RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: グループHip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Camp Lo「Ragtime Hightimes」
1431708764_c85776d6d1522bb250dc4789e7c01e5c.jpg

Sonny CheebaとEmerald Geechie Suedeによるラップデュオ、通算四作目となる『Ragtime Hightimes』を御紹介。90年代に活躍したCamp Lo、僕も名前ぐらいは知っているのですが、彼らの楽曲となるとサントラに収録されていた数曲ぐらいしか知りません(無知)。そんな名前を知っている程度のCamp Loの数年ぶりの新作ですが、Owen Brozmanによるアートワークが可愛くてまず一目惚れ。次に、あの敏腕ProducerのSki Betazが全面制作というのが購入の決定打になりました。Ski Beatzといえば古くはJay-Z、最近ではCurren$yの楽曲を手掛けたり、“24 Hour Karate School”シリーズなどを監修したりしていますね(復活)。しかし調べてみると、古くはCamp Loにも楽曲提供を行っているみたいで、旧知の仲の様ですね。
という訳で気になっている内容を紐解くと・・・・・・まず先述した通り、全曲の制作をSki Beatzが担当しているので、鉄板の安心保証と言って良いでしょう。凍える風が吹き荒ぶようなハーモニーが印象的な「Black Jesus」、廃墟のように黒く煤けたサウンドが、瓦礫チックに角張りながら連なるエッジーな一曲。トロピカルで甘酸っぱいシンセサイザーがスプラッシュする、瑞々しい光彩ミッド「Sunglasses」なんかはもう眩くて気持ち良い。陽光のように輝く電子音は暖かくてまるでポカポカ陽気、Camp Loの力の抜けたラフなラップの掛け合いも緩やかにカーブを切っていて、晴れた日の海岸線をユルユルとドライブして聴きたい一曲。おどろおどろしく重油みたい音をドロドロ垂れ流す「Its Cold」なんかもイルで、仰け反るように大きく振りかぶるCamp Loのそれぞれの阿吽の呼吸でのラップが面白い。ビートというビートを四方八方へと放射拡散させる連打アッパー「Power Man」は痛快で、ほぼほぼバシバシとひたすた殴打するドラムスビートのみながら、だからこそCamp Lo二人のピタッと並走する疾走ラップが気持ち良く感じてしまいます(爽快)。EDMとは言わないが、光線銃のようにビュンビュン飛び交う電子音の応酬が眩しく鮮明な「Sunshine」も、紺碧の海の波を思わせるアクアブルーなキレのあるシンセに耳が行きがちですが、よくよく考えると主役は堤防にクラッシュした波飛沫のように裏打ちで鳴る鉄則ドラムビートなのです(裏生地)。本作の中で僕が最もリピート率が高いのが、客演の男性シンガーTyler Woodsがほろ苦微糖なヴォーカルを聴かせてくれるR&Bライクな優麗ミッド「Gypsy Notes」。鉄琴のようなポロンポロンと転げて鳴る音色がとびきりキュートなピーチパイ的トラック、Camp Loの気ままに乗っかり流される遊泳ラップがまた心地良いのです(浮遊)。癇癪玉が破裂するようなバチバチと火花を散らすトラックがカッコ良い「Cold Retarded」、有刺鉄線のようなチクチクと棘立ったビートの繋ぎがオールドスクールなノリで、Camp Loの矢継ぎ早に繰り出す連打ラップが鼓膜にクリティカルヒット(必殺)。ローテクに鋳型でバンバンと鉄鋼サウンドを量産してビートを流し込む表裏トラックが厳つい「Award Winning」、こういう無骨でシンプルなのを聴くとやはり武者震いしてしまいます(三十路)。ブラウンシュガーなほんのりした甘味を味わえるカフェインメロウ「Life I Love」はナイス、Camp Loのラップもガツガツというよりはマイルドに溶け込むタイプなので、まるでミルクを混ぜたみたいな良い塩梅。パスパスと空気を含んだライトなビートと、微細に洩れる電光が幻想的で美しい「Bright Lights」もロマンチックで綺麗。ひたすらと“ゆー♪ゆー♪ゆー♪ゆー♪”と連呼するフックが印象的なメロウ「You」、エレキギターを電撃のように鳴らし唸らすロックチューンな「Mean Joe」と地味に良い。最後は僕好みな45回転早回しっぽいソウルフルチューン「Time」、こういう飴で煙るようなしっとり湿ったサウンドも泣けてイイんです。

渋いねー、これはベテランのオジ様でないと出せないコクですね(賛辞)。Camp Loの高低差のあるラップの掛け合いもやはりクールで、聴いていてすんなりと鼓膜に馴染みます。Ski Beatzのトラックメイクセンスも流石で、ベテランデュオの旨味をばっちり引き出しています。結局はこういうシンプルに渋くクールなアルバムこそ、年間Top10とかにこそ入らないものの、長ーく愛され聴くんだろうなと思う三十路の僕でした。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment