RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
112位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jason Derulo「Everything Is 4」
jason-derulo-everything-is-4.jpg

一発屋かと思いきや、まさかの快進撃を続けるJason Deruloの通算四作目となる『Everything Is 4』を御紹介。誰もがこんなに売れ続けるとは思っていなかったんじゃないでしょうか、僕はそう思っていました(笑)。しかし気付けば四作目、しかも各アルバムでキッチリとヒットを飛ばしているから凄い。そんなに黒く思わせない辺りがいいのでしょうね、聴き易さで言えばズバ抜けていますから。一時期はJordin Sparksと交際していましたが、結局は破局してしまったみたいですね。Jason Deruloがツアーのリハーサルで大怪我をした時も、Jordin Sparksが献身的に看病してたりしてたから、ちょっと残念で御座います。
それでは前置きはこのへんでやめておいて本題に・・・・・・まずは先行シングルとしてヒットしたIan Kirkpatrick制作の「Want To Want Me」で幕開け、これはもう夏に海辺で聴いたら最高に気持ち良いでしょうね(妄想)。ピリピリと微弱な電気を流すように、振動しながら流れる軽妙な電子音が心地良い。サンシャインのようにカッと眩いファルセット混じりのJason Deruloの歌声も相俟って、夏に聴きたくなるスッキリ強炭酸なポップチューンでナイス。真夜中の雨に濡れたアスファルトのような、ギラギラと黒く光るメロディー上をJason Deruloが滑走する「Cheyenne」はThe Monsters & Strangerz、そしてIan Kirkpatrickが制作を担当。なんだか昔のMichael Jackson『Bad』で聴いたような感触、こういうダーク系統のメロディーをも強い発光で鋭くクールに仕上げる辺りが、Jason Deruloの憎いところ。吐息やパーカッションや煽りなんかで、昔のTimbalandを(いい意味で)脱色したような面白さのある「Get Ugly」はRicky Reedが制作を担当。歪に尖ったダンスアッパーで気色悪いの寸前を走るのが乙で、なんといってもフックでの“ゲロリゲロリゲロリゲロリ♪”とギロった呪文が耳にこびり付いて離れない中毒チューン。コブラがうねうね動いて威嚇するような「Pull-Up」は、Cook Classicsが制作を担当。熱波で空気が歪むような変形具合が面白い中近東スパイスの一曲で、単調ながらもJason Deruloのヴォーカルである程度黒くも仕上がっているやはり飛び道具的な一曲。こういうアホっぽいダンスチューンを立て続けにしておいて(けなしてはいない)、突然とK. Michelleを繰り出すという整頓っぷりに悔しくなってしまうのが「Love Like That」。Hitmaka & The Mekanicsが共同制作したヒンヤリと冷たい霧が立ちこめるようなミストミッドで、パリッと張りのある瑞々しいJason Deruloの歌声と、K. Michelleのふくよかで艶かしいヴォーカルの掛け合いが面白い。と思えば、ポッチャリで売れたMeghan Trainorとやらと明け透けにコラボするという、商魂炸裂なコラボをかました「Painkiller」で、またドの付くポップに引き戻すという始末。Johan Carlson制作のヒリヒリとスパイシーなトラックは中々ながら、Meghan Trainorがそこまで上手いとかではないのでとても残念な出来映え。と思いきや、Stevie WonderとKeith Urbanという大御所二人を両脇に固めて演奏させる「Broke」なんかはかなりトリッキー。Charlie Puth制作のこの曲は、どこかEd Sheranを彷彿とさせる作りかも。漂白ポップなメロディーながらも、スカスカと隙間の空いたボムボム弾むトラックは黒そのものだったり。そして上手いのは客演に迎えた二人の演奏の使い方、二人の持つフォーキーでブルージーな風合いを抜群に削いで鼓膜に突き刺します。恐ろしいのはJason Deruloのヴォーカルもで、ファルセット使いながら中盤ではクワイヤ的掛け合いもみせて、Michael Jacksonさながらなのが面白い。Jennifer LopezとMatomaが揃って客演参加したのが、Matoma制作の「Try Me」。甘酸っぱく眩しいトロピカルミッドで鼓膜を爽やかにスプラッシュしてくれる一曲で、Jennifer Lopezが出しゃばらずにおしとやかに歌ってるのが不思議。トラック自体はまぁ普通の出来ではありますが、これを映像化したらさぞかし見応えはあるかなと夢想したり。最近やたら流行りのファンクの風味を彼らしく電光石火仕様に仕上げた、Ian Kirkpatrick制作の「Love Me Down」。これも途中の複雑に回線を張ったファルセットの繋ぎが面白くて、それこそMichael Jackson「Wanna Be Starin' Somethin'」的なガチャガチャと弾けて跳ねる爽快さがある気がしたり。Jason Deruloお得意の白んだ木漏れ日のような、清涼なトラックが穏やかに閃く純白スロウ「Trade Hearts」は@Popwansel & @Oakwoodが制作という事で納得。客演にはJulia Michaelsが参加し、Jason Deruloが光ならば彼女はそれに優しく寄り添う影のような、そんな切なくて細い感触がたまらなく綺麗な一曲で素晴らしいデュエット(拍手喝采)。最後はあのDanjaが制作を担当した完全エレクトロな「XC2U」、Danjaならではな刺々しくてけばけばしいダーティサウンドが消えてしまっているけれど、まあJason Derulo仕様なトラックメイクなのかな。

結局はかなりポップに肉薄した、というよりもう明け透けにポップな作品になっております。しかしながら、どこかR&Bな風合いも混ぜることで、より広いマーケットの獲得に成功しているJason Deruloは一枚上手だなぁと感心するばかり。しかも彼は踊れるから脅威、まあR&Bではもはや無いけれど、それでも買ってしまうのはJason Deruloの巧さですね(苦笑)。しかし、J.R. Rotemとのタッグはもう聴けないのだろうか、レーベルはJ.R. Rotem主宰のBeluga Heightsのままだけど。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment