RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Robin Thicke「Paula」
robin-thicke-paula-full-album-stream.jpg

現代のブルーアイドソウルの担い手、Robin Thickeの通算七作目となる『Paula』を御紹介。いま思えばPharrell復活(何度目だろう)の狼煙だった「Blurred Line」の大ヒットも記憶に新しいRobin Thicke、しかしあれからもう二年経とうとしているのだからビックリ。そんな絶好調の中で、高校時代からの付き合いで結婚して仲睦まじかったPaula Pattonとの離婚が勃発してもう驚き。そんな愛妻への未練からか、タイトルも彼女の名前を冠したものになりました。
それでは内容はどのようなものになっているのか・・・・・・まず本作の制作をRobin ThickeとPro Jayの鉄板タッグでのみ行っている点は特記しましょうか、最近は外部Producerも招いていたので久々な気がします。スパニッシュギターの音色がピリ辛に鳴り響く「You're My Fantasy」では、木枯らしに凍えそうなRobin Thickeの線の細いヴォーカルがメランコリックに響いて切ない。ポワンポワンと所在無さげに漂うギターの柔らかな音色が心地良い「Get Her Back」、ジワジワとぼやけた色彩を染み渡らせる淡いメロディも綺麗で儚く、聴いていて寂しさが込み上げる一曲。ピアノ伴奏に乗せてふわふわと歌い上げるメレンゲバラード「Still Madly Crazy」は、Robin Thickeの最軽量なヴォーカルが深々とハートに降り積もる感触が素晴らしい。クワイヤを従えて威風堂々と突き進む、ゴスペル的な重厚チューン「Lock The Door」はどこかJohn Legendっぽい出涸らしっぽい歌い回しが渋くてグッド。乾いたパーカッションのビートが熱感を高めるヒリヒリしたミッド「Whatever I Want」、ファンキーにスウィングしている強烈なアッパー「Living In New York City」。ベッタリとした甘蜜ホーンがRobin Thickeの色気あるヴォーカルに絡む「Love Can Grow Back」、黒く淀んだブルージーな音色で吠える「Black Tar Cloud」。ピコポコと電子音が上擦る安っぽいスペイシーさがなんだか嫌な「Too Little Too Late」、とにかくツイストしてダンスしながらはしゃぐしか手が無い「Tippy Toes」。女性のコーラスも入って爽やかさが増すアップルミントな清涼ミッド「The Opposite Of Me」、古き良きアメリカなノリが軽快なシナトラチューン「Time Of Your Life」。最後を締め括るのは、冷え切ったピアノ鍵盤の細く棘のあるメロディがチクチクと痛い感傷バラード「Forever Love」。真冬の朝の吐息が澄んで凍るような、そんな脆さと痛さが滲む澄んだ一曲でこれはとても好き。

オールドソウル回帰が度を超していて、僕はあまりハマれなかったというのが本音。もっと内省的なアルバムになるかと思ったけれど、意外とアッパーな曲も多くて驚き。やはり最高傑作である『The Evolution Of Robin Thicke』は超えられなかったというのが実状。本作ではRobin Thicke得意の甘い繊細なファルセットは鳴りを潜め、低く太い男性的なヴォーカルが多かった気もします。しかし、スタンダードなトラックが並んでいるので(だからか、どこかMichael Bubleなノリ)ハマれば抜け出せないこと必至、だから評価は二分される気がします。Paula Pattonとなぜ離婚になってしまったのかは知りませんが、残念ですね。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment