RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Rico Love「Turn The Lights On」
ricottlocov.jpg

かなり昔からソングライターとして活躍している、Rico Loveのデビューアルバム『Turn The Lights On』を御紹介。Rico LoveといえばUsherを筆頭に、BeyonceやMario、NellyやKelly Rowlandと名立たるアーティストにソングライトしてきた人物。ソングライターが次々と世に出て来る中で、ちょっと遅れをとった感はありますが、それでもなかなか良質なMixTapeを量産していて、デビューが待たれていたRico Loveで御座います(個人的に僕は待っていた)。そうしてようやく日の目を見たのが本作『Turn The Lights On』、これはRico Loveが制作した楽曲ではかならず冒頭で耳にする、焼き印のような言葉で御座います(馴染)。本作ではアートワークやブックレットに多数の裸の女性が出ていて、それも素晴らしいです(下心)。
それでは雑談はこれで終えて感想に移ると・・・・・・まずはRico LoveとEarl & Eが共同制作したメランコリックな「TTLO」で幕開け、これは正しくタイトルである“Turn The Lights On”の略語です。まるで水辺に漂うようなギター弦の切なさ募る音色が溢れる、ただそんな澄んだ綺麗なメロディーにドムドムと鳴る太めのビートが途端にソリッドなメロウへと変化させるのが面白い。加えて(クレジットこそ無いが)断片的に埋められたWaka Flocka Flameの怒号がそんな感触により硬度を与えているのが面白いし、そんな反り立ったビートを背にラップへ転じるRico Loveのしたたかさ。90年代の東海岸サウンドを彷彿とさせる、煤けた灰褐色の殺伐ビートを潜り抜ける「Bad Attitude」。DJ Dahiが制作し、サンプリングにはThe Delfonics &Adrian Younge「Stop And Look (And You Have Found Love)」を使用したモノクロで不穏なビート。適役のRaekwonが登場した途端に殺気は倍増し緊迫感が走るし、Armani Caesarのラップも最近の女性MCにはない冷淡でセクシークールでたまらなくイイ。艶麗な曲線メロディーに躍動感のあるボタニカルなビートが吹き抜ける「Trifling」、制作はDanjaとRico Loveが共同で担当。透明に澄み切った水中にゆっくりと沈んでゆくような、そんなモイストなメロディの膨らみと気泡のように細やかなビート、そのなかで滲み広がるRico Loveの遊泳ヴォーカルがナイス。濃霧のように冷たく重いピアノ鍵盤がゴーストのように漂う、重厚低温なマイナーミッド「Ride」もDanjaが制作を担当しており、やはりどこか灰汁の強い癖のあるトラック創りをしています(不敵)。清廉としたビートが澄み切った空間内で共鳴しながら壮大に広がってゆくドラマチックなミッド「For The Kids」、制作はJim JonsinとRico Loveが共同で担当。これなんかは風を受けてはためくような勇壮なトラックと、どこか沈鬱としたRico Loveのヴォーカルが、Frank Oceanへのオマージュと言えるぐらいに世界観が似ている気がします。無垢で真白な小雪が降りかかるような音色が、雪化粧のようにうっすらと美しいメロディーを創り上げる「The Affair」。Daedelus「Onward」をサンプリングしたこの曲、冬の朝の息みたいにRico Loveのヴォーカルが冷たく白く濁るのが綺麗でナイス。80年代のポップを彷彿とさせるまろやか且つ壮麗な疾走感のあるレイドバックチューン「Days Go By」、制作はDanjaとRico Loveで、フックでのRico Loveのヴォーカルの重ね方がまたノスタルジックでたまらなく良い(興奮)。Benny BlancoとJake Oneが共同制作した「Somebody Else」は、Matt Corby「Brother」をサンプリングに使用。どこから野性的でオーガニックな風合いの奔放ミッド、ひらり翻るファルセットや伸びのあるRico Loveのヴォーカル(この伸びにUsherぽさを感じずにいられない)にしなやかさと逞しさが溢れていて、民族音楽的なスピリチャルソウルへと見事に昇華出来ています(失神寸前)。かと思えばレトロなソウルテイストで気品高くラグジュアリーな、あのJack Splash制作の甘美スロウ「Run From Me」なんかも繰り出すんだから(目暈)。つやつやして光沢のあるオーケストラ調のトラックもさることながら、Rico Loveのヴォーカルも絹のように滑らかで抜け目なし。一昔前のThe Neptunesのようなザク切りな弦音が棘立ち波打つクールなアッパー、「Happy Birthday」はRico LoveとEarl & Eが共同制作。呟くように繰り返す“はっぴばすで♪”もなんだかチープで耳に残るし、この曲でこそRico Loveのラップの二刀流が活きています。同じくRico LoveとEarl & Eが共同制作の「Amsterdam」は、まるで冬の星座を見上げるような、寒空のような青いトーンと銀の雫のような音色が優しく明滅するプラネタリウムのような繊細メロウでじっくり浸透します。最後を飾るのは口笛吹き吹きマッタリとした「The Proposal」はDJ DahiとTiago Carvalhoが共同制作、この抜け感が心地良くて飄々としたミッド。

やはり多くのソングライティングをこなしているだけあって、種々雑多な楽曲が飛び出すオモチャ箱みたいなアルバムになっていて素直に面白いですね。でもけしてごちゃ混ぜとかでなく、きちんと整頓さんされていて遊びやすいし、色々とツボを押さえてあって飽きません。歌声的にも瞬間でUsherに通ずるものがあって、この一枚をUsherにやらせたらどうなるかと少し邪推したり(笑)。最近で言えば、Luke Jamesを楽しめた方は聴いてみてもいいかもですね。Rico Loveも思ったより歌えているし、今年の隠れたお薦め盤でございます。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment