RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Fifth Harmony「Reflection」
Reflection (Deluxe)

Dinah Jane、Lauren、Normani Kordei、Ally、Camilaの五人で構成される、Fifth Harmonyのデビューアルバム『Reflection』を御紹介。Fifth Harmonyは人気オーディション番組『The X Factor USA』のシーズン2で第三位という結果を残したグループですね。なんかよくは知りませんがOne Directionの妹分的な売り出し方をされていて、たまに“5H”などと略されているのも見かけますね。あとは彼女達のファンの事を、彼女らはHarmonizerと呼んでいるらしいです。まあ、オーディション番組出身なので実力はそれなりにあるだろうという事で、例に漏れずミーハー心で買ってみた次第です。
それではまったく無知ですが感想のみ書いてみますね・・・・・・まずはThe Familyが制作したヘロヘロとアラビアンな笛音とビヨンビヨンと弛んだ電子ビートが跳ねる「Top Down」でスタート、これは明らかにJason Deruloのヒットを踏襲した作りな気がしますね(憶測)。Ricky Reedが制作した「BO$$」はカチコチに硬いホーン音がバチバチと破裂するバブルガムみたいなアッパーで、そんな刺激的で攻撃的なトラックでFifth Harmonyのキレのあるハーモニーがガンガン衝突してくるのが醍醐味。続いてはシングルカットされているJonas Jebergが制作(Vocal Prod.にHarvey Mason, Jr.も関与)した「Sledgehammer」、こういう明度抜群なゴールド仕様なトラックはガールズグループの特権ですね。カッと眩い閃光を放ち、光りの粒子が舞い上がる光芒ミッドは聴いているだけで心が晴れやかになりますね(明)。「Worth It」はまさかのStarGateが制作を担当し、最近人気上昇中のKid Inkが客演参加。これまたJason Deruloが好んでやりそうな中東風のブーヒャラ音がしつこく鳴り響く抹香臭いミッドで、Kid Inkが登場する途端にDJ Mustardっぽい仕様にチェンジ、なんだかStarGateっぽさは少なくてガッカリ残念。「This Is How We Roll」はDr. LukeとCirkutの黄金タッグが制作を担当、これはこの両者らしくブヨブヨと膨張しながら鞭打ちするシンセビートとオーロラ系な眩いメロディが瞬く流麗アッパーで、Fifth Harmonyの艶っぽくも溌剌としたハーモニーが活きています(眩)。そして順序を変えてJR Rotem(久々!)が制作したMC讃歌「Like Mariah」では、それこそ冒頭の“とぅるるー♪とぅるるー♪”こそMariah節だけど、それ以外はボトムスの効いたトロピカルなミッドでそれっぽさは無いかも。客演にはTygaなんですが、こういう陽気でライトな甘酸っぱいトラックにもばっちりフィットするから面白いMC。この曲よりもかえって「Everlasting Love」の方が完全にMariah節、Tommy BrownとTravis Saylesが共同制作した艶麗にして可憐な爽やかな微炭酸チューンに、ひらりと翻るファンシーなファルセットやリフレイン、どれを取ってもMC仕込みな仕掛けばかりでグッド。「Them Girls Be Like」はT-Collarが制作を担当、これまたBeyonce辺りがやりそうな常夏テイストな熱射アッパーでバカンス気分が上昇。表題曲となる「Reflection」はとにかくフローラルでスウィートな香りがプンプのメロディに、緩急を絶妙につけた歌唱が面白くて耳に残ります。「Suga Mama」はChris ""Flict" Aparriなる人物が制作を担当、ピョンピョンと弾ける水滴のようなシンセが刺激的で、Fifth Harmonyのプリプリとハリのある弾力ハーモニーがハートの鼓動に呼応するキュートなアップ。Tommy Brownが制作の「We Know」はそれこそ演奏が少ないのでFifth Harmonyのコーラスワークがしっかり聴ける旨味、ハーモニーというよりは個々がとってもキャラが強いので移り変わりを楽しむ感じのマイナーチューン。Chris ""Flict" Aparriが再び制作した「Going Nowhere」も王道っぽい角張ったキュートメロディを軸にしつつも、ハンドクラップや変則電子音をスタッズのように施してオシャレ感を強調。あのHarmony Samuelsが制作を担当した四つ打ちなキラキラバンガー「Body Rock」はもう素直に跳ねるしかない、こういうシンプルでゴチゴチなアッパーも五人がかりだと勢い抜群で面白い。最後を飾るのはChris ""Flict" Aparriが制作の「Brave Honest Beautiful」では、話題のポッチャリMeghan Trainorが客演参加、Shakira経由のスパイシーなオリエンタルアッパーながらもMeghanなんとやらで気分はだだ下がり。

全員がヴォーカルを執ることでかなりモリモリ感は感じます、その点はやはり彼女らの先輩にあたるLittle Mixに似ているかなと思います。思った以上にR&B色は少なめで残念でしたが、五人みんながヴォーカルを交代してゆくので一粒で五度美味しいって言うのはありますね(経済的)。これからもっと活躍すれば、それぞれがもっと綺麗になるかもですね(化)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment