RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Joss Stone「Water For Your Soul」
waterforyoursouljoss.jpg

英国が生んだ生粋のソウルシンガー、Joss Stoneの通算七作目(カバーアルバムを含む)となる『Water For Your Soul』を御紹介。前作がそれこそカバーアルバムだった訳で、そういう意味では前々作『LP1』からおよそ4年ぶりとなるオリジナルアルバムが本作。Martin Scorsese監督の映画『Tommorow』にも女優として出演するなど、その美貌も最大の魅力となっているJoss Stone。前情報では“Hip Hopを軸にした新作になる”とか、“ジャンルにとらわれない新作になっている”などと流れていましたが、ジャケットのみで言えば、美しいJoss Stoneが写らない過去最低の仕上がりで残念です(辛口)。
という訳で早速と中身について言及しますと・・・・・・本作の全曲の制作はJoss Stone本人、Jonathan Shorten、Steve Greewellが行っている様ですね。まずは、ソングライトにDamian Marleyが関与したガッツリとレゲエ調な「Love Me」で幕開け。ゆったりと流れる波間のようなメロディの満ち引きに、Joss Stoneの朗らかで微睡んだソウルフルなヴォーカルが揺れる一曲。重厚な弦音と乾いたパーカッションがパスパスと響く渋いミッド「This Ain't Love」も、レゲエな風味を聴かせつつもソウル曲のエッセンスも併せ持った一曲。本作かたのリードシングルとなったのが、水中にブクブクと沈む気泡のようなアコースティックギターの音色が美しい「Stuck On You」。アコースティックなメロディはまるで海原を悠々と漂う流木のようで、壮麗でいて優しく、まるでマーメイドのように艶やかで滑らかなJoss Stoneの歌声が、渋くも悩ましいんです。「Star」もレゲエの音色とヒップホップのビート規則を掛け合わせたスロウで、こういうカーボンみたいなテイストの焦げ付いたメロウにはJoss Stoneの渋味のある歌声がお似合い。スパイシーなギターの音色が舞うメランコリックなミッド「Let Me Breathe」は、Joss Stoneの凛として色香の漂う刺激的なヴォーカルが香り立つ一曲。バムバムと低く弾むビートとチリチリと熱波のように際立つメロディがホットな「Cut The Line」、ズンチャッズンチャッと二拍子で打つビートがトロピカルな「Wake Up」と、完全に南国にフォーカスした流れは続きます。ギラギラと照りつける太陽と言うよりは、沈む夕陽を背に夕立に降られたような淡い濡れ感が漂う「Way On」なんかも、Joss Stoneの吐息混じりでセクシーなヴォーカルがジワジワと来ます(浸食)。「Underworld」なんかもトラック自体はレゲエ以外の何物でも無いんだけれど、Joss Stoneのファルセットも駆使した流線形のヴォーカルがソウルフルでそつなく聴けます。ほんのちょっと温度を上げて空気を歪ませる潮の匂いが香る「Molly Town」、星空が海面に映るように眩くて幻想的なスロウ「Sensimilla」なんかはJoss Stoneのたおやかなヴォーカルが瑞々しくて素敵。ブオーンブオーンと伸びる音色に鼓膜も灼けつくサンタンチューン「Harry's Symphony」、最後を締め括るパーカッシヴな「The Answer」なんかも熱い国のダンスをイメージさせる灼熱チューン。

前作『LP1』はどこかロックかブルースを基調とした一枚で、本作はほぼほぼレゲエのテイストを用いた一枚となっております。考えてみれば、Damian “Junior Gong” MarleyやMick Jagger、Dave StewartにA.R. Rahmanという濃い面子とJoss Stoneで結成した『Superheavy』なんてのもあった訳で、彼女のジャンルレスな音楽趣味の伏線は充分あった訳ですよね。ただ、それでもJoss Stoneにはゴッツリこてこてなソウルアルバムを創って欲しいなーというのが本音。もう秋が近づいている日本ですが、夏に聴いたらかなりハイになれる一枚なので、来年の夏まで寝かすのも良いでしょう(提案)。しつこく言う様ですが、頼むからもう一度Raphael Saadiqと組んで欲しい(切望)






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment