RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Calvin Richardson「I Am Calvin」
iamcalvinjake.jpg

90年代から地道に活躍を続ける孤高のソウルシンガー、Calvin Richardsonの通算六作目となる『I Am Calvin』を御紹介。孤高と書いたのは、なんだかインディなどを渡り歩いて一匹狼なイメージが強いし、客演なんかにも参加しないから(勝手)。ただ、デビュー当初はたしか、K-Ci & JoJoの幼馴染みだとかなんだとかの触れ込みで登場したような(彼のデビュー作にはK-Ciが客演参加もしている)。通算六作目と言っても、内一作はかのBobby Womackをカバーしたものだったので、オリジナルとしては五作目になるでしょうか。本作はあのEric Benetが設立したレーベル“Jordan House”に移籍しての第一弾、昨年リリースだったのですが、入手するのが遅くて今頃の感想記事になってしまいました。
それではザックリ稚拙ながら感想を書きます・・・・・・まずはDeMonte Poseyが制作をした、荘厳でクラシカルな圧巻のスロウ「Before This Moment Leaves」で幕開け、Calvin Richardsonの優しくも力強いヴォーカルが押し寄せる一曲。続く「We Gon' Love Tonite」も同じくDeMonte Poseyが制作を担当、これは90年代を彷彿とさせるスウィートだけど酸味もあるフルーティなとろけるミッド、いやもっと言えばMarvin Gayeっぽいコーラスの重ね方やフィーリングに満ちていますね。果汁滴るほどに瑞々しくてフレッシュな歌声に、もう胸がキュンキュンすること間違い無し(死語)。「Hearsay」はDeMonte PoseyとEric Benetが共同制作、シーンシーンと微振動して響くハイハットの軽妙なリズムに淡く跳ねるシンセと、いかにもEric Benet好みな清涼でミネラル成分たっぷりな爽やかテイストのソウル曲。同じくEric BenetとDeMonte Poseyが共同制作した、温もりたっぷりな王道ピアノソウルチューン「Unreasonable」もやはりEric Benetらしいスムースな一曲で、Calvin Richardsonのちょっぴり渋味もある歌声がジワジワと染みてくる素晴らしい作り(明朗)。またまたDeMonte PoseyとEric Benetが共同制作の「Dark Side Love」は、ホーンやドラムスがバチバチ鳴る滑らかで刺激的なブルース曲で渋カッコイイ。往年のソウル曲の晴れやかなフィーリングを持ち込んだ、小春日和を散歩するような柔らかなリズムとメロディに揺れる「Slow Job」(これは何故だかクレジットに記載一切無し)。それこそ今すぐにでもサンプリング使用されそうな純正ソウルでスイスイとハートに浸透するし、Calvin Richardsonのビタースウィートな歌声が鮮やかに響くのもグッド。「I'll Take Care Of You」はJonathan "Joy Rych" Richmondが制作を担当、こういうダークな渋味の聴いたブルースソウル曲もグッ引き締まって良いけれど、ちょっと流れが分断されてしまっている気も。僕的に一番のお気に入りは、またもやDeMonte PoseyとEric Benetがl共同制作した「What Would I Do」。軽妙な弦のリフとパチパチと弾くビートに、ちょっぴりサイバーで冷たいメロディが滑るクールな一曲で、ファルセット駆使しながら滑走するCalvin Richardsonがセクシーでたまりません(痺)。「More Than A Picture」はJonathan "Joy Rych" Richmondが制作、これがまたピアノ鍵盤の華やかで鮮麗な音色に金色ホーンが悩ましく絡む官能的ソウルチューンで、熱を孕んだCalvin Richardsonのヴォーカルがドクドクと流れるのが刺激的でいて切なげ(溺愛)。しっとりとウェットで甘美な極上スロウジャム「All This Love」は、El DeBargeの名曲を完全カバーしていて、メチャ甘党な本家とは違ってちょっぴりビターな味わいのCalvin Richardson版もまた素敵です。最後を締め括るのはDeMonte PoseyとEric Benetが共同制作した「Home In A Minute」、女性ヴォーカル(Tammy TownsendとLisa Jordan)も交えてやんわり2ステップ調な煌びやかでお洒落なトラックでゆっくりスウィングする心地良さにウットリ。

生粋のソウルシンガーなのはBobby Womackを丸々カバーした事でも証明済み、本作でもその燻し銀なソウル愛を惜しげもなく披露してくれています(感動)。でも本当にまったく力みのない爽快な楽曲が大半を占めていて、やはりそこは親玉であるEric Benetの持ち味が散りばめられている気がしますね(ネオソウルという感じではなく)。正統派R&Bでも正統派ソウルでも難なく乗りこなすCalvin Richardson、次回作はまたキレのあるR&B盤(それこそ『2:35 P.M.』みたいな)を作って欲しいなー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment