RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
131位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Osmosis Jones Music From The Motion Picture」
418HEE0S4NL.jpg

BrandyやChris Rock、Laurence Fishburneなどブラック系の俳優が声優を務めたアニメ映画、その同名サントラ盤『Osmosis Jones Music From The Motion Picture』を御紹介。例の漏れずこの映画は知らないし、観たことも勿論ありません(笑)。ただこういうブラック系の映画のサントラ盤は、何度も言いますが要チェック、下手なコンピレーション盤買うよりもナイスな選曲になっておりますから。本作の発売元はAtlantic Records、という訳でその人脈を活かしたアーティスト陣がこぞって楽曲提供しております。
それではそのナイスな選曲を御紹介・・・・・・まずはNelly率いる田舎集団、St. Lunaticsの「Summer In The City」で華やかにスタート。制作は御馴染みのJason "Jay E" Eppersonで、彼らしいピョンと陽気に且つエッヂーに跳ねる電子音ビートが爽快で、そんな強炭酸なトラック上でSt. Lunaticsの面々の爽やかなラップが弾けまくるアッパー。続いてはDramaなる男性MCの「Big Ball」で、制作はJazze Phaということで間違い無し。Mystikal系なガナリ立てるフロウスタイルに、それを鎮めるようにビコビコと明滅しながら流れ落ちるウォーターフォールな電子トラックがクール。Solangeのデビュー曲となった「Solo Star」も収録、Talib Kareemが制作した弦のザクザクした波が迫り来るアッパーはやはり渋くてグルーヴ感も強く、Solangeの力強く肝の据わったヴォーカルもガツンと鼓膜に来ます。Mike Cityが制作し、Brandyが歌うという最強な組み合わせの「Open」もやはり素晴らしい。Mike Cityならではのスムースでシルキーな口溶けの流麗な滑らかトラックに、Brandyの透明感溢れる深層水のごときヴォーカルが幾重にもなって鼓膜に浸透してくるウォータリーな好ミッド(溺愛)。2ステップの貴公子と賞されたCraig Davidが、それこそ十八番の2ステップ調で挑む「Fill Me In (Part 2)」はMark Hill制作。Craig Davidの澄んだ歌声がサラサラと滑ってゆくのはやはり壮麗で魅力的、こういう糖度の高いフルーティでスピード感もあるR&Bチューンも最近はめっきり少なくなったからグッド。続いてはR. Kellyのゴスペル趣味が遺憾なく発揮された清涼スロウジャム「I Believe」、90年代のR. Kellyはこういうゴスペルチックな白潤スロウの傑作を量産していて引き出しの多さを痛感するし、やっぱりこういうサウンドも良いからもう一度自身でやって欲しいなとも思うんですが(夢)。「Turn It Out」ではベテランのDe La Soulが登場、いかにもDe La Soulらしいファニーでキャラメルチックな甘さがテカテカと輝く一曲でキュート。と思ったら途端にTrick DaddyとSlip N' Slide Expressの面々が登場してゴツゴツとした感触が鼓膜を刺激する「Take It To Da House」に流れ込む、Righteous制作でJames Brown「The Boss」とKC and The Sunshine Band「Boogie Shoes」をダブルネタ使いしたファンキーでユニークなトラックが陽気でナイス、程よいホーンの鳴りと耳に残るフックでちょうどいいスピード感なパワーチューン。Mr. Leslie Brathwaite(Darkchild一派)による「Just In Case」はNivea嬢が登場、相変わらずコケティッシュとエロティックを掛け合わせた艶っぽいヴォーカルで可憐、ジャキジャキに磨き上げ研がれたメタリックなトラックも鋭利でクール。Keith Thomasが制作でDebelah Morganが登場したメラコリックなミッド「Why Did You Have To Be」はToni Braxtonに引けを取らない情感の深さで、Debelah Morganのアルト寸前な落ち着いた芳醇ヴォーカルが香り立っていて素晴らしい(震)。再びMike Cityが制作した「Don't Be Mad」では、まさかのSunshine Andersonが登場。バツンバツンと蹴り込むビートがタフで格好良いHip Hopソウルなトラックに、ド渋くてビターなSunshine Andersonのヴォーカルが舞うエレガントな一曲(鳥肌)。「Here We Go Again」はオーガニックグループNappy Rootsが登場、James "Groove" Chambers制作のダートで泥臭いボコバコ凹凸ビートに、Nappy Roots面々のこれまたぬかるむ様に絡み合うマイクリレーが濃厚でグッド。派手な女性MCのMs. Toiがキレキレで華麗に斬りかかる「Love Me Or Leave Me」はDon "One Eyes" Saundersが制作を担当、スーッと朝霜のように冷たく滑らかなトラックが透明感あって美しい。Ezekiel Lewis(彼はあのソングライトチーム、The Clutchの一員なのだ)が登場する「Rider Like Me」はFuryが制作を担当、ヴァイオリンのスルスルと奏でる音色が艶麗で、その中でスムーズ且つセクシーに響くEzekiel Lewisのヴォーカルが最高に心地良くて昇天寸前になります。最後はMike Bradford制作でUncle Krackerが登場する「Break Out」で幕切れ、まあこれはそんなにいいかな(笑)。

ハッキリ言って既出が多いのは難点ではありますが、それでもこれだけのメンバーの楽曲が一気に聴けちゃうのはやはり旨味以外なにも無いですね(得)。終盤に登場するEzekiel Lewisなる男性シンガーは凄く良い、彼がアルバム出しているならば是非とも聴きたいと思いました。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment