニーがまるで雨上がりに空に架かる虹のように眩く鮮やかなのがグッド(感動)。Jermaine DupriとBryan-Michael Coxが共同制作したメタリックでマシーンチックなメロディが稼動する「Wanna Be (Romeo)」の、ツヤ消ししたマッドなJDのハーモニーがザクザクと鼓膜に振動を与えてカッコイイ。Shirley Brown「I Need You Tonight」を下敷きにループをかけた「Getting Over You」もJDらしい仕上がりのエッヂのあるヴィンテージソウル風味で、芳醇にして辛口でキレのある感覚がクールでイイ。ボクンボクンとエコー気味にこもって弾くビートが、桃源郷のようにまろやかクリーミーな感触を生む「Ready」はBrian CaseyとBrandon Casey兄弟とBryan-Michael Coxが共同制作。霞がかったフルーティなんだけど練乳かけたようなトローリと甘いミッドで、そんな中で聴こえるテナー基調のJDのハーモニーとの調合がまたたまりません(美味)。同じくBryan-Michael CoxとBrian CaseyとBrandon Casey兄弟が共同制作の「Make It Clear」は鉱山で鉱石が光をうけて瞬く様な、そんな繊細で儚げな光の洩れのような電子音がミステリアスで綺麗な壮麗ミッド。「No Half Steppin'」はP.A. Smoothなる人物が突如として制作を担当、白昼夢のような微睡みの中でゆっくりと開花する睡蓮のような幻想的な美しさ、JEのたおやかな高級エナメル質なハーモニーがたまらなく綺麗でウットリ(溜息)。〆を飾るのはやはりBrian CaseyとBrandon Casey兄弟が制作(Co制作にP.A. Smooth)の「Posters (We Stay On One)」、ちょっぴりスクリューかかったヴォーカルも載せて重厚感を出しつつも、銀河系統な遊泳感のあるギャラクティカルなシンセを散りばめたツヤツヤチューンでクール。

涙無しには聴けなかったというのは、僕だけでしょうか(恥)。そうです、僕のJagged Edgeが完全に帰還しました、そして『J.E. Heartbreak』の続編として銘打つに恥じない傑作で御座います。いや、勿論前作はもっと切なくて甘酸っぱいバラードが多かったけれど、それを差し引いてもやっぱりJermaine DupriとBryan-Michael Coxが完全にJEをバックアップした事はとっても喜ばしい、二人もまたJEの正式メンバーなのだから(感涙)。だから四年の沈黙を破った『The Remedy』が本来ならば復帰作なんでしょうが(解散も休止もしてなかったんですが)、この『JE Heartbreak II』を以てしてJEがまた戻って来たと強く感じる事が出来ました。R&Bの、ハーモニーの天国がここにある、ありがとうJagged Edge(崇拝)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment