RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raekwon「Fly International Luxurious Art」
raekwon-fila.jpg

Wu-Tang Clanの料理人こと、Raekwonの通算六作目となる『Fly International Luxurious Art』を御紹介。強者揃いの特濃MC集団、Wu-Tang Clan、昨年は久々のリユニオンでアルバムをリリースしてファンを興奮させてくれたのも記憶に新しいですね。そんなWu-Tang Clanの中でも、Ghostface Killahと並んでコンスタントにアルバムをリリースしているのがRaekwonで御座います。その燻し銀なライムとトラックチョイスで、今でも最もWu-Tang Clanらしいサウンドを武器にしているのが、このRaekwonではないかと僕は感じています(Ghostface Killahは結構さまざまなトラックに挑戦している気がする)。
それでは早速感想を書き連ねたいと思います・・・・・・まず冒頭の「Intro」からしてJerry "Wonda" Duplessisが制作という力の入れ様、ビートを聴きたかった(悔)。「4 In The Morning」はScram Jones制作、加えてGhostface Killahが客演参加という事で馴染みの面子で特攻します。サイレンや駆け抜ける雑音で構築した殺風景なトラックなだけに、Raekwonの刺々しいカンフーラップとGhostface Killahの焦げ臭くソウルフルなラップが映えます。S1とJerry "Wonda" Duplessisが共同制作した「I Got Money」では、なんだか意外な起用に思われるA$AP Rockyが客演参加。ピアノ鍵盤と木魚のようなポコポコしたウッディなビートが鳴るトラックに、RaekwonとA$AP Rockyの陰影のある冷たいラップが滑るのがクール。She Da Godが制作した「Wall To Wall」は、Stacey Lattisaw「Let Me Be Your Angel」を短くカットしループした一曲。じっとりと湿った伸びのあるフロウでスタートするFrench Montana、冷血で鋭利なRaekwonの的確なラップ、そして最後にBusta Rhymesが登場し縦横無尽に四方八方へとラップを炸裂させるのが面白い。「Heated Nights」はFrank Gが制作を担当しており、これがキラキラとシティライトに揺れる都会の夜みたく流麗でしとやかでグッド。Raekwonの夜風のように涼しげでさらりとしたラップもクールで、この品のある煌びやかなトラックに超お似合い(痺)。再びScram JonesとJerry "Wonda" Duplessisが共同制作した「F.I.L.A. World」、客演には何故だか人気な2 Chainzが参加。ゆっくりと旋回するようなメルヘンなメロディにもたれるし、2 Chainz自体のラップもモッサリしているのでちょっとつまらない。それに引き換えIsaac Hayes「Ike's Mood」とBiz Markie「Make The Music」をダブルでネタ使いした、Scoop Deville制作の「1,2 1,2」は最高にカッコ良い。ズタンズタンとシンプルに叩き込むスパルタなビートと不穏なメロディ、強烈に連打するハードパンチャーなRaekwonのラップと、酔拳のように妖しくよろけながら刺すSnoop Doggのラップの相性は抜群。S1制作の「Live To Die」はZulema「Pity For the Children」をサンプリング、沸々と溢れるシリアスで繊細なメロディに、Raekwonの煙で燻すようなジワジワと焦げ臭いラップが絡むのがカッチョ良いんです(鳥肌)。Jerry "Wonda" DuplessisとSwizz Beatzという鉄壁なコンビでの制作曲「Sound Boy Kill It」では、Melanie FionaとAssassin(懐かしい)が参加。これはJerry "Wonda" Duplessis得意の焙煎風味とSwizz Beatz得意の喧騒シンセと殴打ビートが組み合わさった、ハードコアなトラックでカンフー使いのRaekwonは水を得た魚状態。こういう渋いトラックならばMelanie Fionaの芳醇なヴォーカルもお似合いですし、レゲエシンガーのAssassinのシャウト気味のヴォーカルもバッチリお似合い。Bluerocksが制作でMarlena Shaw「Where Can I Go」をサンプリングした「Revory (Wraith)」は、Rick RossとGhostface Killahというソウルを熟知した面々と燻し銀なマイクリレーを披露。Jerry "Wonda" DuplessisとShama "Sak Pase" Josephが共同制作した「All About You」は、客演にEstelleが参加。黄金色のホーンが鳴る重厚で壮麗なソウルチューンに、斬れ味抜群のRaekwonのラップとドリーミーでしとやかなEstelleのヴォーカルが滑走します。またもやScram Jonesが制作した「Nautilus」はやはりシンプルビートで王道トラック、こういうビートだけ振りかざして突進するようなトラックこそWu-Tang Clan一味の攻撃力を最大限に引き出す事を知っているのです。最後はLiz Rodriguesが客演参加した「Worst Enemy」、制作はMatthew BurnettとDZLが担当。これも乾燥し切った殺伐とした無味なトラックだからこそ、Raekwonの殺傷力の高い武力ラップが活きるナイスな硬質トラックでグッド。

相変わらずの無骨さと硬さ、Raekwonのラップもそうですが、まさに金剛のような仕上がりで御座います(鳥肌)。ド派手な一曲はなかったけれど、新旧のMCをバランス良く配置したのもスマートでナイス。とは言ってもゲストと色とりどり感でいえば、前作『Shaolin Vs. Wu-Tang』には負けるのですが。これがRaekwonのベストだとは言いませんが、それでもやはり他と一線を画す筋金入りの一枚には仕上がっております。今年はGhostface KillahにRaekwon、そして新作発売を控えるMethod Manと、三者のアルバムを一年にまとめて一度に聴けるから嬉しい限り。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment