RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
142位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Yelawolf「Love Story」
Yelawolf-Love-Story-Cover.jpg

チェロキーインディアンの血を引く白人MC、Yelawolfの通算二作目となる『Love Story』を御紹介。Yelawolfもあの新人の登竜門企画“XXL Freshman”で選出された実力者、その活躍により彼のアイドルでもあるEminem率いるShady Recordsとの契約も勝ち取りましたね。メジャーデビュー作となる『Radioactive』から約4年のスパンを経て発表された本作、彼の名前にもある狼をあしらったジャケットがまずインパクト大でナイスですね。
それではザックリと適当ですが感想書きます・・・・・・まずはWLPWRが制作を担当した「Outer Space」で幕開け、もうこの曲からしてChemical BrothersとBeastie Boysを融合させたような“一粒で二度美味しい”なアグレシッブなトラックで痛快。電撃を自在に走らせてエッヂーに尖って突っ込むエレクトロなアッパーに、Yelawolfの甲高くて斬れ味鋭いかまいたちの様なラップが真空をかっ切るのが面白い。Malay Hoが制作を担当した哀愁漂うアコースティックミッド「Change」も、前半こそブルージーで枯渇したようなメロディが空風みたく吹き荒ぶものの、後半では突然と宇宙空間へと光速移動してサイケデリックなラップ(エフェクト)へと変化するのも面白い。まさかのYelawolfがロックシンガーよろしく優美に歌い上げる「American You」は、Malay Hoが制作(Co制作にEminem)。アメリカらしい壮大で勇壮なオーガニックなロックチューンに、ファルセットを効かせて力の抜け切った柔らかなヴォーカルを奏でるYelawolfの歌心はなかなかのもの(舌巻)。こういう歌モノに斬れ味のあるエッヂーなラップも織り交ぜられる辺りはYelawolfの強みですし、Eminemもたまに魅せるロックなアプローチを思わせるのがニヤリ。WLPWRが再び制作した「Whiskey In A Bottle」はO Terço「Adormeceu」なる楽曲をサンプリングした燻し銀チューンで、アルコール度数高めでヒリヒリと灼けるような芳醇なトラックに、突っかかるように前のめりでラップをぶつけるYelawolfがクールで乙な味わい。アコースティックギターの爪弾く音色に鼓膜がしんみりと湿ってくる「Ball And Chain」はYelawolfが制作(Co制作にWLPWR)、これもYelawolfの憂いを帯びた優しく湿ったヴォーカルを幾層かに重ねたフォーキーソングでぐっとくるものがあります。「Till It's Gone」はまたもやWLPWRが制作なんですが、これまたギターの音色をしっとりと奏でるアコースティックなミッドで、Yelawolfのセピア色した淡いラップが春の嵐のように吹き荒れる美しき殺伐チューン。Yelawolfが制作した「Devil In My Venis」はモロにカントリー調の一曲で、じとじとと降る長雨のように暗くジメっとしたYelawolfのヴォーカルが鼓膜に沁みます(震)。WLPWR制作(Co制作にEminem)の「Best Friend」では親玉であるEminemが満を持して客演参加、仄暗くサイケな病的チューンはやはりEminem趣味で彼の方が活き活きとしてる気がしますが聴き応えアリまくり。「Empty Bottles」Malay Hoが制作したバウンシーな一曲で、これなんかはYelawolfの出自である南部のアーシーでゴツゴツしたバウンスを体感できてたまらないし(つまりはOutKast的な、Dungeon Family的なサウンド)、終盤で繰り出す速射ラップはもう神懸かり(失神寸前)。「Heartbreak」はEminemが制作を担当したバラードとも言えるスロウで、Eminemらしいシリアスでいて物悲しげな寂寞メロウに、振り切るように突っ走るラップと淡くエモーショナルな歌フックが素敵。景色が涙で滲むように薄らと淡くグニャグニャとマーブル模様に広がる、切ないメロディがじんわりと浸透する「Tennessee Love」はWLPWR制作、これもYelawolfの歌の上手さ(表現力)がモノクロ調で切り立っていてグッド。続く「Box Chevy V」もWLPWRが制作を担当、これもキュルキュル斬れるスクラッチとサイケデリックな宇宙的サウンド、それらを縫い合わせるアコースティックギターの化学反応が凄まじく、弾け散るようなYelawolfのラップもカッコ良い。表題曲となる「Love Story」もWLPWRが制作を担当、このトラックもピアノ鍵盤のしっとり可憐な旋律に、徐々に光速になって大気圏を通過し宇宙空間を遊泳するような衛星ミッドでカッコイイ(痙攣)。微振動を加えた繊細なサイケデリックチューンで、Yelawolfの流星のようなラップが矢継ぎ早に消えてゆくのも美しいんです。Track Bangasが制作で、Dean Honor「Heaven」をサンプリングした「Johnny Cash」でこの作風の根源を垣間見たような気がします。そんなJohnny Cashばりにフォーキーで影のあるモノトーンなギター弦がひらひら舞い散る「Have A Great Flight」はMalay Ho制作、ストリングスも滑らかに絡むこの物憂げなメランコリックトラックでも、Yelawolfは繊細で青白いヴォーカルをしんみり響かせていて上手い。硬質なドラムスがまるで天空から降り注ぐ雨のように冷たく刺さる「Sky's The Limit」、WLPWR制作のこの寒空のような凍えたメロディにYelawolfのマイナー気味なラップが空虚に響き渡ります。Malay Ho制作の「Disappear」は、リーディングで聴かせる一曲。最後を締め括るのはWLPWR制作の熾烈なパーカッションが破裂する「Fiddle Me This」、このフォーキーな流れで最後は弦音の唸るような喧騒メロディと、四方八方へ散るビートの硬いトラックで暴れるという奇襲作戦はまんまと成功しています。

最初聴いた時は正直、ちょっとHip Hopではないかなーと敬遠気味だったんですが、何度も繰り返し聴いている内に彼の持つ独特な世界観が鮮明になってきて中毒者になっていました(病)。これを純粋なRapアルバムとして捉えるか、アリかナシかは別として、音楽作品としては確実に彼の新境地(そして音楽としても新たな一面)を呈していてめっちゃクールです(痺)。個人的な感想としては、Bubba Sparxxxの傑作である『Deliverance』に通ずる質感で好きです。Yelawolfの底力を感じられた本作、Eminem超えもそう遠くないのでは(期待)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment