RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

TeeFLii「Starr」
teeflii-starr.jpg

今を時めくDJ Mustardとのコラボでも知られるシンガー兼プロデューサー、TeeFLiiの記念すべきデビューアルバム『Starr』を御紹介。Teefliiと言ったら最近は、YGの曲でもフックアップされていましたね(DJ Mustard制作曲「Do It To Ya」)。という訳でYG同様、DJ Mustardがガッツリ関与している人物かと思っていたのですが、本作でTeeFLiiと共にExecutive Producerとして名を連ねているのはSha Money XL。Sha Money XLと言ったら、かつては50 Cent率いるG-Unit一派を請け負っていた人物ですよね(意外)。
さて四方山話はこのぐらいで止めて本題に・・・・・・まずはMike & Keysが制作した「Intro」で幕開け、イントロと言えども三分強あるこの曲では、モヤモヤと不穏に広がる白煙メロウの中で蠢くTeeFLiiの甘ったるい歌声が印象的。TeeFLii自身が制作した「Action」はパイーンパイーンと悩ましく爪弾く弦音の高い弓なり音に、冷たく氷結した電子音がコロコロと鳴り響くミステリアスなミッド。そんな氷点下の中でゆらゆらと深海魚のように彷徨うTeeFLiiの、糖度高めのヴォーカルがまだ不穏。まさかのベテランE-40を召還することに成功した「Give It To Me」もTeeFLii制作、これはアラーム音に近い電流ビリビリ系のシンセが蠢く底辺這う泥トラックが悪クールで、やはり甘ったるいTeeFLiiのヴォーカルは男臭く骨太テクニシャンなE-40に喰われている感アリ。Mike & Keysが共同制作した「Hennessy & Weed」では若手要注意のNipsey Hussleが客演参加、これはホワホワと靄が視界を遮る幻想的でスウィートな酩酊ミッドで、TeeFLiiの甘ったるくて未熟なヴォーカルにもばっちりフィット。Nipsey Hussleが飛び込んでくる事でちょっと辛味が出て引き締まる、これだけ両極端だからこその旨味がジワジワと来ますね(堪能)。同じくMike & Keysが制作した「Blue Lipstick」では、TeeFLiiと似通ったフレッシュで甘酸っぱい歌声のChris Brownとの共演が実現。ネチネチと伸びる粘着質な電子鍵盤と弦音、そしてそれらを裁断するビタビタビートの融合があまりにも見事です(感動)。Princeみたいな変態チックな密閉ファンクなメロディはネットリと鼓膜に絡んでくるし、その中で甘酸っぱくフルーティな香りをプンプン漂わす、熟す寸前の果実のように甘味滴る若者二人のヴォーカルの掛け合いも見事です(中毒)。「Something She'll Do」は男性MCのSkemeが客演参加、Mike & Keys制作でモワモワと熱気と蒸気が迫ってくるような暈けたシンセの揺らめきが綺麗な一曲。「Different Positions」はTeeFliが制作、なんだけどDJ Mustardっぽい合いの手が気になる。しかし、雨で煙るような湿ったギターの音色やポツンポツンと滴る冷えた鍵盤音、その上をツルツルと滑る濃淡をつけたオーロラのようなエフェクトを駆使したヴォーカルと、なかなか器用に編んである好ミッド。Snoop DoggとDJ Quikと西の大御所MCが揃い踏みした「Addicted」、制作はSha Money XLが担当。これはもう微糖でビターなまったりとレイドバックしたトラックでもう乗り心地は抜群、Sha Money XLが昔に50 Centに提供していたサウンドの再現。こういう夕間暮れみたいは淡くて柔らかなトラックに乗るSnoop DoggとDJ Quikの両者は水を得た魚だし、TeeFLiiの甘い空気を含んだヘロヘロなヴォーカルもグッド。Mike & Keysが制作の「I Don't Need You」もどことなく昔の西海岸ファンクにメレンゲを混ぜてフワフワにしたようなスウィートな綿飴チューンで、客演参加のDom Kennedyがスモーキーにしゃがれて絡んで来るのがド渋くてカッコイイ(痺)。またもやSha Money XLが制作の「Change Your World」は、カラーセロハンで繊細に創り上げた小粋な芸術品のような幻想的ミッド、なんというか透けて見えるような薄膜シンセを破って漏れ出る甘いヴォーカルもなかなか乙で美味い。TeeFLii制作(Co制作にSha Money XL)の「Love Over Money」は特殊で面白く、これまたTeeFLiiの甘ったるいヴォーカルをさらに濾過して糖度をスッキリ清廉にした、ゴスペル風味で透明度抜群な清浄スロウで、聴いていて清々しい(昇天寸前)。最後はやはりDijion "DJ Mustard" McFarlaneが制作で登場の「24 Hours」で〆、やはり単調で僕にはまったく魅力が分からないので蛇足な気がしてならない。とは言っても2 Chainzが客演参加していますからね、と言っても僕は2 Chainzにも触手が動かないという(苦笑)。

甘ったるいヴォーカルは癖がなくて、ある意味そっけないといえばそんな感じ(悪口)。ヴォーカルの雰囲気的にはChris Brownにもっと水飴を足したような、それでいて青臭さもほのかに残ったような。それこそThe-Dreamのような歌声パンチの無さなんですが、いかんせんTeeFLiiの創ったトラックがちょっとばかし淡白で面白みに欠けるかも(辛口)。Mike & KeysやSha Money XLのトラックに乗ると途端に光るけれど、TeeFLiiの場合はやはりトラックメイクとヴォーカルの二刀流が出来てこそ生き残れそうな感じだから、もっと自身の創る音世界がガッツリ構築されると面白くなること間違い無し(断言)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment