RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jennifer Hudosn「Jhud」
jennifer-hudson-jdhud-cover-thatgrapejuice.jpg

人生の頂点もどん底も味わったパワフルな上級シンガー、Jennifer Hudsonの通算三作目となる『Jhud』を御紹介。映画『ドリームガールズ』でアカデミー賞を受賞、デビューアルバムも売れてグラミー賞を受賞。順風満帆に思われました最中、家族を射殺されるという痛ましい事件にも遭遇したJennifer Hudson。しかし、その後も歌手としての活動を再開し、その素晴らしい歌声を聴かせてくれています(励)。自身の名を冠した本作、スリムになった体型も維持しつつ、ショートカットもお似合いで御座います。
それでは気になる内容をつついてゆくと・・・・・・まずはNineteen85なる人物が制作した四つ打ち眩い「Dangerous」で滑らかにスタート、本当に流星のようにスルスルと滑るメロディと低めのビートのみのシンプルな作りなだけに、Jennifer Hudsonの濃厚なヴォーカル心地良く響くスペイシーな一曲。Terry Hunter制作の「It's Your World」ではR. Kellyが客演参加、ザクザクと軽快に突き進むディスコブギーなアッパーは程よい疾走感でグッド。バチバチと火花を散らす系のヴォーカルなJennifer Hudsonに対し、クリーミーで芳醇なヴォーカルで並走するR. Kellyはやはり格好良いですね。今また全盛期なPharrell Williamsが制作したベース弦のグルーヴがファンキーな「He Ain't Going Nowhere」では、これまた勢いたっぷりなIggy Azaleaが客演参加。それこそDuft Punkと一緒にやった時のようなサイケデリックなファンクを全開にした軽快アッパーで、これまたメガトンチックなJennifer Hudsonの歌声と対比し、サクサクと小気味のいいIggy Azaleaのファンシーなラップがナイス。「Walk It Out」はTimblanadとJerome "J-Roc" Harmonが共同制作、客演にはTimbalandが参加。これはブイブイと捻り出す様な天然ガスみたいな電子音の鳴りと、柔らかく溶け合うミルキーなメロディが素敵なコンビネーション。やっぱりTimbalandが参加すると灰汁みたいなのが出てコク仕上がりになる、Jennifer Hudsonの重量感はTimbalandと相性が良いですし。再びPharrell Williamsが制作した「I Can't Describe (The Way I Feel)」ではT.I.が客演参加、これはいかにもPharrellらしいフェザータッチな電子音が煌めくライトなミッドで、フェミニンで甘美なメロウミッドにT.I.の伊達男なラップがお似合い。Kye GibbonにMatthew Robson-Scott、そしてあのAndrea Martinが制作したディスコ風味全開のアッパー「I Still Love You」、客演にはGorgon Cityが参加。これなんか聴くとデビュー前に出演した映画『ドリームガールズ』を思い出させる、パワフルでレトロ感満載のゴーゴーなダンストラックで痛快。またもやPharrell Williamsが制作を担当した「Just That Of Girl」もその軽妙さが抜群に気持ち良く、スウィートなメロディの上でスプラッシュする潤いたっぷりなJennifer Hudsonのヴォーカルが素敵。Jerry "Wonda" DuplessisとあのMali Musicが共同制作した「Bring Back The Music」は、ピアノ鍵盤のほろほろと溶けるメロディが甘美で儚げなミッドで、力は抑えめに優しくそっと歌うヴォーカルが心地良い。同じくJerry "Wonda" DuplessisとあのMali Musicが共同制作の「Say It」はブルージーでスモーキーで燻し銀、こういうゴリゴリと押しの強い楽曲が巧い。Mali MusicとJennifer Hudsonが共同制作したゴスペル的なエンディング「Moan」は極上スロウ、透き通るような淡いメロディにキメ細やかなJennifer Hudsonの歌声で、天にも昇りそうな慈しみに溢れた一曲。

Jennifer Hudsonがここまでディスコタッチなアップ曲で網羅するとは意外、と思いつつもオールドスクールな歌声の持ち主だから納得もしたり(優柔不断)。曲数も少なく楽曲の系統もかなり統一されているので、コンパクトで聴き易さ抜群の一枚に纏まっています。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment