RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Run The Jewels「Run The Jewels 2」
la-run-the-jewels-2-headphone-rap-that-nails-it-20141027.jpg

Killer MikeとEl-Pによる強力タッグ、Run The Jewelsの通算ニ作目となる『Run The Jewels 2』を御紹介。Killer Mikeはもう御存知、OutKast周辺(というかBig Boiの後ろ盾でデビューした)ベテランMCで、徐々にその実力が認められ、今ではそれこそかなりのテクニシャンとして名を轟かせています。相棒のEl-Pもアングラ界では相当な人気者で、多くのProduceもこなしながら自身もハードコアなラップを繰り出すという実力派。この二人が手を組んだのがRun The Jewelsでして、一度きりで終わるかと思いきや、前作の大好評を受けてかニ作目もすぐに発表されました。その前作の背景を赤に変えただけ(な気のする)のジャケットもやはりカッコ良い。
それではザックリと稚拙な感想を書きますと・・・・・・全曲の制作は勿論El-Pが担当しております、これがもう品質保証となる訳ですよ。幕開けを飾る「Jeopardy」は不穏にギスギスと流れるエレキギターのダーティな音色に、ひび割れてつんざめくホーンの尖った音色がぶつかる荒っぽい一曲。Killer MikeもEl-Pも血の気の多いフロウな為に、こういうダーティなトラックでの沸点がイイ感じ。電磁波で操られ宙に浮いた状態で振動するような電子音の連続が面白く実験的な「Oh My Darling Don't Cry」は、そういう形成途中な感触もあるエレクトロミトコンドリアなトラックに、火花散らして突進して破壊する両者の殴る合いのようなハードなラップの応酬が痛快でたまりません(痺)。そんなバキバキなメロディを乗り継いで突っ込む「Blockbuster Night Part 1」は、溜めて振るヘッドバンギングのようなギラギラ輝くギターリフに乗せて、前のめりに怒号のようなフロウがガンガンぶつかってくる土砂崩れチューン。Zack De La Rochaが客演参加した「Close Your Eyes (And Count To Fuck)」も、骨太でラウドなロック軸なトラックがゴツゴツしていてツボを痛いぐらいに刺激、ブンブンと振り回す棍棒のようなゴツいラップの連打でもうK.O.寸前です(目眩)。マグマのようなボコボコと底から聴こえる煮沸ビートに、なんだかエスニックな辛味のあるメロディが突き刺さる事で余計にヒリヒリと痺れてしまう「All My Life」もやっぱりタフでカッコ良い。歪曲した凸版のようなゴツゴツしたピンポンチューン「Lie, Cheat, Steel」も、もう刃こぼれしたようなビートを四方八方から突き刺して仕上げた様な惨殺トラックがカッコ良くて痺れまくり。「Early」では最近もっぱら話題のBootsがまさかの客演参加、高圧ボルトな電撃がバクバクと鼓動を速めるのと、フックでは妖しく滑らかなネオンライト仕様になってBootsが甘ったるいヴォーカルを聴かせるという構成がズルイ。超絶ドラマーTravis Barkerが客演参加したバチンバチンと鞭打つドラムビートが肝な「All Due Respect」も、民族的で原始的なアグレッシヴ煽りも挿れつつ、結局は縦横無尽に暴れ回る散弾銃みたいな両者のラップが一番の曲者で面白すぎるのです(虜)。ぶっ壊れたモーター音みたいな音がズルズルと聴こえる「love Again (Akinyele Back)」、それこそもうビートした無くてメロディラインは皆無な瓦礫チューンなんだけど成立してしまっているという(冷汗)。「Crown」ではDiane Coffeeが客演参加、淡々とフラットで冷たいメロディとラップが漏れ出る静寂ミッド。粉砕されて微細化された微塵なエレクトロが舞い上がり鮮烈な光りを放つ「Angel Duster」、どれもがエレクトロなんだけど派手さは皆無でズキズキと鼓膜を疼かせます。

僕はKiller MikeもEl-Pもそこまで大好きという訳でもないのですが、やはりこのサウンドにはビリビリと電流喰らって失神しそうになってしまいます。とは言いつつ、やはり二人のラップの猛烈な突破力にはヤラレましたし、シンプルにHip Hopを楽しんでいるって感じがまた無骨で良いんですよね。華奢で余計な音は徹底的に削ぎ落とし、シンプルにラップを際立たせるという、現行シーンならではなんだけどそうじゃないという一枚。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment