RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
137位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
37位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

M.O.P.「Street Certified」
NSD165.jpg

Billy DanzeとLil' Fameから成るMash Out Posseこと、M.O.P.の通算七作目となる『Street Certified』を御紹介。言わずと知れたN.Y.はBrownsvilleをレペゼンする凶悪タッグ、一時期はJay-Z率いるRoc-A-Fellaや50 Cent率いるG-Unitにも所属した彼らですが、結局そこからは一枚もアルバムを出せないままでしたね。そのどちらでも良いから、なにかアルバムを出せていたらかなり素敵な一枚になっていただろうに(涙目)。そのうちに初期みたくDJ Premierと組んでくれたらと願っているのですが、本作ではExecutive ProducerにPrimoが名を連ねていて驚き。まあ、でもこうやって彼らのアルバムを聴けるだけで嬉しいです、と言っても本作は9曲収録でEP扱いの様ですが。
それではサックリサクサクと感想を書いちゃいます・・・・・・まずはChuckHeatが制作を担当した「Welcome 2 Brooklyn」で幕開け、援護射撃には同郷N.Y.の次世代MCのMainoが客演参加。M.O.P.の二人のキャノン砲のようなラップに負けじと、火を吹くMainoのラップはなかなか鬼気迫るものがあって聴き応えアリ。N.Y.らしいソウルフルなメロディを軸にループさせた、マシンガンビートが炸裂する一曲。続くホラーコアチックなドロドロチューン「Broad Daylight」はI Freshが制作を担当、ここではJay-Z「Success」の声ネタをフックでループ。ブルブル震えそうな零下サウンドが辺りを支配するなか、Jay-Zの”ぶらー♪ぶらー♪ぶらー♪”が谺するのはズルイし、そのうえ客演には同じく重量級MCのBusta Rhymesが参加という鉄壁の布陣だから憎い(卒倒)。これだけの絶対零度なサウンドの中で、ボウボウと地獄の業火のように燃え盛る三者のマイクリレーがもはや快楽にさえ感じます。男性シンガーのProbzが気怠くぬるめの歌フックを漂わす「Hustle」はBeat Butcaが制作を担当、ここでも霜が降りそうなヒンヤリと冷たいメロディの中で、M.O.P.の野性味溢れるラップがドカンドカンと撃ち放たれるギャップが気持ち良い。Jazi Motoが制作を担当したハードコアまっしぐらな「Shake Em Up」はもうM.O.P.十八番のズカズカ袋叩きなビートチューンで痛快、マシンガンの様に蜂の巣状態で撃ち抜くビート閃光なトラックに乗っかり、M.O.P.が怒濤の波状攻撃を繰り広げるのでもはや火の海状態。「Heistmasters」はDJ Skizzが制作を担当、新鮮さもない無骨で殺伐とした砂塵チューンなだけにM.O.P.の旨味がジュワッと染み出ていますね。「187」はM.O.P.の初期サウンドを手掛けたFizzy Womackと久々の融合、スピリチュアルで神々しい輝きを放つシンセの鳴りに、やはりズタズタに引き裂くような硬質ビート、その中で縦横無尽に暴れ回るM.O.P.はまるで風神雷神図さながらの迫力と素晴らしさ。再びI Freshが制作を担当した「Street Certified」では、90年代に同じく東海岸で剣林弾雨の中を駆け抜けて来たMobb Deepが客演で参加(鳥肌)。妖気に近い不穏なシンセが冷たく辺りを包み込むシリアスなトラックはMobb Deepを呼ぶにうってつけ、しかしMobb DeepとM.O.P.では完全に静と動の両極なのでそれがまた(両タッグ混じった交互のマイクリレーも戦略のうちだろう)旨味になってジワジワとボディブローの様に効いてくる。Phatboy制作の「No Shame」もブルージーな弦音をへし折るビートがガツンと効く、そんな鋼のように硬いトラックをも押し潰すM.O.P.の筋肉質で猛々しいラップで、もうリスナーはパンチドランカー状態ですべてが心地良くなってしまい昏倒です。最後を締め括るのはFree Smith制作の躍動感溢れる木っ端ドカンな強烈アッパー「American Muscle」で、バキバキと暴力的に転がるトラックにM.O.P.のラップが乗ることで、重油を注いで煌々と炎を吹き上げる様な派手さと熱波が鼓膜にぶつかってくる硬派な一曲。

まったく痺れさせてくれる、いろんなモヤモヤを吹っ飛ばしてくれる痛快さ。ただただがなるとか吠えるとかでなく、きちんとラップを聴かせる武士道的なM.O.P.の世界観が僕は本当に好きです(心酔)。欲を言えばDJ Premierのビートに乗っかるM.O.P.が久々に聴きたかったけれど、本作の無名なProducer陣もM.O.P.の旨味をギュギュッと濃縮してくれていたので、まったく問題ありません(太鼓判)。年末スレスレのリリースだった本作、もっと以前だったら年間Top10での位置づけも変わったかも(惜)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment