RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
38位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Jazmine Sullivan「Reality Show」
cover1200x1200-14.jpeg

Grammy Awardへのノミネート回数は裕に10回以上になる、Jazmine Sullivanの通算三作目となる『Reality Show』を御紹介。R&B愛好家の度肝を抜いた衝撃デビューアルバム『Fearless』、そして僕自身も大好きだった2010年の2nd『Love Me Back』と、立て続けに力作を届けてくれたJazmine Sullivan。しかし、その『Love Me Back』発表後に突如の活動休止を宣言、それからおよそ四年間の沈黙を経てのカムバック作品が本作となっております。
それでは早速と本題に入りましょうか・・・・・・まずはKey WaneとSalaam Remiが制作を担当した「Dumb」でスタート、客演にはMeek Millが参加。軍隊チックな固い行進ビートに乗せて、Jazmine Sullivanの少しハスキーで棘のあるヴォーカルが燃え上がる様に響くのが美しい。女性的な艶かしい電子音が漏れ光る、とてもフェミニンなミッド「Mascara」も、制作はKey WaneとSalaam Remiが共同制作。ふくよかな曲線で描く柔らかなメロディはそれこそ女性のボディラインそのもの、Jazmine Sullivanのうっすらと淡く色づいたヴォーカルも優しく耳に馴染みます。「Brand New」は飛ぶ鳥落とす勢いのDJ Dahiが制作を担当(Co制作にBen Free)、逆再生のようなグルグルした電子音が渦巻く練り込みマイナーチューンで、Jazmine Sullivanのタフで太い低音の歌声も効いた面白い一曲。Key Waneが単独制作した「Silver Lining」は、程よい湿度で穏やかでフローラルな香りを漂わす、花園のようなフィリーソウルでほっこりします(和)。ここ最近の英国産ソウル的な風味のする「#Hoodlove」はChuck Harmonyが制作、重厚で気品のあるトラックにドスの効いたJazmine Sullivanのヴォーカルが燻る、香ばしい木炭ソウルといった趣。本作の中で最も好きなのはやはり、Kay Waneが単独した「Let It Burn」。これはあのAfter 7の名曲「Ready Or Not」をばっちりサンプリングした、フルーティな果汁シンセが溢れ弾ける柑橘系ソウル。こういうみずみずしくて甘酸っぱいトラックでも、Jazmine Sullivanの香ばしいヴォーカルは綺麗にシンクロするんだから無敵に近い。妖しげで密教めいた雰囲気の漂う「Veins」、制作はSalaam Remiが担当(Co制作をAnt Bell)。モクモクと煙の漂う抹香と、微弱な放電が交わりあうような不可思議なトラックは、FKA TwigsやLana Del Reyなんかに似た空気感かもしれませんね。Jazmine Sullivanの焙煎された芳醇なヴォーカルが心地良くドリップされる「Forever Don't Last」、Chuck Harmonyが制作したアコースティックギターをじんわりじんわりと弾き語るフォーキーミッド。India. Arie好きにはきっとたまらないであろうこの温暖なソウルチューン、ナチュラルに澄んだ一曲でJazmine Sullivanのヴォーカルはまるで沐浴しているかのよう(原風景)。JoeLogic & Dilemmaなるコンビが手掛けた「Stupid Girl」なんかも、英国寄りのスタンダードソウルといった感じでクール。まさかのDa Internzが制作した「Stanley」は、エレクトリックでサイケデリックな理工学ダンスソウルチューンで、今までこういうのに乗っかるのを聴いていないので新鮮でしたね。「Masterpiece (Mona Lisa)」はAnthony Bellが制作を担当、序盤ではブラコンみたいな壮麗な音の鳴りが、終盤に向けてクワイヤ的な転調を迎える、どことなくMichael Jacksonの「Man In The Mirror」と「Dirty Diana」みたいなテイストを感じる一曲。最後にボーナス曲扱いになっているのが、JoeLogic & Dilemmaが再び共同制作した「If You Dare」、これも英国チックな鋭利さと気品に満ちたアッパーでカッコ良い。

たった12曲しか収録していないのに、この振り幅の大きさ、引き出しの多さに驚き。かなり太ってしまったJazmine Sullivanを見て歌声も変わったんじゃないかと心配していましたが、これまで通りだったのでひとまず一安心。Jazmine Sullivanってけっこう飛び道具な曲が多いというか、意外と様々なサウンドを織り交ぜたアルバム作りしているから凄い。自分も本作は買いながらもずっと聴いていないままだったんだけど、結構良いんです(当然)。あとはJazmine Sullivan、頼むから痩せてくれー(懇願)!




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment