RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Charlie Wilson「Forever Charlie」
Forever_Charlie.jpg

R&B及びソウル界の叔父貴こと、Charlie Wilsonの通算七作目となる『Forever Charlie』を御紹介。“Uncle Charlie”の愛称で親しまれ、その昔はThe Gap BandのリードヴォーカルだったCharlie Wilson。あのAaron Hallにも影響を与えたシンガーとして知られる超ベテランな訳ですが、ここ数年でもKanye West作品でその歌声を唸らせていたので、最近の若者にも案外馴染みがあるのでしょうね(凄)。いつもどっぷり浸かる程に聴いている訳でもないのですが、やっぱりそれでもCharlie Wilsonのアルバムは買ってしまいますね。てな訳でかく言う僕は、彼のソロデビューアルバム以外は全て所持している次第で御座います。
という訳できっと鉄板な中身を感想にすると・・・・・・まずはEmile GhantousとKeith Hetrickが共同制作した「Somebody Loves You」でなんとも煌びやか且つ華やかに幕開け、電子音のウキウキすつ跳ねにベッタリとした輝きを与えるホーン音、そんなキラキラの中でより一際と閃光を放つCharlie Wilsonのファンキーでいてクリーミーな歌声(興奮)。Gregg Paganiが制作を担当した「Touched By An Angel」は、まるで昔のソウル曲を早回しサンプリングした様な趣で親しみやすいハートウォーミングなミッド。燦々と輝き降り注ぐメロディでもうポカポカ陽気な温かさ、そんな心地良いスウィートソウルにはCharlie Wilsonの厚みのあるヴォーカルがとってもお似合い。メロディ展開だけでいえば昔のモータウン調なんだけれども、ちょっぴりオーロラ使用で光の屈曲が見えるシンセサウンドのコーティングがイマドキ加工で面白い「Goodnight Kisses」はEmile Ghantousが制作を担当。再びGregg Paganiが制作の「Just Like Summertime」では、ベヨンベヨンと大きくうねる電子ファイバーなビートとお洒落な鍵盤音の絡みが最高に眩い強炭酸ファンクチューンで、この中で甘噛みな咆哮で歌声をスプラッシュさせるCharlie Wilsonに往年の熱量を感じますね(鳥肌)。そんな熱感をそのままにShaggyを客演に迎えた「Unforgettable」も常夏トロピカル仕様でグッド、Emile GhantousとSteve Daly、Keith Hetrickが共同制作したこのトラックはBob Marley「Waiting In Vain」をサンプリングしたホンワカ亜熱帯チューン。Gregg PaganiがCarl Carlton「She's A Bad Mama Jama」を下敷きにした「Suger.Honey.Ice.Tea」も、ザックザクと斬れ味抜群な電子音の洪水の中でピチャピチャと飛び跳ねるディスコ回帰なアッパーで、年齢を感じさせずにランニングマンばりのキレのあるバウンスとダンスで聴かせる御大のヴォーカルが最高にホット。生バンド演奏に乗せて、熱帯夜に男女が愛し合うようなウェットでホットなメロディでとろける極上スロウ「My Favorite Part Of You」はGregg Paganiが制作を担当。こういうマッタリと溶け合うトロトロなスロウジャムは、最近はそうそう無いから、真夜中の囁きタイムに重宝しますね(笑)。ただし、Charlie Wilsonの歌声は甘くも健全でハリがあるので、エロエロでなく清潔感がありますね。軽妙に疾走するチャカチャカチューン「Infectious」はEmile Ghantousが制作を担当、もはや相棒化しているSnoop Doggと共にライムミントなさっぱり清涼なトラックで突っ切るのが爽快でグッド。エッヂを効かせて小回り抜群に走り回るスプラッシュなビート、夏の海岸沿いをこれ流してドライブしたらさぞ最高でしょうね。そして本作のハイライトはやはり「Hey Lover」、制作はなんとJimmy Jam & Terry Lewisなんですから(失神)。華やかフローラルなストリングスがふんわりと香るスタンダードでシックな絹目調ミッドで、紳士的でなめらかスムースなCharlie Wilsonの歌声が鼓膜を優雅にエスコートしてくれます(高揚)。同じくJimmy Jam & Terry Lewisが共同制作した「Things You Do」も電子鍵盤音のネオンチックな明滅が鮮やかに流線形を描く、どこかエキゾチックで幻想的なトラックは見事の一言に尽きます(酔)。Gregg Paganiが制作の「Birthday Dress」は一周回って現在流行のディスコブギーなアッパー、しかしCharlie Wilson御大ともなると年季が入っているので迫力が違う、聴き手のハートを容赦なくシェイクしてしまう魔法のダンスナンバー(血圧上昇)。ラストを締め括るのは、なんとも贅沢にJimmy Jam & Terry Lewisが制作の「Me And You Forever」なんですよ(感動)。これがNe-YoとStarGateが台頭して来た頃を彷彿とさせる、雪の結晶ほどに透明で眩いクリアミッドで美しいミッド(涙)。無数のスノウダストが舞うようにキラキラと光り輝く繊細なメロディに、Charlie Wilsonのコクのある芳しいヴォーカルが振動する極上ミッドです(溺愛)。

もう60歳を超え、定年退職してもいい筈のCharlie Wilsonのこの堂々たる一枚。目新しさなんかは要らず、ただただ音のグルーヴに飲まれて、ハートをシェイクすればいい。そういう音楽の楽しさを教える老教師のようなCharlie Wilson、まったく歌声が衰えず(むしろ艶っぽくなっている気が)聴き手をガッカリさせないのが凄いですね。個人的にはやはりJam & Lewis制作曲が三曲もあったのは嬉しい、これだけで相当な価値があります。それこそThe Gap Bandの頃を彷彿とさせるような軽ファンクなトラックもあったりでニヤリ、良いシンガーは死ぬまで良いシンガーなのですね(敬服)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment