RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Will Downing「Chocolate Drops」
choco-drop-cd-cover-copy.jpg

ソウルとジャズの二刀流で長きに渡り活躍する大ベテラン、Will Downingの通算ニ十一作目となる『Chocolate Drops』を御紹介。これだけ息の長い、しかも作品数の多いWill Downingですが、僕は本作を含めたったの5枚しか持ってなくて聴いていません(悲)。中古屋で運命的に出逢い買うのが僕の主義なので、そういう意味ではなかなか出逢えないのがWill Downingなんです。つまり、持っている人は彼の作品を手放さないのだと思います、それぐらいにWill Downingの作品は素晴らしいものばかり。前作『Euphoria』は気になりながらも当時は品切れしていて買えず終いで、それからたった一年でこうして新作を聴けたのは嬉しい限り。前作もですがWill Downingは自身のレーベルより作品をドロップしているんですね、自身の思いのままにリリースできるよう買います(資金援助)。
それでは力不足ながら素敵な内容をお届けします・・・・・・まず本作はほぼほぼWill Downing自身が制作を担当しておりまして、まずはその楽曲群から御紹介します。ドリップして淹れた珈琲のような、艶っぽいブラックな輝きとビターな香りが立つドラマチックなスロウジャム「Never Say No To You」はChris "Big Dog" Davisとの共同制作。ほっと一息つかせる(そして思わず呻いてしまう)曲線的な甘美メロウチューンに、Will Downingのそっと背後から抱き寄せるような、ふくよかで滑らかタッチなヴォーカルでもはや失神寸前。「Till U Come Back」もChris "Big Dog" Davisとの共同制作、ほんのりと電光チックに瞬くシンセがドリーミーで眩くさせるアクセントになっていますね。まるで夜空にチラチラと小さな星が無数に瞬くような美しさ、Will Downingの優しく温かい歌声に包まって星空を見上げているような感覚になります(夢想)。蚕糸を優しく繊細に紡ぐような、キメの細かいバラード「Let's Get Closer」はWill Downingが単独で制作。シャラシャラ鳴るキラキラ音はまるでショコラケーキに粉砂糖をまぶすみたい、途中で鳴り響くウェットに煌めくホーンの鳴りがまた琴線に触れて昇天確実です。夜風のように静かにそっと吹き抜けるWill Downingのヴォーカルがなんともロマンチックで、真夜中に恋人と愛し合う時に聴けばじわじわと絶頂を迎えることが出来る最高のハニーチューン(蜜味)。メランコリックなギターの爪弾きが官能的な「Deep As The Ocean」、海洋深層水ばりのミネラル豊富で透明度の高い流麗曲。中でしっとりビターなチョコがとろけるブラウニーみたいなビタースウィートさもあり、後半ではストリングスも入ってアルコール度数もちょっと高めで大人な味です(高級品)。本作のひとつのハイライトと言えるのが、あのWhitney Houstonの絶品カバー(しかし元はこれもカバーで、オリジナルは/Marilyn McCoo & Billy Davis Jr.)の「Saving All My Love」でしょう(痙攣)。Whitney Houstonほど縋るような(真に迫った)歌い方ではなく、優しく切なく悲しげに、涙を浮かべて残念そうに微笑むようなWill Downingのヴォーカルにただ胸を強く打たれます(号泣)。最後を飾っている「Does Your Momma Know About Me」は流星を掴むような優美な子守唄ソウル、これを聴きながらならば不眠症の方も熟睡できること必至。あとは、たっぷりの生クリームをホイップして乗せたような、ふわふわした柔らかさと甘さが美味のスウィートミッド「This Song Is For You」はChris "Big Dog" Davisが単独で制作を担当。「Run Away / Fall In Love」はShedrick Mitchellが制作を担当しています。前半部分はさわさわと小さく震える弦音が、胸のときめきやざわめきに共振する囁きミッドで、Will Dowinigの息遣い(とBackground VocalのAaron Marcellus)やコーラスが、後半部分のふくよかで艶かしいホーンでだんだんと意識は遠のきます(昇天)。「It's Real」もShedrick Mitchellが制作を担当、シルキー滑らかな上品メロディにこれでもかと甘いシロップをかける、血糖値をゆるやかに上昇させるクリーミーな一曲でグッドです。

流石はジャズ畑でも活躍するWill Downingで、生バンドの演奏で艶っぽく甘美な時間を届ける(たった9曲とは思えない)濃厚なチョコレート盤で御座います。皆が敬愛するLuther Vandrossの正統な継承者は僕の中でWill Downing(次いでJaheim、かな?)、正統派でスマートなソウルミュージック(でもジャズ的お洒落さもエッセンスとして注入)がここに在ります。とにかく、夜中に真っ暗な部屋で聴きながら横になりたい、のですが七ヶ月の息子と嫁さんもいるので叶いません(笑)。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment