RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyrese「Black Rose」
tyresebrcov.jpg

モデル出身でハリウッド俳優としても活躍する伊達男シンガー、Tyreseの通算六作目となる『Black Rose』を御紹介。六作目と言うよりは、Tyreseはこれを以てシンガーを引退すると宣言しているので、実質は引退作と呼んだ方がいいのかもですね。どうしてシンガーを引退するのか知りませんが(俳優業を優先なのか?)、本当にしてしまうならば勿体無いことこの上ありません(悔涙)。最悪、個人で引退してもいいから、TGTでもう一枚ぐらいは聴かせて欲しい前作『Open Invitation』同様、本作も自身のインディレーベルからの配給という事で自身が動いてフルに宣伝活動を行っていたTyrese。本作収録曲のPVでは、あの名優Denzel Washingtonに監督してもらったPVを撮るなど、俳優としてのコネクションもフルに活用しております(このPVは記事末尾に掲載)。
それではグダグダした前置きはこのへんで終わらせて本題に・・・・・・まずはアジアンテイストな妖艶な弦音がめくるめく蓮花のような極上ミッド「Addict」で幕開け、制作はTyreseやTank作品で御馴染みのB.A.M.が担当。万華鏡のように美しい音色と輝きを回転させるトラックに、Tyreseの色気ムンムンなヴォーカルが絡みつくナイスな一曲。大ネタであるRotary Connection「Memory Band」をサンプリングしたでは「Dumb」では、Snoop Doggと、TyreseのオルターエゴでラッパーのBlack Tyが客演で登場。TyreseにSeige Monstracity、Marcus Hodgeが共同制作したこのトラック、やはりあのベインベイン鳴らす弦音が鼓膜にへばり付く粘着ミッドで、パフパフした柔らかめのビートに乗せて両者のラップの援護射撃がアクセントになってます。ピカッピカッとフラッシュのような音色の瞬きが絢爛ソウルフルな点灯ミッド「Picture Perfect」、制作はまさかのRockwilder(!)とEric Hudsonという実験的にして最高のコンボ。先述のキラキラした鮮烈な音色と対照的に漆黒ベースが低く絡むのがスリリングにしてセクシー、Tyreseのコクのあるビターなヴォーカルが流麗に絡み合うバックで鳴るオルガン音とフックコーラスの重ね方からか、70年代のソウルと90年代のR&Bが融合したような艶やかミッド「Waiting On You」はB.A.M.が制作を担当。Tyreseのコク深いヴォーカルがじんわりと溶けるのが心地良く、まろやかクリーミーなトラックも素晴らしいんです(王道)。Tyreseの強靭でしなやかな肉体派ヴォーカルが唸る、トラディショナルな濃厚ソウルフルスタンダード「Shame」はWarryn CampbellとTyreseが共同制作という事で納得。もう泣けてくる程にブルージーで胸を締めつける影のあるスロウに、Jennifer HudsonとMika Lettがバックヴォーカルで参加しているのも味噌。初っ端の45回転早回し声で、もう胸キュンが止まらない「Don't Wanna Look Back」はB.A.M.が制作を担当。Tyreseのほろ苦な珈琲ヴォーカルと、Chrisette Micheleのミルクみたいにまろやか甘いヴォーカルが仲睦まじく溶け合う極上なデュエット。盟友Tankとの昼下がりのようなポカポカした温かさに溢れるソウルチューン「Prior To You」、B.A.M.制作のこのアコースティクでオーガニックなトラックはこの二人には物足らない気がしますが、二人の紳士で温かみのあるヴォーカルが心地良く響きます。波ひとつ立たない水面を静かに泳いだり潜ったりするような、透き通った潤いが鼓膜に浸透するスロウジャム「Leave」は、ただただTyreseの穏やかに遊泳するようなヴォーカルと一緒に鼓膜を泳がす(いや、メロディーに浮かせる)だけでもうOKです。またもやB.A.M.が制作した「Without My Heart」は、シャリシャリとしたシャーベット状のピアノメロディーとヴォーカルが滑る繊細でドラマチックなスロウ。仰け反りそうな程にセクシーで逞しいTyreseのヴォーカルに貫かれながら、もはや圧倒的光芒に包まれて昇天するほかない屈強にして清涼なバラード「When We Make Love」はEric Hudsonが制作を担当。さんざん愛し合っている間に朝陽が寝室に射し込んで来たかのようなメロディの緩やかな鮮烈、そこに官能的で汗ばんだ曲線を描くTyreseの逞しいヴォーカルが綺麗なトロトロ美曲です(骨抜)。ギターの爪弾きがしっとりと切なげに響く、90年代ライクなピチョンピチョン滴るモイストメロウ「Gonna Give You What You Need」はTim Kelly(あのTim & Bobの片割れか)。結局はこういう湿潤メロウに滅法弱いし、Tyreseのビチョビチョに濡れたマッチョなヴォーカルが映えるのも、こういうストレートにエロいスロウジャムだと思います(痙攣)。B.A.M制作の「Body Language」もそういう意味ではTyreseの本来のセクシーさが溢れ出した、肉感的な柔らかさと温もりがセクシーな極上スロウジャムでたまらなく良い(悶絶)。またまたB.A.M.制作の「The Rest Of Our Lives」では、Brandyが客演参加というたまらない一曲が実現。TankとBrandyの柔と剛が正比例したドリーミーな一曲で美しいですね(溜息)。最後もB.A.M.が制作の「I Still Do」で〆、Tyreseにはちょっと透明度が高過ぎる気がします、天然水のようなソウル曲で鼓膜はゴクゴク飲み干してしまいます。

うーん、やはりTyreseには官能的でセクシーなR&Bをガッツリやって欲しい。確かに歌は上手いし聴き応えもあるけれど、前半に多かったオーソドックスなソウル曲よりも、やはり後半に配されたセクシーで曲線的なR&B曲の方がしっくり来る(似合)。逆にこういうセクシー路線を難なく説得力たっぷりに出来るシンガーは少ないんだから(ましてやルックスも伴っているのは奇跡)、そういうの一本で作って欲しい、という訳で次回作も楽しみにしています。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment