RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループR&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jodeci「The Past, The Present, The Future」
jodeci-ppfcov.jpg

男性コーラスグループ隆盛期の一角を担った重要グループ、Jodeciの通算四作目となる『The Past, The Present, The Future』を御紹介。JodeciといえばDeVante SwingとMr. DalvinのDeGrate兄弟と、K-CiとJoJoのHailey兄弟の四人で構成されるグループですね(説明不要)。グループ解散(休止?)後もHailey兄弟はK-Ci & JoJoを結成しヒットを連発、DeGrate兄弟の方もそれぞれDeVante Swingはプロデュース業、Mr. Dalvinはソロ作を発表したりと活躍しました。それこそコーラスグループの氷河期がずっと続いていて(俗に言うシンガーソングライターの時代の到来が、それらを終結させたか)、ずっと活動しているなんてグループが皆無状態でした。しかし、ここ最近はBoyz II Menが『Twenty』を、Jagged Edgeが『The Remedy』を、Dru Hillが『InDRUpendence Day』をリリースし、次々と90年代を彩った男性グループが復活の狼煙を上げたのでした(涙)。そんな中で皆が口を揃えて言った(だろう)のが、“あと残るはJodeciのみ!”という事でした。しかし、それはきっと夢物語であり、そんな贅沢を言ってはいけないと自分を戒めていたら、まさかのJodeciも復活で御座います(絶叫)。前作よりおよそ20年ぶりですよ、これは歓喜せずにいられません。Jodeciのロゴも角張りはしましたが昔のままですし、タイトルはきっと前作『The Show, The After Party, The Hotel』を踏襲したものでしょう(懐古)。
とまあ、興奮冷めやらぬ感じですが落ち着いて感想を書くと・・・・・・まず全曲をJodeciの頭脳であるDeVante Swingが、それぞれの曲で他者と共同制作しているというスタイルですね。まずは90年代っぽいスタートでボコボコと叩く厳ついビートが格好良い「Too Hot」で幕開け、Bradd YoungとMaruquinarius "Sanchez" Holmesとの共同制作。ピロピロとホタルイカのように光をちらつかせるシンセ音と、ボコボコと打ち込む機械的なビートが、Jodeciの鉄壁の悪ハーモニー(賛辞)とシンクロします。客演で参加している男性MCのAVも良い味出していますが、彼の詳細は不明。S. Beckhamとの共同制作となる「Sho Out」は、ネットリと漆黒の夜空に潤んで絡む艶っぽいミッドナイトチューン。こういうメロディ先行なBGMスタイルでも、Jodeciのハーモニーが絡めば途端に甘くとろける熱帯夜チューンに仕上がるのが摩訶不思議、途中でトークボックスを使用して温度屈折を表現しているのもたまりません(酔)。S. Bekhamとの共同制作となる「Checkin For You」もそうで、ほぼリフレイン的なメロディ&コーラス進行ながら、それが聴き手のハートをドクドクと脈打たせてくれる艶麗ミッド。DeVante Swing製のヴェルヴェット生地で仕立てたツヤツヤのトラック逆らうことなく、スルっと滑るjodeciの濃厚で熟し切ったハーモニーがとにかく美味。「Those Things」ではまさかのTimbalandとの共同制作、生きている間にDeVanteとTimbalandの共同制作曲が聴けようとは(唖然)。これはDeVante製の流星群のように眩く鮮麗なトラックに、ビート偏執狂なTimbalandらしい微細に構築されたミクロ単位のビートが無数に敷き詰められた煌びやかなアッパーで、四芒星となってきちんと整列したJodeciの清冽なハーモニーが駆け抜けるのがグッド(興奮)。Bradd YoungとMaruquinarius "Sanchez" Holmesとの共同制作した、本作からの先行カットとなったのが極上バラードの「Every Moment」。雪の結晶のように澄んで透明で繊細なメロディは氷結していて、それをじんわりと溶かすようにJodeciの濃密で激しい潤い蒸発系の極上ハーモニーが甘く溶かしてゆく美曲です(昇天必至)。Maruquinarius "Sanchez" Holmesとの共同制作の「Nobody Wins」では、ちょっと意外なB.o.Bが客演で参加。“のーのーのーのーのーのー♪”がずっと中空を旋回するポワンポワンとまったりした空気が流れる朗らかなミッドなだけに、B.o.Bの変則的に駆けるラップが良いアクセントになっていて乙で御座います。「Incredible」では再びTimbalandとの共同制作が実現、これもまた深夜の湿り気と妖しさが絶妙に混じったダークドリーミー、Jodeciのしなやかで弾性のあるでウェットなハーモニーが仰け反るミッド(幻惑)。個人的に本作で最も好きなのが純真無垢な壮麗バラード「Jennifer」、Bradd Youngとの共同制作のこの曲はJodeci史上で最も白い一曲ではないでしょうか(稀有)。朝の陽射しに揺れる朝露のような潔白な潤いと輝きに満ち溢れたメロディに乗せるJodeciのハーモニーは、まるで朝の起き抜けに窓辺から漏れる陽光のように眩くて鮮烈でハートをじわじわと温めます(感動)。Bradd YoungとMaruquinarius "Sanchez" Holmesとの共同制作の「Body Parts」は、最近Princeにもサンプリングされ話題になったMila Jが客演参加。艶やかだけれどチクチクと刺々しい鍵盤の舞い散り音にボムボムと弾力のあるビート、その中で自在にギアチェンジして疾走するMila Jのコケティッシュなヴォーカルがナイススパイス。「Stress Reliever」もBradd YoungとMaruquinarius "Sanchez" Holmesとの共同制作、ジャリジャリとした音色が東南アジアっぽいスパイシーさを感じさせるグニャグニャと変形する幻覚ミッド。「Sho Out」は新たに女性シンガーのLiana Banksを客演に差し込んだ同名曲で、こちらの掛け合いの方が確かにセクシーでミステリアスさも増していい感じかも。

隅から隅までJodeciっぽい、とにかくJodeciらしさが健在なのが嬉しい(感涙)。こうやって聴くとやはり、JodeciのスタイルというのはDeVante Swingの音によって構築されているのだと再認識しました。全体的に聴いてみて、大満足かと言われれば確かに否といったところ。しかし、それでもJodeciをこうして堪能出来たという事実だけで胸がいっぱいで、ニヤニヤしながらのたうち回ってしまうのです(泥酔)。Jodeciの持ち味が現代風にアップデートされて、充分に発揮されていると思うナイスな一枚で御座います(無事帰還)。前述で復活を待つのはJodeciのみ、とか書いていましたが、いざこうやってJodeciが復活したならば、欲が出てBlackstreetと112も復活してくれないかなーと祈祷しております(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment