RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Kid Ink「Full Speed」
kid-ink-full-speed.jpeg

今また熱いRap都市と化しているLA出身のホープ、Kid Inkの通算ニ作目となる『Full Speed』を御紹介。彼もまた新人の新たな登竜門となっている“XXL 10 Freshmen”出身の一人ですね。そのメロディアスなトラック&ラップで一気に人気を拡大し、特にここ日本でのウケがやたら良い気がするのがKid Ink。やはりイケメンでポップなラップは人気をマーケットが広くて人気を得易いのかな、でも短いスパンでの二作目なので本国でも相当に人気があるのでしょうね。かく言う僕も前作でまったくハマらなかったのですが、なんとなくで購入してしまった次第であります(笑)。
それではザックリと簡単にどんな内容か触れると・・・・・・まずはThe Pioneer Crewが制作した「What It Feels Like」でスタート、ゆっくりとホーン音が加速を後押しする残像チューンにKid Inkがジリジリと速度を調整。「Faster」はいま要注目のDJ Dahiが制作を担当、After All「A Face That Doesn't Matter」をサンプリングしたダークソリッドなトラックは低温火傷を起こしそうな感触。じわじわと迫る重厚なトラックは最高ながら、Kid Inkのライトで小回りの効くラップの対比が微妙。これまた要注目なNicnacとMark Kragenが共同制作した「Dolo」ではR. Kellyがまさかの客演参加、彼ららしいポンポンと感覚を開けて跳ねるカラフルキャンディポップで、Kid Inkのクセの無いラップをR. Kellyのエロくて甘いヴォーカルが助けています。StarGateとCashmereが共同制作した「Body Language」では、Usherに加えてTinasheまで配置するという念の入れよう(周到)。しかし、StarGateらしい爽やかサワー感こそあるもののメロディラインは一辺倒ですし、UsherもTinasheもそれぞれの個性がまったく活きていなくて残念に尽きる一曲かも(そもそもUsherとTinasheは合わないし、Tinasheに関してはあまり参加していない後付け感満載)。The Featherstonesが制作した「Hotel」では、この世代には必ず一枚噛むChris Brownが客演参加、アルミニウムで形成したような軽薄シンセのスペーシーなトラック上では、メロディと甘酸っぱさを味方に付けてスピード自在なChris Brownが目立ち過ぎて可哀想。C.P. Dubbなる人物が制作した暗澹としたシンセが這う洞窟探検チューン「Cool Back」も、トーンの暗さとKid Inkのライトなラップが乖離している気がするものの、途中で差し込む囁きラップがアクセントになっていますね。再びDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作の「Be Real」では、話題の女性MCのDej Loafが客演参加しており、これまた鬼火のようなシンセがゆらゆらと明滅する信号的なトラックで単調過ぎて(欠伸)。Ned Cameronが制作の「Every City We Go」では話題のトリオMigosが参戦、この三者が目まぐるしく彩りを変調させるのでそれなりに面白い流麗ミッドに仕上がってはいます。ダラダラとスピードを落としてスロウモーションで鼓膜にへばり付く「Round Here」はKey Waneが制作、Suga Free「Why U Bullshittin」をサンプリングしTrey Songzを客演に招いた「About Mine」はDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作を担当。Reo Of The Soundkillersが制作した「Blunted」も厳つく鋼鉄製のビートがドシドシとスクラップして来るも、Kid Inkが軽過ぎてどうもチグハグに感じてしまいます。Young ThugとBricc Baby Shitroが客演参加した「Like A Hott Boyy」は、Metro BoominとDJ Spinzが制作した凍てつくホラーコアチューンが浮ついて聴こえてしまう始末。

やっぱり僕にはKid Inkの良さが分からないみたい、なんという個性が無いというか無味に感じてしまう(辛口)。しかし客演陣は新旧織り交ぜて豪華ですし、やはり魅力のあるMCなんでしょうね(不思議)。英語なんかが理解出来るともっとカッコ良いのかな、まあ僕はそんなに再生回数が伸びない一枚となっております。あとはとにかくDJ Mustardの隆盛期が過ぎないと僕は楽しめないかもしれません、彼の創るビートで武者震いしたことはいまだかつてないです(残念)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment