RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
26位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Keyshia Cole「Point Of No Return [Deluxe Edition]」
Point-of-No-Return-Deluxe-Version.jpg

そのパワフルでエモーショナルで時に痛々しいヴォーカルから、次世代のMary J. Bligeと賞された(?)Keyshia Coleの通算六作目となる『Point Of No Return』を御紹介。実力がありながらも作品リリースは順調にいかない、なんてシンガーも多い中、Keyshia Coleは安定してリリースを重ねているので、きっと本国での人気も高いのでしょう。ただ僕の中でKeyshia Coleの難点は、毎度とジャケットがどうも気に喰わないっていうのがあるんですが、今回のこのジャケットはとってもお気に入り。横から見たら、Keyshia Coleの胸の大きさが余計に目立ちますね(下心)。
それではちょっくら感想を書いてみようかと・・・・・・まずはチクタクと秒針が進むように、ゆっくり刻々と打つメロディが心に波紋を作り出す「Intro (Last Tango)」で幕開け、制作はTim "Tha Arkitek" KellyとSeige Monstracityが担当。Antwan "Amadeus" ThompsonにBoogie Wizzard、そしてTroy Taylorが共同制作した「Heat Of Passion」へ。ブーンブーンと低く鳴り響く地響きのようなビートに、ひらひらと軽やかに舞う花弁のようなピアノ鍵盤という軽重のコントラストが、まるで真夜中から朝を迎えるような不思議な感覚にさせる一曲。R. Kelly自身ももう忘れかけているような名曲「Baby, Baby, Baby, Baby, Baby...」をベッタリとサンプリングした、静寂の中で熱を持って蠢くような艶やかな官能スロウジャム「N.L.U.」はS1とMPhazesが共同で制作。Keyshia Coleもここでは声を張り上げるのを避け、じんわりじわりと愛撫するようなウェットなヴォーカルを展開していて昇天確実。そして2 Chainzが客演参加し、あのもっさりとしたラップで余計に粘液性を高めることに成功していてナイス。水を打つようなモイストなビートが艶麗な空間に響き渡る「Next Time (Won't Give My Heart Away)」、制作はAntwan "Amadeus" Thompsonが担当。宵の明星のように青白く済んだ輝きが美しく、微熱混じりなヴォーカルがジワジワと鼓膜に浸透してきます。皆に愛されるアイコンで最近よくタイトルに使われる「Rick James」、制作はFirstbornと@WILLIEDONUTが担当。宇宙戦艦に乗って冷たい銀河をゆっくりと昂進するような、力強く緩慢なトラックに、途中で転調してダートで電撃のような痙攣ビートにJuicy Jが降臨して怪しくダークなラップを乗せるのがズルい。パスパスと乾いた打楽器ビートが妙味な「Do That For (B.A.B.)」、制作はまさかの懐かし(その昔にAshanti曲を制作していた)なChink Santanaという事で僕は大喜び。電子鍵盤の音色やコーラスの挿れ方が絶妙に鮮やかでポップで、懐かしいフレイヴァーも感じる軽快なミッド。放電シンセに雁字搦めにされながら膨張し破裂を繰り返す、攻撃的で毒々しいトラックが最高にクールな「New Nu」は、脂が乗り切っているMike Will Made-Itが制作(Co制作にMarz)という事で納得のカッコ良さ。ほんのちょっとレゲエな風味を効かせた冒頭が印象的な「She」、制作は売れっ子のDijon "DJ Mustard" McFarlaneとPrintz Boardが共同で制作。濃霧のように聴き手の鼓膜を冷たく暈す電子音が侵食してくる感触と、Keyshia Coleのヴォーカルをそのままバウンスさせた屈曲メロディが非常に面白い。中国の秘境の如く、高山のような澄んだ冷たく薄い空気が漂う明鏡止水チューン「Believer」も美しい。制作はStarGateが担当(ソングライトにEster Dean)、こういう中華風なR&B(アジアンな味)ってまた最近に隆盛している気がして嬉しい限り。まるで全盛期のJodeciのような、90年代R&Bな空気感が充満していてたまらないのが、Jon Jon TraxxとNo Creditが共同制作し、WaleとAugust Alsinaが客演参加した「On Demand」。そう感じさせるのは背景で艶っぽくじっとり湿り気を帯びて響くAugust Alsinaのヴォーカルによるものでしょう。そこに気怠くクールなラップを差し込むWaleまで絡むことで、とても強力で熱く仰け反るような快感を味わえる、濃密スロウジャムに仕上がっております(悶絶)。電子音の隙間から漏れる光芒がとても眩くて綺麗な「Love Letter」、制作は再びMike Will Made-Itが担当(Co制作にMarz)。ここでは熱波で歪む蜃気楼に近いFutureの幻覚フロウが絶品アクセントになっていて抜群の仕上がりで、豊かな曲線を描くKeyshia Coleのふくよかで女性的なヴォーカルも極めてセクシーでたまりません(出血)。Patrick "Guiterboy" Hayesなる人物が制作した「Party Ain't A Party」も90年代回帰したような極上スロウで、ここではセクシーで男性ホルモンたっぷりなGavyn Rhoneなる男性シンガーと濃厚で切ないデュエットをしていて、このGavyn Rhoneがあまりにもファルセットが色気と切なさ混じって巧く、素晴らしい仕事をしているのです(鳥肌)。最後を締め括るのは同じくPatrick "Guiterboy" Hayesが制作した、それこそアコースティックギターの音色が澄んで清涼で綺麗な「Remember (Part 2)」。Keyshia Coleが本当に歌唱力抜群なので、こういう透明感のあるまっさらな純朴スロウでも、美しく堂々と歌い上げていて素晴らしいんです(感涙)。

これは昨年に出されたアルバムなんですが、なかなか在庫が無くて年末にやっとこさ入手出来たんですよね(疲)。だからあまり14年に聴き込めなくてランキングにも入らなかったんですが、Top10に入れても良かったかもと思えるぐらい、とってもKeyshia Coleの良さが詰まった秀逸な一枚になっております(褒)。とにかくこの作品に集まったトラック群が秀逸でハイセンス、Keyshia Coleもヴォーカルを自在に強弱つけて操っていて、ここら辺の匙加減が絶妙なためにいろんな表情を魅せてくれていて、奥が深い味わいになっております。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment