RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Ne-Yo「Non-Fiction」
ne-nonfictn.jpg

2000年代のR&Bを代表するシンガーの一人、Ne-Yoの通算六作目となる『Non-Fiction』を御紹介。Motown Recordsの重役に就任してから放った前作『R.E.D.』が素晴らしかったNe-Yo、その前作は僕の選出した2012年のR&B盤の第五位にランクインしたほどでした。セールス的にはデビュー時よりかなり減少しているでしょうし、デビュー当時ほど話題にもならなくなった感がありますが、こうやって次の作品も出せているから上等です。
それではちょっぴり感想を書いてみますと・・・・・・まずはNe-Yoの語りから始まり、そのままDarhyl "Hey DJ" Camper Jr.制作の「Everybody Loves」で幕開け。うっすらと霧が晴れて視界が明るくなってゆく様な、ミストメロウなトラックで湿めやかに妖しくスタートします。Schoolboy Qが客演参加した「Run」は、Dwane "Key Wayne" Weirが制作を担当。ハアハア喘ぐ吐息をビートに見立てて、暗色で深淵な混濁メロディを湛えるマイナーミッド。これぞNe-Yo節なスッキリと澄み切った。白いレース地で出来た正統派なジェントルR&Bチューン「Integrity」。制作は再びDarhyl "Hey DJ" Camper Jr.で、客演にはCharisse Millsが参加し美しいオペラの歌声を終盤に漂わせます。底まで見えそうな程に透き通った水面に延々と広がってゆく波紋のような、綺麗な規則で潤いを供給する「One More」はGlass Johnが制作を担当。このポワンポワンと水泡のような細やかに弾けるNe-Yoのヴォーカルに、客演参加のT.I.の甘くてセクシーでシャープなラップは滑るのがまたナイス。ベタな組み合わせながらこんなにも相性が良いのかと驚いてしまう、Pitbullとの明け透けなEDMポップ共演曲「Time Of Our Lives」。制作はDr. LukeとCirkutの御馴染みコンビで、ザクザクと波打つ電子音のビッグウェーブをサーフする二人のエッヂーなヴォーカルでテンションは徐々にアップせざるを得ない(悔)。David GuettaとGiorgio Tuinfortが共同制作した「Who's Taking You Home」もNe-Yoにバッチリお似合いで、アルミニウムのように薄く柔らかに曲がる金属的メロウで、スーッと流線形のメロディ上を爽やかに疾走するNe-Yoのヴォーカルが美味。「Coming With You」はNe-Yoの名相棒であるStarGateが制作を担当、StarGateらしいクリアで鮮やかな炭酸系の爽快アッパーで、Ne-Yoの発泡性のある酸味のあるヴォーカルがハジけていてやはりグッド。またもやDarhyl "Hey DJ" Camper Jr.が制作の「Take You There」は、昔ながらの甘くしとやかなメロディラインを、無駄を削ぎ落としたシンプル素朴なトラックに仕上げたクラシカルスロー、Ne-Yoの甘酸っぱい歌声が活きています。「Good Morning」はNe-Yoの右腕とも言えるShea Taylorが制作を担当、起き抜けの体みたくなだらかにエネルギーが循環するような伸びのあるメロディと、早口ですり抜けるNe-Yoのフックが妙味。「Make It Easy」はまたまたDarhyl "Hey DJ" Camper Jr.制作、Ne-Yoの柔らかく温かなコットンのようなヴォーカルがふわふわ駆けるスウィートなメロウチューン。Billy Davis Jr. & Marilyn McCoo「Nothing Can Stop Me From Loving You」を下敷きにした渋味のある哀愁ミッド「Money Can't Buy」はDJ Montayが制作(Co制作にJaytez & D Lumar)、これはもうJeezyが客演しフックを引っ張る事で異様なまでの格好良さを発揮していますね(燻銀)。「Religious」はまさかのDavid Bannerが制作を担当(Co制作をMono Poly)、やはりここはDavid Bannerらしいホーンとビートでドシンドシンと進行する、溜めの効いたミッドになっていて面白いですね。Dr. LukeとCirkutが共同制作した「She Knows」ではJuicy Jが客演、ブビブビ鳴らすスパイシー部分はJuicy Jと呼応し、Ne-Yoが砂糖小さじ一杯で微調整をかけている辺りがナイスか。「She Said I'm Hood Tho」はShea Taylorが制作、客演にCandiceを招くもどうも不発に終わった一曲で残念。そういう意味では、同じShea Taylorが制作でも「Story Time」は、Ne-Yoの魅力が存分に発揮されるアコースティックギターをかき鳴らす一曲で、優しくささやかなトラックでほんのりと心に沁みます。「Why」はStacey "S.O.S" Owensが制作を担当したダークオーケストラといった一曲で、Jesse "Corparal" Wilson制作の「Congratulations」はNe-Yoにしか出来ないキラキラ煌めく繊細R&Bといった感じでグッド。国内盤にはこれらに加え、三曲のボーナス曲が追加されています。まずはJesse "Corparal" Wilsonが制作の「Worth It」で、硝子繊維で出来た様な科学的な透明さと繊細さを備えた、透明度の高い流麗エッヂーな一曲。「Body On You」はDarhyl "Hey DJ" Camper Jr.制作なんですが、これがもうネオソウル(フィリーソウル?)をNe-Yo流にアレンジした様な昇華技でたまらなく素晴らしい(興奮)。柔らかなオルガン鍵盤の音色にゆったりと気を抜いたNe-Yoのまろやかなヴォーカル、これってNe-Yoの新機軸な感じがしてボーナス扱いは勿体無い気が。最後は国内盤のみとなるボーナス曲「Ballerina」、制作はJesse "Corparal" Wilsonが担当。これもNe-Yoらしいピアノ鍵盤の繊細で脆いメロディを基調とした切なくドラマチックなスロウで、ヒラヒラと弱々しくも華麗に舞うNe-Yoの甘美なヴォーカルが魅力的です。

うーん、悪くはないんだけど、ちょっと詰め込み過ぎな気がしますね(冗長)。コンセプトと言い音と言い、実験的なアプローチが多いのだろうけれど、そういう意味ではPitbullやDavid Guettaと絡んだベタなポップチューンの時が、Ne-Yoが活き活きしている様に感じてしまったかも(残念)。それとボーナス扱いにされた三曲も、Ne-Yoにしたらもう擦れっ枯らしなので外したのかもですが、僕としてはNe-Yoらしく感じられてかえって好感触でしたし。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment