RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

NehruvianDOOM「NehruvianDOOM」
f0bd5d9349e99e0b89a95e8611308ba1.png

Bishop NehruとMF DOOMによるコラボユニット、NehruvianDOOMによるデビューアルバム『NehruvianDOOM』を御紹介。New York出身の弱冠18歳のBishop Nehruは、あのNasにも注目され、彼の率いるレーベルMass Appeal Recordsとの契約も勝ち取った新進気鋭の逸材。Mass Appeal Recordsといえば、最近ではFashawnの新作をドロップしたばかり、Nasがなかなか本気でビジネスしていますね。そんなBishop Nehruとコラボを組むのはMF DOOM、アングラ界が誇るあの鉄仮面MCです(以前に紹介したのはJneiro JarelとMF DOOMのコラボ盤)。この両者のコラボはRap好きからすれば正に垂涎モノ、キャリアではかなりの差があるように思えますが、その成果はいかに。ちなみにこのイカしたジャケットを担当したのは、Ghostshrimpで御座います。
それでは気になる内容を思うままに書いていきますと・・・・・・まずは全曲の制作は、MF DOOMが一手に引き受けているのは当然のこと。まずは、瓦礫チックな錆びた硬いサウンドが聴き手の鼓膜をツンツンと刺してくる「Om」、ゴツゴツとした荒廃したトラック上をBishop Nehruのマッタリとクリーミーなラップが柔らかに流れるのがなんだからこそばゆくもカッコ良い。MF DOOMの濃厚で灰汁の強いフックはピッタリ似合ってて、この曲の強度と衝撃をジワジワと高めます。パリッとした金ピカホーンのパチパチ弾くような音色がアクセントになった「Mean The Most」もオシャレ、それこそ発酵食品のように酸味のあるBishop Nehruのラップがフワフワと泳ぐのが心地良くてナイススムース。ボツボツと黒いビートが降って来るモノクロソリッドなミッド「So Alone」も、なんとも乙な味わいでもはや侘び寂びの世界観。深く沈むビートにギャラクティカルなトラックが甘ったるく流れ、その中を自由気ままに無重力ラップで遊泳するBishop Nehruの脱力感にこちらもつられてリラックス(骨抜)。ベース弦が低くウネウネと蠢き聴き手の鼓膜に根深く脈を張り、警笛のようなホーンがあちこちで噴出される「Darkness (HBU)」。こういうジャズっぽいノリでゆるく気怠くスウィングされると黄金期のATCQを思い出してしまってヤラレますね、ネッチリとへばりつくような粘着質サウンドも最高にイル。コロコロと転がる木琴音とどこか刺々しい鉄骨チューン「Comin For You」。まるで蜘蛛が巣を張るように、淡々と緻密に綿々と紡がれるBishop Nehruのラップで、聴き手は雁字搦めで逃れられなくなってしまいます(堕落)。冒頭のMF DOOMの、こもったフゴフゴガブガブと聞こえる怪物のようなMF DOOMの野太いラップがたまらなくド渋い「Caskets」も、ファミコンみたくのっぺりとした(いい意味で)チープなシンセがベタベタと明滅し連なるエレクトリカルなアッパー「Great Things」も、ダサい寸前ながらもBishop Nehruの落ち着いた甘酸っぱいラップで引き締まっていて結局カッコイイ。最後を飾るのは「Disastrous」もなんともカビ臭くてどこか甘酸っぱい、レトロソウル風味なトラックに絡む二人の太細対比なラップの絡み合いが面白くてグッド。

MF DOOMらしいソウル趣味で鉄管チックに硬いサウンドに、キャラメルのようなマッタリしたほのかな甘さと、チーズのような酸味が混じったBishop Nehruのラップがふんわりと溶ける感じがなんとも美味。New Yorkっぽい出自も感じさせるこの風合い、聴かないのは損かと思います。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment