RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Estelle「True Romance」
estelle-true-romance.jpg

英国出身ながらアメリカで大成功を収めたシンガーソングライター、Estelleの通算四作目となる『True Romance』を御紹介。Estelleは自主レーベルであるStellar Entertainmentsを設立しデビューアルバムをリリース、これが業界人の目に留まりメジャー契約を獲得。その後あのJohn Legendとの契約も勝ち取り、全米デビューを果たしたというシンデレラガールで御座いますね。シンガーでありながらラップも駆使するなどの両刀使いも彼女の持ち味で、次世代のLauryn Hillとなるかとも目されていた(かもしれない)逸材。
それではどんな内容に仕上がっているのか気になるので・・・・・・まずはKeith Harrisが制作を担当した「Time After Time」でスタート、軽やかに繊細に散る鍵盤音と、そんな鍵盤音を震わせる特攻型の強ビートの応酬がクール。フックになっている怪物声での“ゆーみーあーゆー♪”の連発も面白いし、こういう泥臭いトラックに澄んだEstelleの声が強烈にアタックするのも良い。「Conqueror」はSharif "Reefa" Slaterが制作を担当、ゆっくりじわりと開花するような甘く華やかな純白チューンで、一気に躍動する鮮烈な白と淀みのないEstelleのヴォーカルが飛沫を上げてスパークするのが気持ち良い(昇天)。Donna Summer的にディスコダンスアプローチが痛快な「Something Good / Devotion (Passion Interlude)」はD. Smithが制作を担当、電子鍵盤とボコボコビートが乱打され跳ねる前半部分と、そのボコボコビートのみ引き継いでダークな空間で振動と踊る後半部分の二部構成。続く「Make Her Say (Beat It Up)」もD. Smithが制作を担当、民族音楽的な沸々と底辺から込み上げる様な煮沸ビートを主軸にやたらと空間の目立つトラックだからこそ、Estelleの囁くような呪術ヴォーカルが映えてよりシャープに聴こえます。ドロドロなスクリューを用いたぬかるみミッド「Time Share (Suite 509)」はCraig BalmorisとJulian Nixonが共同で制作、これだけ胃に重たくなりそうなトラックでもEstelleのフェザータッチな歌声が乗るとスッキリ感があります。Keith Harrisが再び制作を担当した「The Shame」は曇りガラスを透かして見るような、そんな色彩の滲んでぼやけたブルージーなメロディに、Estelleの憂いを帯びた淡白なヴォーカルがふわふわと舞い落ちるセピア調のミッド。ゲコゲコ鳴くようなギロった声がインパクトのある亜熱帯ミッド「Fight For It」はD. Smithがまたもや制作を担当、マイナー調のメロディがどこか影のある薄色なEstelleのヴォーカルとじんわりと混合して馴染んでいます。ソウル曲の45回転早回しみたいな甘美で煌びやかなトラックが華やかな「Silly Girls」はJ.U.S.T.I.C.E. Leagueが制作を担当、これはこれまでのEstelleのクラシカルな路線を踏襲した安心の仕上がり。「Gotcha Love」はDarhyl "Hey DJ" Camperが制作を担当、ロンドンの煉瓦を敷き詰めた並木道を散歩するような上品で滑らかな、晴れやかなソウルチューンでEstelleの優しい歌声にウットリ。Sharif "Reefa" Slaterが再び制作の「She Will Love」はレゲエ風味なトロピカルチューン、まあこういうのは一曲あるぐらいは幅が広がるか(懐疑的)。最後はJosiah Bell制作のピアノ伴奏曲「All That Matters」で〆、Estelleのミルクティーみたいな可憐で甘いヴォーカルが心地良く響く、春の日和みたいな温かなスロウ。

正直、僕はそんなEstelleって好きじゃないんですよ(暴言)。なんだか声質や上手さが中途半端に感じたりして、聴いていてもどかしくなるというか。ただ、本作はとっても攻めていてなかなかトリッキーでカッコイイ。ただ、まあもっと王道な美曲があっても良かったかなというのも本音かも(惜)。彼女の四作中(そう、そう言いつつも全作持って聴いている訳で)で最も面白いと僕は感じました。そこでブログを書く前に、これを機に遡って彼女の作品を聴いたりしてたんですが、やっぱり秀逸な楽曲も多くて謝りたい気持ちで一杯になりました(遅)。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

ちょっと読んでない間に色々更新されてる!たいへん!笑 私はエステル好きですけど笑、二曲目になんであの壮大なバラードなんだろ〜ラストでもイイ〜と思ったり、、、わーとりあえず更新されまくってたので読ませていただきますねーー!/(^o^)\
@matichel さん、いつもお世話になっています!
そうなんです、ちょこちょこ更新していました(笑)。
Estelle、お好きなんですね、というか普通はみんな好きですよね。僕が少々、変わり者なんでしょうね(苦笑)。
今作は歌モノだけど中々トリッキーで、もう完全にラップも封印していて、そういう意味じゃラップもして欲しかった気も。

これからも、暇を見つけて更新しようと思っていますので、時間潰しにでもどうぞ宜しく御願いします!

Leave a Comment