RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
33位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Stalley「Ohio」
stalley_ohio_cover_clean_final.jpg

タイトル通りにオハイオ州出身の若手実力派、Stalleyの記念すべきデビューアルバム『Ohio』を御紹介。バスケット選手として大学に入学する程の実力だったにも関わらず、怪我でバスケットを断念してラッパーを志したという肉体派なStalley。その後、ミックステープで出した『Lincoln Way Night (Intelligent Trunk Music)』なる作品が世間に認められ(The NeptunesのChad Hugoとも共演している)、Rick Ross率いるMMGとの契約を勝ち取りました。出るか出るかとずっと待たれていたStalleyの作品がそのMMGからようやく到着、そういう意味ではMMGの二番手であるMeek Millが刑務所に収監されたことが、このStalleyにとっては好機だったのかもしれません(無関係かな)。
前置きが長くなるのが僕の悪い癖ですね・・・・・・本作ではほぼ全編にわたって、Stalleyの盟友であるRashad Thomasが制作で大幅に関与していてこれは嬉しい限り。という訳でそのRashad Thomasの制作曲から触れると、二分弱のオープニング曲「Welcome To O.H.I.O.」がまずそう。雲がだんだんと切れ目を見せて、曇天が色を移ろわせて晴天へと変化するようなメロディアスな幕開けで、Stalleyの闊歩するような堂々としたラップも心地良い。MC Hammer「Gold Go」をサンプリングした「Jackin' Chevys」なんかは、淡白にパチパチと細かな火花を散らせるクラッカー的な打ビートに“おーおおーおおーお♪”と裏鳴りする掛け声、途中でキュイーンと変形しながらひねり上げるとぐろシンセとトラックがチープで最高にホット。サックサクと突き進むStalleyのラップも軽快にスウィングしてて、こういうジャックされ易そうなトラックは嫌いじゃないです(大所帯でのRemix希望)。ぼうーんぼうーんと重たく深く響く、祇園精舎の鐘の声的な厚みの低温ビートが聴き手を中毒させる「Problems」も現行の流行を捉えた一曲。ただRashad Thomasのトラックメイクは移ろいが随所に散りばめられていて、この曲でも軸となるビートが微妙に変化してアラビアンな音色や練り出すような変形を魅せて面白い。Wale「Teach Me How」をサンプリングした「Boomin'」は砂金をまぶした様なキラキラ感が華麗で煌びやか、そんなメロディラインにドシンと踏み潰すようなビートが投下される事で、不思議なメルヘンさを創出していているドリーミーな歪曲チューン。Ty Dolla $ignを客演に迎えた(最近のTy Dolla $ignの助演っぷりは、どこかNate Doggを思わせる)「Always Into Something」は、ペリペリと剥がすようなベースの浮ついた音色とバブバブと吹き出すホーンのビートが西海岸なノリでナイス、こういう透かしたエアリーなメロディで空を裂きズシンと響くStalleyのラップは美味なり。気泡が弾けるように鳴るビートとグニャグニャとアメーバ状に浸食するカラフルな電子音が綺麗な「3:30PM」も面白く(特に終盤での粘液スロウモーション化が最高)、Stalleyの緩急も上下左右も自由自在に滑空するスライダー気味のラップも劇的にクール。Rashad Thomasが制作&客演で参加したサザンソウル風味な「Chevelle」は、紫がかったオーロラが夜空にぼんやりと瞬くような甘美なゼラチン質メロウチューンでとっても素晴らしい(絶賛)。流星のように鋭くスラリと輝くStalleyの滞空性のあるフロウも、そっと静かに煌めくキラ星のようなRashadのスウィートな歌フックも素敵過ぎます(骨抜)。〆曲となるJackie Jackson「Is It Him Or Me」とODESZA「If There's Time」をネタ使いした「Navajo Rugs」では、まさかのDe La Soulが客演で参加。エコーが生み出すギャラクティカルな空間、奥行きと、サイケデリックで機械的なメロディが融合したトラックは、まるで月面着陸したかのような浮遊感と幻想的な感触が素晴らしく、これはDe La Soulの面々を迎えたのも納得のスペイシーな一曲。とここまでがRashad Thomasの制作曲で、他のProducerが制作したのも数曲ありまして。David D.A. Domanが制作し、若手実力派のNipsey Hussleが客演参加した「What It Be Like」は真夜中に冷たい濃霧に包まれ、寒気を感じながら月光に刺されるような冷淡メロウなトラックがカッコ良い(痺)。こういうメロディアス且つドラマチックな流線形ソウルフルトラックでもStalleyはラフにスマートに、Nipsey Hussleはハスキーに立ち回っていて聴き応え抜群。Noelが制作した「One More Shot」では、Rick RossとAugust Alsinaという強力布陣がサポート。鍾乳洞系の暗澹とヌメヌメジトジト感のある多湿トラックに、三者三様の旨味が滲み出たナイスごった煮。Jeffrey "Black Diamond" Kirklandが制作したトロトロ系の潜水スロウ「System On Loud」の妖しさも抜群にイルで、オーバードーズした様な酩酊した泥シンセとStalleyのガスっぽく揺れる気体フロウがたまりません。同じくJeffrey "Black Diamond" Kirkland制作で、Junior Mance「I Believe To My Soul」をサンプリングした激渋ソウルフルな「Free」も格好良くて、どんなトラックでもStalleyが飲み込める事をきちんと立証している煙たいモノクロトーンな一曲。

Stalleyもスマートに小気味良く滑走するフロウでさらっと駆け抜けてナイスですし、なによりRashad Thomasの作るトラックが僕にはツボ。ハッキリ言ってこのRashad Thomasの方が、DJ Mustardよりも優れていると感じてしまうのは僕だけ(笑)?メロディ展開のある曲が好みだというStalley、つまり僕と好みが合うかもしれません、いや僕はループ曲も好きだけど(笑)。地元を冠したアルバムを出すってのも90年代を愛する僕には嬉しい演出、聴かずに2014年を終えるのは絶対に損です。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment