RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
41位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Carmen Rodgers「Stargazer」
10382665_10153063757433410_7620444637310212446_n.jpg

様々なアーティストのバックを務めた事で知られる苦労人、Carmen Rodgersの通算三作目となる『Stargazer』を御紹介。と言っても僕が彼女の事を知ったのは本作が初めて、単純にジャケ買いしたのです(単純)。Carmen Rodgesは過去にかのHidden Beach Recordsと契約していた経緯もあり、これまでにもErykah BaduやN’Dambi、Bilal、Ledesiといった数々の名立たるソウルシンガーのバックコーラスや共演経験のあるシンガーなんだそう。そんな彼女の新作は、最近Angela JohnsonやAbiahを送り出しているPurpose Recordsからのリリースという事で、これはもう安全保証書付きと言っていいでしょう。あとこのジャケットのデザインは好きなんですが、Carmen Rodgersの写りが悪い気がするのですが。
それではザックリと感想を書かせて頂くと・・・・・・まずはChampionとCarmen Rodgersが共同制作した「Stargazing」でスタート、冷たい空気がより星を鮮明に映し出すような空気感のクールミッドで、滑らかな流星のようなCarmen Rodgersのヴォーカルも鼓膜にスーッと浸透します。Emie Gが制作を担当した軽やかなベースの紡ぐグルーヴが心地良い「Beyond The Style」、やはりコスモチックな流麗冷涼な電子トラックに、透け透けなCarmen Rodgersの繊細ヴォーカルが乗ることでよりスペイシーに進化。道脇に綺麗な花が植えられた舗道を散歩するような、そんな朗らかなメロディに心も溶ける「Camillie Leon」はCarmen RodgersとMarcus "Mav Traxx" Robertsが共同制作。70〜80年代のStevie Wonderを思わせるピースフルで温かなトラック、優しく微笑むような歌声に思わず心がほっこりしてしまいます。「Make Away」はSymbolyc OneことS1が制作を担当、これがプラネタリウムばりに満天の星空なキラキラしたスムースミッドでたまらなく素晴らしい(溜息)。小さな宇宙船が広大な青い宇宙をすーっと進行するような感覚、途中でまるで惑星と交信するようなバチバチとした電子音が弾けるのも、ちょっとした刺激になってピリピリとクール(昇天)。スルスルとしとやかなストリングスで始まる、Daniel Jones制作のドラマチックなバラード「Charge」はもう悶絶するしかありませんね(失神)。夜露のようにしっとりと潤った輝きを放つトラックは優麗そのもので、湿り気のある夜風のような艶かしいこのトラックは極上そのもの(失神寸前)。しかもここでは客演にAnthony Davidが参加しており、息遣いに近いそのシルキーな歌声でスルスルと鼓膜を包み込んでくれる快感と、それにそっと寄り添う様なCarmen Rodgersの可憐で吐息に近い柔らかな歌声との融合が素晴らしいんです(感動)。キュルキュルと擦るスクラッチとピカピカと点滅するシンセサイザーの飛び交いが綺麗な「Heartless」はDeonis "Pumah" Cookが制作を担当、昔のThe Neptunesのようなプラスチッククールなトラックは気分転換で、本作の良いアクセントになっています。そして本格的なソウルシンガー然としている様に感じたCarmen Rodgersも、こうして聴くとライトでソリッドな感覚も持ち合わしたR&Bシンガーなんだと痛感したり。Carmen Rodgersが制作したピアノスタンダードなナンバー「Intermission Music (Interlude)」では、ピチョンピチョンと滴る水滴のような儚げでウェットなヴォーカルが鼓膜に漲ります。続く「Patience」はEmie Gが制作を担当したエモーショナルで色彩豊かなスロウチューンで、こうして聴くとCarmen Rodgersの歌声は色とりどりに飾られた花束のように鮮やかで、それだけで気持ちを晴れやかにしてくれるのです。かと思えば、これまたボスンボスンと打つ空気砲みたいな打ビートが効いた、真空的空虚な響きを持つDeonis "Pumah" Cook制作のシャキシャキ尖鋭ミッドチューン「Not Sure」なんかも飛び出すから侮れない(策士)。Champion Music制作の「Stay」は古き良きソウルを再現したような、ストリングスのさらさらした音色とふくよかで芳醇な香り、そしてゆっくりじっくりと旨味を濾すように鼓膜を流れるCarmen Rodgersの甘美なヴォーカルがお見事です(酔痴)。Carmen RodgersとClaudia Meltonが共同制作した壮麗な飛翔バラード「Love Stories」も、マイナスイオンがたっぷりで浄化作用抜群な神々しいトラック&ヴォーカルで気持ち良いんです(昇天)。最後はCarmen Rodgers制作の「Intermission Music (Outro)」は、これまたStevie Wonder的な電子鍵盤音がグニュグニュと鳴る冒頭に、ベースとビートの効いた洒落たグルーヴに繋ぐナイス曲。

アルバムタイトルの通りに、宇宙に浮かぶ星々を線で繋いでメロディにした様な天文学ソウルといった具合。しかし歌える(巧)、だからすんなりと鼓膜に浸透する素敵なアルバムです。正統派なソウルでありながらも、どこか宇宙的な神秘さも兼ね備えた正確な一枚。結構、ネオソウルっぽいタッチだと僕は思うんですが、そういう中でもどこか特殊素材な音も薄く貼ってある隠れ技巧派でナイスでした。とりあえず、Anthony Davidが客演した「Charge」の一曲狙いで購入しても損は無いでしょう(断言)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment