RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Theophilus London「Vibes」
theophilus-london-vibes-album-stream-00-150x150.jpg

過去と未来を綺麗に繋ぎ合わせる男、Theophilus Londonの通算ニ作目となる『Vibes』を御紹介。デビュー作となる前作『Theophilus London「Timez Are Weird These Day』も素晴らしかったTheophilus London、この本作も僕は年間の第八位に選出したほどでした。そのファッションセンスもよく取り沙汰されるTheophilus Londonはアルバムジャケットも凝っており、前作ではLeon Ware『Leon Ware (邦題:『夜の恋人たち』)を模したものでした(これは本作の内容に帰結する)。今回はあの写真家でありデザイナーのKarl Lagerfeldが、写真とアートディレクションを務めたことでも話題となっていますね。
それではザックリと感想を書き連ねていきますと・・・・・・まず本作の大きなトピックはExecutive Producer、あのKanye Westが務めているという事で、G.O.O.D.所属でもないのにそんな寵愛を受けるTheophilus London(以降はTLと省略)に驚き。水泡バブルな電子音が丸く弾ける「Water Me」では、TLが敬愛するLeon Wareが客演参加、制作もそのLeon WareとAdam Pavaoが共同で担当。Leon Wareらしいエロチックにウォータリーなメロディがこだまするミッドで、TLのヴォーカルも湿り気を帯びてジュクジュクと鼓膜に振動を与えるのがグッド。Adam PavaoとTLが共同制作した「Neu Law」ではJohn Maus「The Law」をサンプリングに使用、漂流者ライクな(?)TLらしいサイケデリックでミステリアスなトラックは開放感たっぷり、聴いているうちに眩い銀河を超えてブラックホールへと吸い込まれるような強力な誘引力を持つ一曲。引き続きAdam PavaoとTLが共同制作した「Take And Look」はMartin Dupont「Take A Look」を引用(いやカバーなのか)、原曲の持つ濁流電子音をそのままにヌメヌメとした輝きを放つ深海魚チューンで、TLのヴォーカルがボワボワと膨張して鯨雲のようにすべてを飲み込みます。そしてかの皇帝Kanye Westが客演参加した(!)「Can't Stop」は、Club Cheval/Brodinskiが制作し、Co制作にはあの88 Keysという強力な布陣の一曲。しなやかに静かに鳴る指スナップに、ザクザクと記憶が呼び戻されるような逆再生のようなフックが、なんだか毒々しく回って鼓膜を蝕む荘厳スロウ。ここではかなりKanye Westが自身の持ち味を爆発させていて主役泣かせ、しかしこのMartin Dupont「You Can't Stop My Love」を甘くメルティにサンプリングした流麗なトラックと、少し低めマイナー気味でバツバツと撃ち込むようなTLのラップも燻し銀ですっごく出汁が効いています。Cid RimとAdam Pavaoが共同制作した熱帯湿地なビートが混濁する「Get Me Right」は、その油塗れなギトギト感とTLの滑って衝突するような融合がクールですし、途中でビカビカと閃光を放ちながら空間を切り裂く電子鍵盤の尖った音色もナイスアクセント。またもやAdam Pavaoが制作を担当したエレクトロダンスチューン「Heartbreaker」はまるで70年代な古めかした打ち込み音の連続が心地良く、そんなレトロさをかえって反り立たせてバク転してしまうTLの離れ技的なフロウが最高にホットでイケています(死語)。「Do Girls」はCid Rimが制作を担当、ゆったりドロドロと垂れ落ちる果汁チックな電子音の連なりに、灰汁のあるTLのラップが深々と響く一曲。再びClub Cheval/Brodinskiが制作した躍動感溢れる民族音楽ライクな「Tribe」では、彼の盟友とも言えるJesse Boykins IIIが客演参加。これも電子音をふんだんに散りばめているんですが、なんだか体液が飛び散り迸り熱波が押し寄せる、なんとも不思議な生身な熱感サイケアッパーで、TLとJBIIIの息ピッタリな弾けっぷりが清冽でたまりません(昇天)。Adam Pavaoが制作の「Smoke (Interlude)」では女性シンガーのSokoが客演参加、煙といっても紫煙というか、なんだか霧に近い潤いを含んだミステリアスな霞スロウ。そんな霞を纏ったまま艶麗に踊り出す「Smoke Dancehall」はPierre Baigorryが制作を担当、完全にレゲエ軸なトラックながらもモイスト加工技術が素晴らしく新感覚な耳触り、こういうダンスホール仕様なヴォーカルも難なくやってのけるTLの引き出しの多さにも驚き(器用)。再びPierre Baigorryが制作を担当した「Need Somebody」では、またまた老師Leon Wareが客演参加。とびきりポップで鮮やかなトラックはちょっとゲンナリではありますが、まあそういうのも御愛嬌ということで。最後を飾るのはなぜかボーナス曲扱いらしい、Ma$e「What You Want」使いの激甘メロウ「Figure It Out」で、制作はかのLeon Wareという事でこの糖度は納得かと。しかもこの曲ではDevonte HynesとあのThe Force MD's(!)が客演参加という垂涎な共演。彼らの持つすべての甘味と旨味がぎゅっと濃縮して発酵したような、甘味の中にもほのかな酸味が味わえる素晴らしいソウルチューンです(骨抜)。

純粋にラップアルバムかと言われると判断が難しいですが、それでもキッチリとHip Hopしていると思われる意欲作。Theophilus Londonの本作は、実は昨年のランキングでも堂々の第八位に選出した程の僕のお気に入りなんですが、昨年中には記事に書けずに今に至った訳でして、そういう意味ではもっと聴き込めて感想も(僕なりには)分厚くなりました。しかし、音楽批評でも僕の近辺でもそこまで評判にはなっておらず、全くもって不思議なぐらい(困惑)。すっごいカッコ良いと思うんだけどな、音楽を楽しんでいる感触が愉快痛快な一枚です(戯)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment