RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Teyana Taylor「VII」
TEYANA_COVER_Final-Art_MINI.jpg

Kanye West率いるG.O.O.D. Music所属の若き歌姫、Teyana Taylorの記念すべきデビューアルバム『VII』を御紹介。Kanye Westと契約していますが、元々はThe Neptunes率いるStar Trakと契約を勝ち取っていた彼女。「Google Me」をヒットさせてデビューを待たれていましたが、結局はお蔵入りしてしまうという悲運に見舞われました(残念)。シンガーというよりはダンサーとして活躍し、映画『Stomp The Yard』なんかにも出演していた腕前の持ち主なんですよね。僕は特別とKanye West贔屓でもないですし(というかだんだんアンチになっている気がする)、ダンサーとしての印象が強いTeyana Taylorなので、もともと購入の予定は無かったのです。がしかしどうしても気になって、発売してすぐに取り寄せてしまいました(笑)。このアメコミチックなジャケットが、僕の購買意欲をそそったのは言うまでもありません。
それではサクサクと感じた事を書きますね・・・・・・まずはL&Fが制作した「Outta Of My League(Interlude)」で幕開け、一分そこらの長さながらしっとりと湿り気を帯びたスチーム状のトラックが鼓膜を包み込んで離さなくする魔法曲。Craig Balmorisなる人物が制作したキュインキュインと疼くように喘ぐギター弦が悶えて悩ましい「Just Different」は、細い雲を突き抜けて刺す尖った三日月の月光のように、静かにしとやかで幻想的なピアノ鍵盤チューンがフォーキーさもあって素晴らしい。そんなトラックの上を絹織りのように滑らかで艶っぽいTeyana Taylorのヴォーカルが、じっとりと絡み付くように響くのがもう神経にギンギンと触れる(興奮)。ポタポタと潤いが零れ落ちる、これまた高保湿なモイスチャーチューン「Request」はEric Smash" Johnsonが制作を担当、浴室にこもるフローラルな香りのセクシーな湯気のように立ち昇るTeyana Taylorのヴォーカル、ゆっくりととろける感触がスムーズ過ぎてもう鳥肌モノです(痺)。The Orderが制作した「Do Not Disturb」ではChris Brownが客演参加、ダンススキルのずば抜けた二人なのにまさかのトロトロと柔らかなミッドで驚き。ボウンボウンと重たく鳴る振り子ビートと、ザラザラとした粗目メロディの中でダークソリッドに絡み合う両者のヴォーカルは相性抜群。あのBoi-1daが制作した「Broken Hearted Girl」では、メロディアスで電子的なトラックを得意とするFabolousが客演で参加。ゆっくりと展開するメロディとチタン製のつやつやしたシンセがクールな衛星チューンで、そっと触れて挑発するようなTeyana Taylorの官能的なヴォーカルと、相変わらず鼻にかかったスウィートでジェントルなフロウで舞うFabolousに完敗です(失神)。H-MoneyことHarmony Samuelsが制作した「It Could Just Be Love (Interlude)」から流れ込む、レゲエ調の「Put Your Love On」もHarmony Samuelsが制作を担当。レゲエ調といってもTeyana Taylorのスチームチックなヴォーカルの前では、日没時の爽やかで甘酸っぱいテイストに仕上がっていて聴き易い。The Orderが再び制作した「Maybe」では、Yo GottiとPusha Tという濃くて厳つい面々が援護射撃に回ります。すーっと忍び寄るようなミスト状のヴォーカルと、挑発的に尖っフックとが交互する作りで、ナイトメアチックに怪しく煌々と光る明滅シンセがダークでクール。「Dreams」はAllen Ritterなる人物が制作を担当、深雪に反響して響く星の瞬きのように上品で澄んだ純白のミルキーメロウで、ホイップクリームのように柔らかく甘いTeyana Taylorの歌声が素晴らしい。切なく深々と響く繊細なピアノバラード「Sorry」はVidal Davis(!)とRobert Thomasが共同制作、これもまた綿雪が空からふわふわひらひらと舞い降りるように、優しくて儚くて消えそうなピアノ鍵盤の音色と、冷たい空気をそっと溶かすスチームみたいなTeyana Taylorのヴォーカルが微熱まじりで素敵なんです(滲)。Brian KennedyとMr. Franksが共同制作した「Business」は、ゆったりとベース弦が綻ぶロウなメロディと、ベッタリと濃厚に歌い上げるTeyana Taylorのソウルフルな歌声が面白く響く。最後を〆る「In The Air」はBlvck Amsterdamなる人物が制作を担当、鉱石のように硬い輝きを放つシンセとズーンと重たく放る鉄鋼ビート。その中で靄となって空気に混じり徐々に広がる、甘美でちょっぴり退廃的なヴォーカルがかえって色気を増幅させる重厚ミッド。

なんだかんだで中々歌える(そして独特な雰囲気のある)Teyana Taylorは脱帽モノ、正直そんな期待してなかったのですが(焦)。好みの問題なんでしょうが、僕なんかは下手するとTinasheよりもハマって再生回数は上回っていたりします(予想外)。しかし、G.O.O.D.仕切りなのにまさかのKanye West制作曲無し、コレを吉ととるか凶ととるか。でも、Kanye Westの楽曲は良い意味でも悪い意味でも強力過ぎて、もしあったら流れを分断していたかもしれませんね(懸念)。どこか昔のGoapeleを思わせる作風、いやはや、軽んじていましたすみません(賞賛)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment