RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

A$AP Rocky「AT.LONG.LAST.A$AP」
AtLongLastASAPCover.jpg

モデルまでこなす新世代の二枚目MC、A$AP Rockyの通算ニ作目となる『AT.LONG.LAST.A$AP』を御紹介。とにかく現在のRap界を代表するファッションアイコンは間違いなくA$AP Rockyでしょうね、カッコ良いの代名詞と化しています。彼の所属するクルーA$AP Mobの一員であり創設メンバーであるA$AP Yamsが急逝し、彼の面影がそのままジャケットに写っていますね。
では前置きはこれにて打ち切り感想へ・・・・・・まずはあのDanger MouseがLucero「Noon As Dark As Midnight」をサンプリングして制作した「Holy Ghost」でスタート、客演には本作最多出演となる男性シンガーJoe Foxが参加。まるで雨に打たれるような濡れてしんなりしたドラムスと項垂れるような弦音が、ブルージーで煙たい雰囲気を醸し出すミッド。ゆっくりと縺れる寸前のA$AP Rockyの憂いを帯びたラップがこれまウェットで、Joe Foxの白煙のようなヴォーカルとぴったりマッチング。Hector DelgadoとFrans Mernick、それからA&AP Rockyが共同制作した「Canal St.」、客演にはBonesが参加(サンプリングにBones「Dirt」 を使用)。結晶化されたような澄んだ透明な音色が、ゴツゴツと連なり歪な鉱物のような存在感と不可思議な反響を生み出す朦朧ミッド。S.I.K.が制作した「Fine Whine」では、FutureとM.I.A.という濃い客演が脇を固めます。A$AP Rockyのスクリュー使ったラップでまずは泥濘にブクブクと沈んでゆき、しかし、M.I.A.がフックを歌うと途端に沈殿したメロディが消えて透明度が少し増し、最後にはFutureがメロディを含んだフロウでかき混ぜてスッキリと透明な水質トラックへと変化するのが面白い(虜)。トロトロと透明のジェルのような電子音が溢れる、空想世界のような浮遊感のあるトラック「L$D」。Jim Jonsin(御無沙汰)とFNZが共同制作し、Lou Donaldson「Ode To Billy Joe」をサンプリングした、この酩酊感たっぷりのトリップ中毒チューンに、A$AP Rockyが優しくも微睡んだ粘液チックでハイなヴォーカルを添えるのが面白い。逆流性メルヘンとも言うべき悪酔いドリーミーな「Excuse Me」は、Hector DelgadoとA$AP Rocky、Vulkan The Krusaderが共同制作し、サンプリングにThe Platters「I'll Be Home For Christmas」を使用。ピューイーピューイーと上擦って鳴る音色が不穏で、そこに淡々と結合しA$AP Rockyの無機質ラップが点滅する「Lord Pretty Flacko Jodye 2 (LPFJ2)」は、Mario LovingとNesbitt Wesgongaが共同で制作。不気味に蔓延するような煙たいメロディと、木造チックに乾いた固形な音色がポコポコと連なる「Electric Body」はHector Delgadoが制作(Add Prod.にDanger Mouseが参加)。A$AP Rockyの援護射撃をするのはSchoolboy Q、という事でモッサリした感触が増幅していますね。Rasela「Doa Tuk Kekashih」にSmokey Robinson and The Miracles「Much Better Off」、さらにTony Aiken and Future 2000「Who Cares」をサンプリングし、ソウルフルを強制返還させたトロミの付いたメロウ「Jukebox Joints」。制作はChe PopeとKanye Westが共同で、そのKanye WestはJoe Foxと共に客演参加しております。これほどまでにメロウでメロディのある甘美なトラックにA$AP Rockyが乗っかるのは珍妙で、でもかなり格好良くて味があって好き、Kanye Westもこういうソウルフル系統でのモチモチしたラップが懐かしくもあり(笑)。あのDipset所属のMCを歌っているのか分からない「Max B」は、Hector DelgadoとA$AP Rockyが共同で制作し、サンプリングにはBob James「Take Me To The Mardi Gras」を使用。抹香のようなゆらゆらしたメロディと裏腹に、ザキザキと金切音のような金属的な音色がチョップするトラックも、昆虫のように三段階変形するトリッキー仕様で、そんなトラックを背景にかなりゴツゴツと無骨なラップをハードにかますA$AP Rockyは新食感。アメリカロックのエキスを抽出配合したブルージーな「Pharsyde」はDanger Mouseが制作を担当、こういうトロトロと粘度の高いトラックはもう飽きたかも(苦笑)。それよりも思いきりサウスな泥臭いバウンスを纏って突っ込む、Juicy J制作でSyl Johnson「Could I Be Falling In Love」を下敷きにした「Wavybone」の方が渋く重たくカッコ良い(痺)。と言ってもここはやはり南部の重鎮であるUGKとJuicy Jを揃えて召還しているのも大きく、この二組が曲を決定づけていますね。Danger Mouseが制作した宇宙空間のような空虚でだだ広いサウンドがぐるりと広がる「West Side Highway」。A$AP Rockyのゆるゆると漏らすような訥々としたラップ、そこにJames Fauntleroyのじっとりとウェットで甘ったるくセクシーなヴォーカルが鼓膜に絡みつくのが非常に美味でございます。まるで熱して蒸留しているかのように異なる音質が交互に錯綜する、ミステリアスな「Better Things」はFrans Mernickが制作を担当し、サンプリングにBobby Coldwell「Carry On」を使用。「M'$」はDa Honorable C.N.O.T.E.が制作(Co制作をMike Dean)を担当し、所々に2 Chainzのヴォーカルを散りばめた歪曲チューン。この捻じ曲がった泥酔チューンに合わせてA$AP Rockyも変幻自在にラップスタイルを変えるのですが、やはりLil Wayneの爬虫類めいた強烈にして奇天烈なラップにガッツリ捕食されてしまっていますね(惜敗)。Python Lee Jackson「In A Broken Dream」をサンプリングした「Everyday」はMark RonsonとEmile Haynieが共同制作(Add制作にJeff Bhasker)で、客演にRod StewartとMiguelが揃って参加。この曲は話題にはなっていたけれど、僕的にはそんな反応しなかったので感想も無いです。それよりもあのMos Def(Yasiin Beyでなく?)を客演に招いた「Back Home」の方が僕的に重要だったりしますが、Thelonius Martin制作のトラックもソウルフルでピリピリ緊迫感があってカッコ良いけれど、やはりMos Def用にもっと粗くてロックで暴れる特攻チューンが欲しかったかな。

間違いなくスタイリッシュで新世代の音と世界、なのであとはこれを好みとするかどうか。僕みたいな三十路はやはり理解するまで時間がかかる一枚、しかしながら前作よりかはだいぶサンプリングとか多用していて聴き易いのかも。年末にどの順位になるのかは未知数、しかしながら僕はA$AP RockyよりはA$AP Ferg派であります(告白)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment