RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Tyler, The Creator「Cherry Bomb」
tylercherrybomb.jpg

その奇行っぷりとそれに負けない才能で若者を魅了する鬼才、Tyler, The Creatorの通算四作目となる『Cherry Bomb』を御紹介。今となっては最強とも言える新進気鋭の音楽集団となったOFWGKTA(言わずもがな“Odd Future Wolf Gang Kill Them All”の略)、その統帥とされるのがこのTyler, The Creatorで御座います。この軍団をメジャー契約させてイニシアティブは自身が執り、他方ではアパレルブランドを立ち上げて人気を博すなど、とにかくそのビジネス手腕も凄いところがあるTyler, The Creator。あの傍若無人っぷりも、絶対にすべて冷静に計算され尽くしたものなのです。本作はアートワークが確か四種類用意されていた訳ですが、僕の近くのCD屋には当時並んでおらず、アトランダム覚悟で泣く泣くAmazonで頼んだら、最も欲しくない上掲のジャケットが届きました(茫然)。
気を取り直して、肝心は中身ですから・・・・・・本作は全曲の制作をTyler, The Creator(以降はTylerと省略表記)が担当、毎度のことながら本当に多才な男です(汗)。まずはTylerのThe Nptunes愛が爆発してしまっている(N.E.R.D.経由で)ギザギザとノコギリ様なロックカット「Deathcamp」で激しく幕開け、サンプリングにはDee Edwards「Why Can't There Be Love」を使用とのこと。それこそBlack LipsからCole Alexanderを招聘してのエレキチューンでTylerが暴れ倒す訳ですが、途中でカチャカチャした金属音を叩かせたり、スペイシーな冷たい電子音を漂わせたりとアプローチは全盛期のThe Neptunesそのもの。Bunny Sigler「Shake Your Booty」をサンプリングした「Buffalo」はTylerの早くも真骨頂、Tylerのゴブリンの様に悪戯っぽく怪物じみたラップに、あばら骨のようにスカスカでいてゴツく歪曲したビートが突き刺さるのが痛快。研磨途中のようにザラザラとしたヴォーカルエフェクトのかかったラップと、モーター音のように低く響く音色が奇怪な「Pilot」も、Syd Bennettのシロップのような甘ったるい歌声が入る事で糖質控えめな仕上がりに。Chuz BundickとSchoolboy Qが客演参加した「Run」は、ヘリウムガスを吸って効果が切れるまでにラップを吐き出すような疾走曲。ヴォーカルにSyd BennettやKali Uchis、Samantha Nelson、Tiffany Palmer、Onitsha Shawらが揃い、「Find Your Wings」は完璧なJazz曲と言えてヴォーカルも入るけれどまるでインスト。それもその筈、VibraphoneにはあのRoy Ayersを引っ張り出しているんだから、Tylerの人脈たるや驚き。表題曲となる「Cherry Bomb」もバリバリと稲妻のような電子音と、蜜飴みたいなメルティな電子音も混ざる事で不思議な感触。もはや叫びに近いTylerのラップは飛散しているのに近く、こっちが聴き零さないようにするのがやっと。その直後には、Boyz II MenからWanya Morrisを客演に迎えた「Blow My Load」を繰り出すという多趣味。Wanyaのヴォーカルが美しい蝶ならば、Tylerのラップはそれを絡めて蝕む蜘蛛の巣みたいなもので、どこか甘味を捕食するような侵食性がたまらない。これに輪をかけてDameーFunkのシンセ使いが炸裂しているのも面白く、よりドリーミーで毒々しい空気を醸し出してるし、最後のラジオ風のジングルもいいですね。ストリングスがなんだか生々しく纏わりつく濃密なメロウ「2seater」、トラックには甘さもあるけれどそれは上澄みで、Tylerの沈殿物のように重たくたゆたうラップがジワジワ効いてきます(浸食)。トクトクと炭酸飲料を注ぎ込むような音色が弾ける「The Brown Stains Of Darkeese Latifah Part 6-12 (Remix)」は、よほどSchoolboy Qが好きとみえて再び彼が参加。グニャグニャとアメーバ状に広がるスライムチックなトラックを、二人のラップと固形のビートが叩く事で飛び散っています。本作からの先行カットとなったのが、The NeptunesとOutKast(というかAndre 3000)を足して割った様な甘酸っぱいメロウ「Fucking Young / Perfect」、ヘリウムガスを吸い込んだような変声エフェクトと軽々しい浮遊感が愉しいし、柑橘系のヴォーカルをスプラッシュさせるCharlie Wilsonがナイスアクセントになっています(隠味)。雲海のようにボンヤリ広がる霞スロウ「Smuckers」は、客演にKanye West とLil Wayneと援軍には申し分ない二人が参加。Kanyeの歌うようなフックも面白いけど、特に後半でのLil Wayneとのレロレロ舐め合うような戯れが面白いトロトロあんかけ曲。どれもこれも早回し状態で混乱するのが「Keep Da O's」は、せっかくPharrell WilliamsとCoco O.が参加したからオリジナルで聴きたかった(悔)。Leon WareがAdd Vocalに参加することで、咽ぶような甘さが溢れ滴る「Okaga, CA」もまるで夢魔みたい。最後はなんだかブルージーな「Yellow」で幕切れ、振り幅はいつでもMAXです。

うーん、すっごい面白い音と発狂の洪水ではあるのですが、僕的にはTyler, The Creatorのヴォーカルが弱いのが痛い。弱いというのはヴォーカルエフェクトが強過ぎたり、やたらヴォーカルが奥に引っ込み過ぎていて聴き辛いという意味でして。サウンドの一部として考えてのこのアプローチなのかもしれませんが、単純に低音でえぐるようなTyler, The Creatorのヴォーカルのファンである僕としては、ちょっと惜しい気になってしまうのです。面白いと思った曲を詰め込みまくった暴君ぶりは流石で、それでいてセンチメンタルな部分も垣間見れたりと、やっぱり面白いなーと唸らせてしまうTyler, The Creatorは唯一無二ですね(負)。あら、でもこれ書くのに聴き込むとやたら面白くなってきたな。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment