RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Big K.R.I.T.「Cadillactica [Deluxe Edition]」
Cadillactica_STANDARD.jpg

自らを“King Of South“と豪語しアングラからメジャーへと躍進した、Big K.R.I.T.の通算ニ作目となる『Cadillactica』を御紹介。自身で全曲を制作して臨んだ前作『Live From The Underground』も秀作だったBig K.R.I.T.、あれからもう約二年が経っているのですね(驚)。その後もミックステープを発表していたBig K.R.I.T.ですが、ようやく本作を完成させてくれました。しかも本作は前作の続編だそうで、前作のジャケットで地中にクラッシュしていたキャデラックが(アングラからメジャーへと向かったBig K.R.I.T.を表していたそう)、そのキャデラックが果たして何処からやって来たのかのルーツを遡った題材なのだそう。ちなみにアルバムタイトルである“Cadillactica”というのは、ソウルやファンクの源である惑星の名前なんだとか(壮大)。
そろそろ感想を書くことに挑みますと・・・・・・トロトロと宇宙空間との境目を歪ませて、大気圏へとノロノロと発車する「Kreation (Intro)」はBig K.R.I.T.が制作を担当。トークボックスも駆使したこのメロディは完全に3Dの世界感を音楽で実現、なのにどこか懐かしいファンクを彷彿とさせるラインで鼓膜にやけに馴染む。そのまま流れ込むBig K.R.I.T.制作の「Life」では完全に大気圏に突入、炎を纏いながら冷たく青い宇宙へと飛び出す感触で、Big K.R.I.T.の吠えるように前のめりなラップがその上昇速度とリンクしていてゾクゾクしますね(胸躍)。Big K.R.I.T.の人気曲の続編である「My Sub Pt. 3 (Big Bang)」はBig K.R.I.T.制作、ほぼビートのみでツカツカと進むオールドスクールなトラックは、アルミニウムばりの軽量さと柔軟さで構築。心地良さとともにクールさもあり、後半では転調しトロトロと粘液性のコスモメロウへと変貌する辺りもグッド。宇宙遊泳から途端と宇宙戦争へと巻き込まれたような、Big K.R.I.T.の光線銃のように鋭く飛び交うザクザクなラップがエッヂーでカッコイイ「Cadillactica」は、DJ DahiとDJ Khalilが共同制作。この微塵切りするようなフロウ回しはやはりサウスならではの流儀、サウスの泥臭さも練り込んだギラギラと輝きを放つギャラクシーなトラックもドラマチックで美しい。「Soul Food」ではまさかのRaphael Saadiqが制作&客演を担当、いかにもRaphael Saadiq節なベースの渋味のある甘いベースのグルーヴがハートと共振して鷲掴みにするソウルフルな一曲。ボツボツとドラムを叩くほろ苦ビターなトラックは一気にサイケ感を中和し、Raphael Saadiqの鼻にかかったヴォーカルがクリーミーで芳醇な味わいを鼓膜に広げ、Big K.R.I.T.の噛み締める様なラップがだんだんと鼓膜に沈殿してゆくのも渋くて美味い。湿度80%でゆらゆらと立ちこめる眩い電子音がしっとりと鼓膜を包み込んで離さない「Pay Attention」はJim JonsinとFinatik & Zacが共同で制作を担当、客演にはRico Loveが参加。水の無い惑星でウェットにスリップする魔法のようなトラックとBig K.R.I.T.のラップの融合も気持ち良いし、Rico Loveの細くて柔らかなファルセットでの歌フックもナイス。タイトル直球な「King Of South」はBig K.R.I.T.が制作を担当、だだっ広い空間で星の瞬きが音となって反響するような冷たいトラックと、バキバキと暴れるラップがシンクロ。Big K.R.I.T.制作のスモーキーに浸食するシンセチューン「Mind Control」はどこか90年代の西海岸サウンドで懐かしい、そこに援護射撃をかますのがE-40とWiz Khalifaという事でなんだか納得の空気感。Big K.R.I.T.がEddie Harris「Dreams And Nightmares」をサンプリングし、まさかのMara Hrubyを客演に迎えた「Do You Love Me」では、もうBig K.R.I.T.までが歌ってしまうという暴挙(快挙)。天空から地上の恋人たちを見守る様な、そんな温かな星雲がじわじわと絡まり合って密着し溶け合うサウンドが漏れるスロウジャム(官能的)。全然上手くないBig K.R.I.T.の不器用なヴォーカルも、Mara Hrubyの艶やかでまろやかなヴォーカルのおかげで、惑星の中の柔らかな砂地の上にそっと不時着成功しているのが微笑ましい。Big K.R.I.T.のソウル愛が宇宙空間でビッグバンを起こしている「Third Eye」も、蓋を開ければDJ Dahiが制作でちょっと驚き。電子音とスカスカとサイバーなビートがコズミックなんですが、底辺に流れるのは土着的なソウルサウンドで、Big K.R.I.T.の憂いを帯びた湿っぽいフロウがじわじわ滲みるんです。Big K.R.I.T.が制作で、Devin The DudeにBun B、Big Santと猛者が集結した「Mo Better Cool」もカッコ良い。Barry White「I'm Gonna Love You Just A Little Bit More, Baby」をサンプリングしたトラックは、軸こそブラウンシュガーでスウィートだけれど四者のラップがコーティングされてビターさ増強。70から80年代のソウルファンクを思わせるメタリックな曲線が悩ましい「Angels」は、かのTerrace Martinが制作ということで納得。夜空にトロトロとオーロラが輝き燃えるような甘ったるい煌々メロウに、Big K.R.I.T.のゆったりと甘く吐き出すシフォンのようなラップがもうドリーミー過ぎて毒々しい。Big K.R.I.T.とAlex Da Kidが共同制作した「Saturdays = Celebration」では、フォークシンガーのJamie N Commonsが客演参加しており、ピアノ鍵盤のひらひら繊細で閃くメロディにズドンズドンとビートが湧く重厚でドラマチックなトラックにシックな華を添えています(鳥肌)。最後を締め括るのはBig K.R.I.T.制作の「Lost Generation」、客演には宇宙遊泳を得意とする(?)Lupe Fiascoが参加。星々をスイスイと追い抜き滑らかにスピードを上げる両者の流線形のフロウ、このコンボは合わないと思っていたのですが、本作の作風でいけばLupe Fiascoというのは適正な人選で御見事。
とここまでが本編の内容で、豪華盤には加えて二曲のボーナス曲が追加されています。まずはDJ Dahi制作の「Mt. Olympus (Reprise)」、バチバチと鼓膜で音を立てて弾ける感触がとっても強炭酸サイバーなアッパー。そして最後のBig K.R.I.T.が制作の「Lac Lac」では、まさかのA$AP Fergが客演参加しているので要注意でしょう(警告)。あれだけもっさい感じのA$AP Fergですが、実際はメロウチューンを自在に乗り継ぐシンギングフロウの手練で、ここでも暗澹ヌメヌメとしたサイバーチューンに、どろーりオイリーながら味わい深いフロウで妙味なスパイスになっているのが素晴らしい(失神)。

前作でも感じたのですが、本作では更にOutKast的な感触を感じました。特に『ATLines』の時に感じたサイケでファンクな感触、なにも彼らの模倣だとか非難している訳ではなく、それほどの傑作に感じたという賛辞であります(正直)。厳選された客演陣も巧く機能しているし、とても質の高い一枚、サイケなんだけどソウルフル。真夜中に本作を車中で聴きながら、星空の下を運転すれば、きっと僕らも惑星“Caddilactica”に到着するであろう素敵な一枚ですね(賞賛)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment