RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
46位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Action Bronson「Mr. Wonderful」
wonderful.jpeg

N.Y.はQueens出身の白人巨漢MC、であり美食家のAction Bronsonの通算三作目となる『Mr. Wonderful』を御紹介。美食家と書くと語弊があるかもしれませんね、彼は元シェフという経歴も持つ男で、そういう意味でもきっとグルメだろうと推測した訳でして(でないとこれほど太らないのでは)。美食家の探偵ネロ・ウルフというのもいまして、ミステリ好きの僕としてはそういう経路からも気になっていた逸材です。ちなみに彼の料理の腕前はあちこちで取り上げられ企画化されているので、気になる方はこちらの動画で料理の腕前を御覧になって下さい。とまあMC以外の事ばかり書いていますが(笑)、MCとしての力量ももちろん折り紙付きで、XXLの人気企画“XXL 10 Freshman”に2013年に選出されております。三作目と書きましたが、メジャーリリースとしてはこれがデビュー作となる模様です。
それでは粗末ではありますが感想を書かせて下さい・・・・・・まずは最近また話題のMark Ronsonが制作の「Brand New Car」でド派手にロケットスタート、ここではBilly Joel「Zanzibar」をサンプリングしたギザギザ使用なファンクチューンが大味なジャイアントスウィング感に繋がっていて、Action Bronsonの鼓膜をスクラップしそうな圧のあるラップを後押ししています。続く「The Rising」はStatik Selektahが制作を担当、Irv Brockington「When I Rise」をサンプリングしたドスバスと金属ビートを叩き込む鉄鋼チューンに乗っかり、直列六気筒なパワフルラップが百馬力で押し切ります(圧迫感)。「Terry」はベテランのThe Alchemistが制作を担当、サンプリングにはThe Emotions「I Like It」やBill Withers「Let Me In Your Life」などを同時使用。The Alchemistらしい錆びた感触のヴィンテージチューンはやはり渋味のある格好良さで、キュルキュルと擦り切れ音を奏でるスクラッチもナイス。甘ったるく伸びやかな蜜味メロディが血糖値を上昇させ、ここにカラメルを焦がしたようなAction Bronsonのラップが緩やかに絡まるのが心地良い。終盤には突然と宇宙空間へと放り出すブラックホール的なトラック転調が出現、これが次の曲へのスライドを上手く機能させていて、こういう細々した仕掛けがあるのも憎い(鳥肌)。逆再生のような不気味でダークな混濁シンセが蠢く「Actiin Crazy」はNoah "40" Shebibが制作を担当(Co制作にAntoine "AudioBLK" Baldwin)、サンプリングにはMr. Vegas「Heads High」を使用。これはAction Bronsonのブオオオウッと火を吹き出す曲芸師のようなラップが、暗黒空間たるトラックを裂いて瞬くのが素晴らしく毒々しい。Meyhem LaurenとBig Body Besの二人が客演参加した「Falconry」は再びThe Alchemistが制作を担当、シンプルに鍵盤を叩いて瓦礫チックに積み上げてゆく荒削りなラップは肉体派なAction Bronsonにはとってもお似合い。クライムムービーよろしく、ブルージーな芳醇トラックに乗せてファンキーに唸り歌う「City Boy Blues」はなんとあの88 Keysが制作を担当(Co制作にParty Supplies)でサンプリングネタにはKraan「Luftpost」を使用。喉を灼きそうな程のアルコール度数のトラックは高純度のブルースでカッコ良いし、ガッツリと歌っているAction Bronson(Feat.のChauncy SherodはAction Bronsonのオルターエゴか?)も味が合って結局はセーフの出来映え。Party Suppliesが制作し、彼とBlack Atlassが揃って客演した「A Light In The Addict」も、引き続きブルージーな趣でたまらなく渋い。雨樋を伝った雨がビチャビチャと地面に落ちる背景に、氷雨のような細く尖った鍵盤音が悲しげに潤んで鳴るトラックも最高だけど、それに乗せてAction Bronsonのびしょ濡れでも燻る煙草の吸い殻のような煙たいラップが最高にイルなんです(痺)。またもやMark Ronsonが制作を担当した「Baby Blue」では、若手実力派のChance The Rapperが客演で参加。いかにもMark Ronsonらしいシンプルでキュートな鉄板ソウル展開なトラックも良いし、マッタリとしたAction Bronsonのバター的旨味のラップもお似合いで美味、と思えばサックリとポップコーンのように細やかに弾けるChance The Rapperの甘いラップも加わって鉄壁の仕上がり。Artischock「Es Liegt Was In Der Luft」なる曲をサンプリリングした「Only America」は、再びParty Suppliesが制作&客演を担当。これもアメリカロックの王道な激烈なメロディが痛快ですし、まるでプロレスみたいに聴き手の鼓膜を卍固めするAction Bronsonにタップだし、Party Suppliesのファルセットでナヨナヨっと浮き上がる歌フックも面白くてキャッチー。またまたThe Alchemistが制作を担当した「Galactic Love」はベース弦の宇宙的グルーヴと銀河のように瞬く黒と青のメロディ、奥行き広がるJazzyなトラックに乗っても違和感の無いAction Bronsonの無重力なラップもナイスクール。「The Passage (Live From Prague)」なんかを聴いても、Action BronsonがステレオタイプなMCでないのが分かって、一度ライブを拝見したいという気持ちに駆られます(興奮)。最後はParty SuppliesがMazhar ve Fuat「Admiz Miskindir Bizim」をサンプリングした、ハードボイルドなクライムムービーのサントラの様な「Easy Rider」で幕切れ。地平線の見える荒涼とした枯れた大地をハーレーでひた走る様な開放感と重量感、砂埃を上げて突き進むパワフルでスモーキーなAction Bronsonのラップと、この見事なマッチングはAction Bronsonにしか出来ない芸当と言えます(拍手)。

確かにGhostface Killahにも似た声質と迫力(圧力)、でもきちんとAction Bronsonの確固たるキャラが確立されているから、結局は全然の別物で御座います(当然)。グシャブシャと溢れ出す肉汁のような熱いラップが要ではあるのですが、そんな脂っこそうなラップをさらりと味わえるようにしたトラック群(ソース)がやはりまたナイスです(満腹)。ルックスのインパクトだけでないキャラクター、華麗なるメガトンパンチ連打が炸裂する痛快作、グッジョブで御座います。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

ブログは見に来て頂けてるだけで
感激です(涙)

Queenさんのこのブログの紹介で私すっかりアクションブロンソンのとりこになってしまいました。ルックスのせいで今までキワモノラッパーのイメージで食わず嫌いしてたのですが,baby blueいいですね。スキルも確かで好感触。

客演のChanceの低レベルな女の子に逆襲リリックも好きです。いつもの「あっ!」っていう奇声も一回だけでしたし。


そして!!!!!紹介してくれた「thanks giving 残り物でお料理」動画にはまり,ひたすらyoutube でアクションブロンソンお料理動画を見まくる新しい趣味も出来,ブログの更新もままならない状況です。

かにこさん、すみません!
本当にコメント頂かないブログだもんで、貴重なコメントを頂いているのに、気付かないままでいました(涙)。
Action Bronson、僕もなんだかイロモノな感じで見ていたんですが、アルバムを聴いたら思いの外カッコ良くて、結構リピートで聴いていました(笑)。
料理の動画とかも可愛いですよね、かにこさんのブログのプロフィール写真もAction Bronson仕様になってましたね(笑)!

Leave a Comment