RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
139位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Fashawn「The Ecology」
cover1200x12004.jpeg

L.A.出身でNasとの契約も話題になった、Fashawnの通算ニ作目となる『The Ecology』を御紹介。Fashawnはそれこそデビュー作である『Boy Meets World』が話題となり、その年のXXLの人気企画“10 Freshman”にも選出された逸材、ちなみにその年は他にJ. Cole、Wiz Khalifa、Big Seanなども選出された当たり年であります。その後、Nasの不朽の名作『Illmatic』をカバーしたミックステープ『An Ode to Illmatic』を発表し話題をキープ、この時の動きが功を奏して、Nasが率いる新レーベルMass Appeal Recordsとの契約に至ったのでしょうね。
それではザックリで申し訳ないですが感想を・・・デビュー作同様、本作も制作は殆どをExileが担当しており、これでもう安全保証はバッチリと言っていいでしょう。まずは、そんなExileが制作した楽曲から紹介していきます。冷たい北風が空気を凍らせて、それをFのしなやかで鞭打つようなラップがそれらを美しく粉砕する「Guess Who's Back」で幕開け。無機質なビートに華麗なストリングス、そこにFashawnの褐色のフィルムネガのようなラップが透けて絡まるのがナイス。ピーヒャラと吹く笛音にレゲエテイストなフックがスパイシーに香る直火焙煎なトラックが刺激的な「Confess」は、Fashawnの鼓膜にメリメリとめり込んでくる圧迫ラップが最高にホットで、聴いているだけで鼓膜が汗ばんで熱気を放出する一曲。土埃が陽光を受けてキラキラと輝くような、そんなタフだけどもその中で煌きが舞い飛ぶような清涼な「Higher」。Rap曲では王道な淡色柔らかな春色メロウを展開し、その中でキャラメルセピアなFashawnのビターでクリーミーなラップが舞い散る素晴らしきミッド。非常に微細なダイアモンドダストが舞い散る鮮麗な、ギザギザなカッティング鍵盤音が美しい「To Be Young」では新世代のネオソウル系シンガーのBJ The Chicago Kidが客演参加。L.A.を拠点とするFashawnらしいGファンク系統のメロウチューンが甘く燻る「Golden State Of Mind」(きっとこれはNas「N.Y. State Of Mind」へのオマージュでは?)は、ワウワウとぼやけた電子音の膨張感がまるで湿り気を含んだ潮風みたくゆるーく鼓膜に吹き抜けるレイドバックチューンでカッコイイ。客演にはDom Kennedyが参加し、これまたスモーキーでド渋いラップを繰り広げるから引き締まります(中毒)。一時期流行った昔のソウル曲をループしてコラージュした様な激甘メロウ「Place To Go」はFashawnの歌う様なフックが素敵で、まるで桜が散る間際の切なさや淡さがふわふわ香る素敵な一曲。アラビアンな音色が抹香臭く漂うメロディに、ドタバタと厳つい殴打ビートが飛び交うバンギンアッパー「Out The Trunk」では、クレジットが無いけれどBusta Rhymesの核爆弾みたいなラップがガンガンに投下されていてそれも痛快。「It's A Good Thing」ではAloe BlaccとChooseyが客演参加、ギターを軽やかに爪弾き鳴らすメランコリックなトラックは爽やかでミント味。「Mother」はもう定番の母親讃歌、ここまでがExileによる制作曲。Exile以外にもトラック提供はありまして、まず、金色の直角ホーンがバキバキと流れる焦がしファンキーなアッパー「Something To Believe」はDJ Khalil制作、これも最高に燻し銀でカッチョイイ(興奮)。Nasが客演したこの曲では、二人がラップでぶつかる度に、そのラップで煽られ爆風と砂塵が鼓膜に吹き荒び、それをAloe Blaccのソウルフルでクリーミーなヴォーカルが柔らかに和らげます(中和作用)。煌めきと夢幻が入り交じった柔らかなフローラルミッド「Letter F」はAlchemistによる制作、こういうソフトに進行する朗らかなトラックを乗りこなすのは意外と難しいと思います(流石)。あとはピアノ弾き語りに乗せてFashawnのラップが華麗に舞う「Man Of The House」はQuincy Tones & Jo Celebが共同制作、咽せび泣くようなFashawnの情感溢れるラップは潤いがあってしなやか。

Nasに見初められただけあって、やはりタイトで燻し銀でストレートな硬派MCで安心保証。サウンド的にも初期のNas(つまり90年代の東海岸)に接近した空気を感じますが、彼のラップスタイル的にはどこかMos Defの雰囲気を感じました。Kendrick Lamarに皆が熱狂している今だからこそ聴いて欲しい、地味にカッコ良い一枚で御座います。やっとこさメジャーデビュー出来たのに、そんな矢先にKendrick Lamarの2ndが発表されるだなんて、どこか不遇な印象を与える辺りもNas譲りかも(伝統芸)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

古い記事にコメントすいません、あまりにもコメントしたくなってm(_ _)m
このアルバムはムチャクチャヤバいのになぜあんまり話題にならないのか不思議でした、近年の作品にしてはかなりしっかりHIPHOPしていてかなりカッコイイですよね!
個人的にはkendrickの2ndよりよっぽど大好きで本当に今だからこそ聴いてほしいと思う作品と僕も思います
馬鹿だから上手く言葉に出来ないんですが本当に良い作品でもっと評価されても良いと思います!
このコメントを見た人も聴いてみてください!かなりオススメです!
コメント遅くなりすみません、本当にコメントを頂かない当ブログなので、気付かないままでいました。。。
確かに、何故だか全く話題になっていませんね。僕は三十路なので、それこそ「これぞHip Hop」な醍醐味を存分に味わった一枚で御座います。
お名前が書かれていないので残念ですが、とっても熱い気持ちを聴けて、また聴き直した次第であります!
そして、このブログを見てくれる方は少ないので、最後の「このコメントを見た人も〜」が叶わないかもしれません、私の力不足を御許し下さいませ。。。

Leave a Comment