RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
41位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Chris Brown & Tyga「Fan Of A Fan The Album [Deluxe Edition]」
tyga-and-chris-brown-reveal-cover-art-and-release-date-for-fan-of-a-fan-the-album1.jpg

Chris BrownとTyga、人気の若手がガッチリ手を組んだコラボアルバム『Fan Of A Fan The Album』を御紹介。現在のR&BとRapの若手筆頭とも言える両者のコラボ(TygaはまだChris Brownほど、そこまでの地位に登り詰めてはいないが)、実は同名のミックステープを母体にしたものフィジカルへと昇華させた感じですね。Chris Brownに関してはそのミックステープを出した当時ももうトップスターでしたが、Tygaはそれこそそのミックステープで人気者の仲間入りをした印象がありますね。とにかく仲良しな二人ですので、結局はミックステープのみならず、こうして商業作品としてリリースするに踏み切りました。
それでは気になる内容に触れてゆくと・・・・・・まずはAmadeus制作の「Westside」
は、キラキラと眩いスターダストな電子音がバックでひらめくトラック。高山で冷たい空気を肺いっぱいに吸い込みながら満天の星空を見上げるような、そんな鮮烈でいて静かな空気が漂う酸素の薄いミッド。続いて「Nothin' Like Me」はDijon "DJ Mustard" McFarlaneが制作、客演にはデビューの待たれる人気シンガーTy Dolla $ignが参加。ボインボインと弾力のあるゴム製ビートが一方方向にバウンドする一曲で、単調さはいつもながらだけどこの三者がスイッチする事で退屈さは無し。「Ayo」は二人のミックステープ時代を支えたNicNacが制作を担当、ピコピコと鉱石チックな瞬き音が空気を伝わり振動する、Chirs BrownとTygaの乳酸菌配合な酸味のあるヴォーカルと、“えーえーよ♪”のリフレインフックが弓なりに響くのも病み付き度を高めていてナイス。「Girl You Loud」は久々のChristopher "Drumma Boy" Gholsonが制作を担当しており、真っ暗な湖畔の水底からポコポコと湧き上がるようなウェットな電子音&ビートがマイナスイオンを放ち美しく、ひらひらと翻るChris Brownのファルセットも素敵。「Remember Me」はJess Jacksonが制作を担当、バインバインと弾く弾性のあるビートと、フックでの流麗で煌びやかな薄氷メロディとコーラスが素晴らしいです。電子鍵盤の点滅信号的メロディのみでスカスカトラックで浮遊した「I Bet」はP-Loなる人物が制作、ここでは主役の両者よりも援護射撃のはずの50 Centがキッチリと鼓膜を仕留めてくるという面白さ。隙間の多い虫食いトラックにひょろい若者二人、そこにマッチョ剛健な50 Centが無理やり割り込んで来る奇抜さ(笑)、そしてこういうシンプルな曲こそ暈けたフロウで魔力を強化できる50 Cent、やっぱり彼は面白い逸材です(敬礼)。David D.A. Doman制作で、Dr. Dre「Forgot About Dre」にJay-Z「Big Pimpin」、それとNotorious B.I.G.「Notorious Thugs」をネタ使いした「D.G.I.F.U.」ではPusha Tが客演参加。トラックというより随所にラインを組み来んだ一曲で、そこまでナイスとは思わなかった不発チューンかも。それよりもJess Jackson制作で、TLC「Take Our Time」を見事にサンプリングした「Better」の方が数百倍は素晴らしい(鳥肌)。TLCの原曲の持つあのミストたっぷりで湿り気のあるメロウさをそのままに、完熟フルーツのような瑞々しく潤い滴るスウィートスロウに仕上げていて、Tygaのフワフワ感とChris Brownの甘酸っぱさが見事に融合しています(快感)。またまたJess Jacksonが制作の、視界をピンク色の靄が包み込む桃源郷スロウ「Lights Out」も、妖艶で意識朦朧としてしまう毒ガスっぽいトラックと両者のヴォーカルの相性が抜群ですし、客演のFat Trelのちょっと重たく厳つめのラップもナイス比重。David D.A. Domanが再び制作のサイケ光線交錯交響曲「Real One」では、注目のBoosie Badazzが客演参加し歪曲した鋭利な刃物チックなラップで斬れ味を倍増させています。NicNac制作の「Bitches N Marijuana」ではSchoolboy Qが客演参加、これも僕的にはそんなに食いつきはよくなくて。そういう意味では淡白に電子音をピコポコ上下させる、Frank E制作に「She Goin' Up」もそんなに面白くなくて。The Isley Brothers「Between The Sheets」をサンプリングしたドリーミーでエレガントなミッド「Wrong It The Right Way」こそ僕のどストライクで、そんな美味な甘味処チューンを制作したのはまさかのScott Storchという驚き(復活)。夜の帳を思わせるしっとりと滑らかシルキーなメロディも、パフパフと空気を含んだマシュマロチックなTygaのラップも、流星のようにスベスベでロマンチックなChris Brownのヴォーカルもグッド(骨抜)。David D.A. Doman制作の「Bunkin'」ではJay 305とT.I.が援護射撃に参加、ハープをポロリンとかき鳴らすようなフェミニンなトラックでは、やはりエアリーに軽やかでスマートなT.I.が抜きん出ていて皆が霞んで聴こえます(突出)。「It's Yo Shit」はMel & Musが制作したカラフルポップなエレクトロニック回路チューンで、甘めな主役二人をよそに客演参加のWaleがビターなラップで全体を引き締めるのがたまりません。最後はDijon "DJ Mustard"が制作した「Banjo」で、ここではトロピカル風味な甘酸っぱいシンセを絞りながらも、そこに重油を混ぜるという玉石混淆なアンバランスがとっても面白くて久々に彼ではヒット(褒)。

現在のカッコイイサウンドが詰まった作品になっている事は確か、あとはChris BrownとTygaのこのライトでサワーな後味で物足りるかどうか。かく言う僕は最初は聴いていて聴き流していて、ちっとも記憶に残らなかったんですが、やはりクールで洗練されたサウンドと彼らのセンスはピカイチの様で、中毒性は高まっております。あとはChris Brownのラップは要らなくて、彼は歌に専念した方が良いかなと思いました。そういう意味ではJay-Z & R. Kelly「The Best Both Worlds」には及ばないし、Bow Wow & Omarion「Face Off」の方がすんなり聴き易かったかもしれません(苦渋)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment