RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

「Furious 7: Original Motion Picture Soundtrack」
pqpcw6p1i72u7mkqpyqu.png

大人気映画『ワイルドシリーズ』の最新作のサントラ盤、『Furious 7: Original Motion Picture Soundtrack』を御紹介。それこそ初期の作品なんかは観てるんですが、『Tokyo Drift』からはもう全く観ていないというのもあって、サントラ盤も結局それ以降は買っていない状態でした。主演しているPaul Walkerが不慮の事故により急逝したことで、撮影中だった最新作『Furious 7』も一旦は撮影が休止になっていました。しかし、ほぼ半分撮り終えていたPaul Walkerの演技を無駄にしないよう、脚本も変えて撮影再開、現在は劇場公開もされております。そんなPaul Walkerへの哀悼の意も込めて、このサントラ盤は購入する事に決めました。映画の方も劇場へ足を運んで鑑賞したいのですが、小さな息子と妻を置いて自分だけでは気が引けるの断念(笑)。
それではサクサクとくだらない感想を書かせて頂いて・・・・・・まずはKid Ink、Tyga、Wale、YG、Rich Homie Quanと現代の人気若手MCが集結した「Ride Out」で幕開け、制作はSermstyleなる人物が制作。ギターリフがひらひらと鳴るトラックは灼けたアスファルトの様な、沸々とした熱気を漂わす硬直チューンで、だからこそ塊となって繰り出すそれぞれのラインが映える一曲で、全員のキャラが立っていて飽きはしない(こうなるとKid Inkさえ立っているのだ)。Lil' C & 6 Mileが制作した「Off-Set」ではT.I.とSlim Thugが共演、ザクザクと切り立ったごつめアッパーにはT.I.だけで充分だった気もしますが。Frank EとAndrew Cedarが共同制作したBang La Decks「Utopia」をサンプリング使用の、エキゾチックな熱波アッパー「How Bad Do You Want It (Oh Yeah)」では、Chris Brownの秘蔵っ子(?)のSevyn Streeterが登場。バチンバチンとはち切れる様な電子音が炸裂するEDMながら、ネタのトラディショナルな熱帯アレンジが効いていて面白く、Svyn Streeterの鮮やかな歌声も一緒にスプラッシュします(共鳴)。The Fatherstonesが制作した「Go Hard Go Home」では、Wiz KhalifaとIggy Azaleaという面白い共演。ガス漏れのようなブピブピ鳴らす点滅トラックはなかなか中毒性が高く、二人のメロディを巧く利用したラップもなかなか。Frank EとAndrew Cedar、A-Deeが共同制作(Vocal Prod.にはEdwin "Lil Eddie" Serrano)の「My Angel」ではPrince Royceが登場、メランコリックなギターがポロポロと零れるラテン風味な刹那ミッドに、Prince Royceの甘酸っぱくオリエンタルなトロトロヴォーカルが淡く乗っかる一曲。そして本作からの特大ヒットとなっているのが、Wiz KhalifaとCharlie Puthが共演した、しんみりと切ないバラード「See You Again」。Frank EとCharlie Puth、Andrew Cederが共同制作のピアノ鍵盤と部族的ビートの効いた、乾いてひび割れた大地からじわじわと水が湧き出てくるような、そんな壮大で勇壮な一曲。ほっこりと温かく柔らかなWiz Khalifaのラップと、Charlie Puthの儚げなファルセットの混じり合いも見事。Juicy JにKevin Gates、Future、Sage The Geminiという男臭く無骨な面々が揃った「Payback」は、僕的に本作の最重要曲で決まり。The Futuristics制作の今にも焦げそうな程に熱されたざらついたハードなロックチューンも最高にクールですし、今にも火を吹きそうな不安定な銃火器のような鋭く殺傷力の高いマイクリレーは鳥肌モノの格好良さ(震)。David GuettaとKaz Jamesが共演した「Blast Off」は、エレキギターのバリバリと電撃の走るメロディが脳天を直撃する所謂EDMアッパー。J. Balvinに加えてFrench Montana、Nicky Jamが参加したレゲエジャム「Ay Vamos」や、Flo RidaにSage The Gemini、Lookasが参加した「GDFR (Noodles Remix)」と灼熱系の連なりは続きます。もともと単独でロングヒットしていたDJ SnakeとLil Jonが共演した、目がしばしばする程にスパイシーなアラビアンEDM「Turn Down For What」は、こういう形で聴けるのは美味しいオマケかなと。最後を締めるのはJ.R. Rotemが制作したピアノバラード「I Will Return」、Skylar Greyがいつものごとく氷雨の降りそうな曇天ヴォーカルで冷たく歌い上げます(寂寞)。最後にはボーナス曲としてFamous To Mostなるグループの「Whip」も収録、The Real Hasani制作のビヨビヨと多変形する破裂アメーバチューンも面白いし、ぶっ飛んだクレイジーなマイクリレーもなかなか美味。

うーん、物足りないかな。やはり初期の二作には勝てない、僕が歳を喰ったせいかな。映画にせっかくLudacrisとTyreseが出ているのだから、二人の共演曲とかがあったら面白かったのに(高望)。サントラとしては平均以下の仕上がりな気もしますが、映画の方はきっと面白いだろうから観たいなー。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment