RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Goapele「Strong As Glass」
popmag000162-strongasglass.jpg

R&B界の中でも一際異彩な魅力を放つ麗しきシンガー、Goapeleの通算五作目となる『Strong As Glass』を御紹介。インディでの活動ながら、その深みのある官能的なサウンドとヴォーカルで通なR&B愛好家たちから絶大な支持を得るGoapele。そんなGoapeleは本作で、かのEric Benet主宰のレーベルJordan Houseと契約したのも話題になりました(Calvin RichardsonもJordan Houseと契約をした)。胸元から肩口までを露にしたジャケットは素敵ながら、どうも坊主にして大きな帽子を被ったGoapeleはオカマにしか見えなくて辛い。ちなみにGoapeleといえば、前作『Break Of Dawn』を僕はいたく気に入っており、その年の年間ベストでも堂々の一位に選出しておりました。
それでは四方山話はこの辺で止めておいて本題に・・・・・・まず本作を語る上で欠かせないのがExecutive ProducerにKeith Harris(will.i.amと共に楽曲制作している人物)が就いている点、この組み合わせが結構突飛で面白いんです。スタートを切る表題曲「Strong As Glass」からそのKeith Harrisが制作を担当、ダイアモンドダストのようにキメ細やかなピアノ鍵盤音が舞い、そんな雪面の反射光に閃いてスーッと射し込むGoapeleのヴォーカルが美しくて思わず溜息。同じくKeith Harrisが制作を担当し(ソングライトにはEstelle Swarayが関与)、あのSnoop Doggを客演に招くという異常事態となった(笑)「Hey Boy」は先行曲として話題になりました。Goapeleらしからぬレトロなグルーヴで滑走するディスコタッチなアッパーで、ミラーボールみたくギラギラと輝くギャラクティカルなシンセ点滅チューンに、フックをリフレインさせて聴き手を踊らせるGoapeleの清涼感溢れるヴォーカルが瑞々しい。最近はこういうディスコブギーなメロディに乗り続けているSnoop Doggだからお手の物、思った以上に抜群の相性で安心しました。Andre Bowmanが制作の「Insanity」はスケスケな電子音がまるで美しいレース刺繍のように繊細で、優しく深く呼吸するようなGoapeleの淀みのない歌声がすーっと沁み込んでくる甘美スロウ。湿度たっぷりウェッティーなシンセが艶かしく響く「Perfect」はTrakmatikが制作を担当、潤いを含んだGoapeleの歌声がピッタリと鼓膜に張り付くのが心地良く、程よくじんわりとアンビエントでとろみのついたメロディと民族的な打ビートが巧い。「What In The World」はEric Benetとのコンビで知られるDeMonte Poseyが制作を担当、彼らしいとても無垢で純真でさらさらとした精白なピアノバラードで、Goapeleの澄み切った深層水のようなヴォーカルが枯渇したハートをグングン潤します。Keith Harrisがブヨブヨと膨張するような電子音を放出させるエレクトリックな光芒ミッド「My Love」では、Eric Benetとの有りそうで無かった共演が実現。蛍光色抜群なメロディがとっても眩くて綺麗ですし、GoapeleとEric Benetの甘くシフォンのように絡まり合うデュエットもとっても美しくてナイスの一言。続いてもKeith Harrisが制作した夕間暮れみたくしんみりと熱いレゲエテイストのメロディ、継ぎ接ぎでピアノ鍵盤を繋いだ「Powerful」も、ちょっぴり歪ませてループするメガホンヴォーカルなGoapeleのエフェクトなんかがとても新鮮。再びDeMonte Poseyが制作を担当した透明感の溢れる柔らかなピアノバラード「Some Call It Love」も素敵で、真っ青な空に白雲がゆっくりと流れて消えるような、そんな清涼感と壮大さが胸を打つ一曲です。なかなかGoapeleの諸作の系譜をなぞったミステリアスなアンビエントミッド「Last Days」はCornelio "Corn" Austinが制作を担当、洞門の中で滴る雫の音色がゆっくりと振幅して広がるような、じんわりと漏れ出る潤いがたまらないGoapeleならではの湧泉ソウルといった感じ(遊泳)。最後を締めるのはKeith Harris制作の「Truth Is」で、デジタライズされた微振動含むメロディがエッヂーで先鋭的。そんなピュンピュンとした尖った光線の中で艶かしく曲線的に揺れる、生温かなGoapeleのヴォーカルがセクシーでたまりません(溶)。

これまでのGoapeleサウンドとは一線を画す一枚になっていますね、でもきちんとGoapeleワールドにはなっているからグッド。僕の中でGoapeleは音階のシームレスな流麗でムーディな音に浸るイメージなんですが、本作では結構アップテンポや硬質な音もちらほらあって、そういう音とGoapeleの水面に広がる波紋のように静かで深いヴォーカルの融合も聴き所のひとつです。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment