RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: サントラ  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

『Southpaw: Music From And Inspired By The Motion Picture』
Cover_finEX-1.jpg

映画『トレーニングデイ』などで知られるAntoine Fuquaが監督、Jake Gyllenhaalが主演を務める同名映画のサントラ盤『Southpaw: Music From And Inspired By The Motion Picture』を御紹介。この映画のサントラ盤はExecutive ProducerをあのEminemが務めているのも話題なのですが、何よりこの主役のボクサー役は当初Eminemが演じるという事だったのですが、結局は役は降りたようですね(その代わり?に50 Centが出演している模様)。Eminemが演じるボクサーというのも観たかったんですが、こうしてサントラ盤を統括してくれるという事で、音楽好きにはなんとも有り難い棚ボタとなりました(笑)。映画自体もすごく面白そうですし(『トレーニングデイ』もなんだかんだでインパクトが強く、凄く記憶に残っている)、いつか観たいものです。
それでは映画の話はいつかするとしてサントラ盤に関して・・・・・・まずは、Gwen Stefaniの舐め上げるようで挑発的で艶やかな歌フックを得て、これ以上にないクールで刺激的な白いコンボ曲となった「Kings Never Die」で華々しくスタート。DJ Khalilが制作したこのロキッシュで尖ったトラックでならEminemは水を得た魚状態(無敵)、Eminemのかまいたちのように真空を切り裂くラップが旋風を起こすザクザク刺さる一曲。咆哮際立つハードなメタルロックなトラック、Rob Bailey & The Hustle Standardの「Beats (Remix)」では、新たにBusta RhymesとTech 9ine、Kxng Crookedと、秒速でのラップを必殺技とする面々が集結した、ロッキーばりの無限マシンガンチューンが実現。とにかくこの面々が揃い踏みの時点で剣林弾雨は必至、聴き手の鼓膜を容赦なく蜂の巣にして撃ち抜いてくれるのがもう痛快。「This Corner」はEminemが制作(Add制作にLuis RestoとMr. Porterが関与)、ラップとヴォーカルの両刀使いのDenaunなる人物が登場。このDenaunがバターみたいに濃厚マイルドなヴォーカルとラップ唱法を駆使する不思議なキャラで面白い、Eminem制作のシリアスで硝子チックなトラックにも不思議とマッチングしています(要注意)。シンプルでベタなドラムパターンと鍵盤音でドカドカ邁進する無骨チューン「What About The Rest Of Us」、Curtis Mayfield「Hard Times」をサンプリングしたこのトラックはRico LoveとKasanovaが共同制作。このトラックで登場するのがパワー系のAction Bronson、技巧派のJoey Bada$$、そしてマッタリ系のRico Loveの三つ巴というのがなんとも痺れる(適材適所)。トラック自体が無地の生地なだけに、キャラの立った三人のマイクリレーが余計に面白く感じられる一曲でグッド(興奮)。Bad Meets Evilが久々にタッグを組んだ「Raw」は、Raymond "Sarom" Diazが制作。グニャグニャと変形するアメーバ状のトラックに、ラップ巧者が交錯するのはやはり気持ち良いんです。AraabmuzikとJust Blazeが共同制作した「R.N.S.」はEminemお抱えのラップ殺戮集団Slaughterhouseが登場、Ice Cube「One Upon A Time In The Projects」をネタ使いしたトラックは、いかにもJust Blazeらしいネタ使いのレゲエ風のメロディーを、光吸収サウンドが貫く香ばしいラフチューン。Doc McKinneyとIllangeloが共同制作の「Wicked Games」は、御存知The Weekndが登場。どことなくオリエンタルで蒸せ返るような亜熱帯ミッドに、The Weekndのそのトロットロなヒアルロン酸ヴォーカルで鼓膜を潤わせる独特な世界観の一曲。再びBad Meets Evilが登場する「All I Think About」、制作はEminemが担当(Add制作にLuis Resto)。ファミコンばりにチープな(褒言葉)端子ビートがバツバツと連なる、いかにもEminemらしい狂気じみたトラックメイクは流石の一言に尽きます(鳥肌)。そんな常軌を逸した(でも計算され尽くした)トラックに、ラップの奇術師であるこの二人の斬れ味が存分に発揮される、本作で最も強力な一曲ですね(一撃必殺)。いかにも鉄工場みたいな熱気と焦げるような匂いが立ち込めるハードコアな硬質チューン「Drama Never Ends」は50 Centが登場、制作はFrank Dukesが担当。これもどこまでも鉄筋コンクリートな厳ついメロディ&ビートは殺風景ながらも、50 Centのぼやけたフックとハードパンチャーなラップがキレキレで凄い。侘び寂びを熟知しているDJ Premireのトラックメイクが冴える「Mode」は、PrhymeがLogicを伴っての登場。ここでもPrimoはAdrian Youngeの「Mourning Melodies In Rhapsody」をネタ使いするという寵愛ぶり、後半を任されたLogicもトラックに乗せてノンブレスなラップを繋いでいてクール。最後を締め括るのはやはりEminemの「Phenomenal」、制作は勿論Eminem本人であります。こういうメタリックでメロディアスでシリアスでクレイジー、というアメコミ的なアッパーはEminemにしかラップできない唯一の世界観でやはりカッコ良い。本作で唯一、昔の曲で収録されているのが、The Notorious B.I.G.とBone Thugs-N-Harmonyが共演した「Notorious Thugs」、こうして聴いても全く色褪せない格好良さと斬新さにもうただ脱帽で御座います(感涙)。

僕はそれほどEminem大好きという訳でもないので、このぐらいでEminemが登場するのが丁度良いですね(笑)。すべて新曲ですし演者も豪華で玄人ウケする手練ばかり、ハッキリ言って買わない手はないと思います。Eminemのトラックメイクの奇抜さも堪能出来ますし、単にBad Meets Evil「All I Think About」の一曲狙いで購入するのもアリですよ。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment