RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
36位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Vince Staples「Summertime '06」
vincesummert.jpg

Odd Future周辺でもパフォームしていた新星、Vince Staplesの記念すべきデビューアルバム『Summertime '06』を御紹介。彼についてはあまり知識が無くて調べてみたんですが、どうやらあのTalib Kweliが関与したレーベル“Blacksmith”がマネージメントに関わり、Def Jamとのメジャー契約まで獲得した逸材です。なので何もOdd Future周辺だけでなく、今を時めくTDEやMac Millerなんかとも交流のある彼、言わば若手界のホープの一角を担っている訳ですね。その彼がメジャーデビューとなる本作『Summertime '06』をリリースした訳ですが、蓋を開ければまさかの二枚組アルバムになっていてビックリ、どれだけ気合いが入っているかビリビリ感じますね。
とまあ長い前置きはもう止しましょうか・・・・・・まずはDisc 1から書いていきます、スタートは1&2どちらのディスクも「Ramona Park Legend」ですね。そしてヘドロみたいな電子音がドロドロと溢れ、そこに通電するような濁流ミッド「Lift Me Up」に流れ込みます。この曲はDJ Dahiが制作(Co制作にNo ID)したデジタルノイジーなトラックで、このユルくも刺激的なトラックにVince Staplesのネッチリと伸びるラップが中毒性高いです。続く「Norf Norf」はClams Casinoが制作を担当した、まるで真夜中の漆黒の海に響く海鳴りのような電子音がダークな色合いを滲ませ拡大してゆくミッドで、やはりノイズとビートをパチっと組み込んだ角張った一曲でクール。DJ Dahiが制作した「Birds & Bees」は、サンプリングにMMR ADM「5ive」を使用した一曲。光の届かない深海を漂うような重々しい、ヌメヌメとした爬虫類のように這うVince Staplesのラップに、夜光虫のようなDaleyのヴォーカルが妖艶でまたたまらないのです(痙攣)。コチコチと火花を散らして鳴る石造りなビート(厳密にはきっとクラップだろうけど)とドラムスの融合が、どこかネイティヴなノリも合わせ持つアフロビート主体の石膏チューン「Loca」も躍動感たっぷり。No IDが制作したこのトラックはやはりそのアフロビートとHip Hopのベタなエッセンスを混ぜた面白いトラックで、Vince Staplesの無機質に淡々と連射するラップと、脱力して囁くKilo Kishとの掛け合いもオールドスクールで良い。本作で最重要となるのが、No IDとDJ Dahiが制作した「Lemme Know」、客演にはJhene AikoとDJ Dahiが参加。竹細工のような乾いたビートにグルグルと渦巻くDJ Dahiのスパイシーな呪術フックが鼓膜を汚染します(快感)。神様を奉る儀式チックなエキゾチックなこのトラックに、一糸乱れぬVince StaplesとJhene Aikoのシンクロするラップにもう毒されてしまいます(酩酊)。ビートの持つ躍動感を出すために全てを削ぎ落とし、緻密に打ち込んだ最高にホットな熱帯チューンは凄まじくホット。Joey FattsとKilo Kishが客演参加した「Dopeman」はNo ID制作、空洞の金属筒の中に閉じ込められたようなサウンドは、やはりビートの共振が鼓膜を捕らえるクールな一曲。Czeslaw Niemen「Nie Jestes Moja」をサンプリング使用した「Jump Off The Road」もNo IDが制作を担当、客演にはSnoh Aalegraが参加。どこか隙間風が激しく吹き入るような、そんなつんざめく様な音色が枯渇し褪せた風味を出す一曲。Future「Covered N Money」のフックを丸ごと使った「Senorita」はChristian Richが制作、これはもうFutureのフックがやはり特濃で煙に巻かれてしまいます。Clams Casinoが制作した「Summertime」は、サンプリングにDarwin's Theory「I Hope You'll Be」を使用したメロウチューン。海の波の青と白が混濁したようなメロディーがノスタルジックでなんとも美しい、波が砂浜に書いた文字を飲み込み消し去るように、優しく溶けゆくVince Staplesのラップも柔らかく美しい甘美な一曲でグッド。
続いてはDisc 2に移ります、まずはNo ID制作の「3230」から。これは乾いたビートを基調にしつつ、電気が膨張して鮮烈な発光を繰り返すようなフラッシュメロディが鋭く鼓膜に刺さる一曲。活火山的なマグマビートを背に、夜通し神への祈りを捧げ踊り狂うようなビートが心地良いClams Casibo制作の「Surf」も、息継ぎ無しに発するVince Staplesのラップがクール。No IDが制作し、客演にHaneef Talibとeeeeeeeeが参加した「Might Be Wrong」はもはやKanye West超え確実なトラックで、ぐんにゃりと歪曲しながら聴き手の鼓膜を捩じ伏せる荘厳な一曲。No IDが制作した「Get Paid」は岩に埋もれた鉱物のような、ゴツゴツしたビートの割れ目から光るシンセが美しく尖った採掘チューン。これもオールドスクールなノリで、Desi Moなる女性MC(?)とフックを連呼し揺れるのが味噌。内臓破裂しそうなボムボムと殴打するような鈍痛ビートが耳にこびり付く「Street Punks」はNo IDも制作、こういうビートの強めのトラックだからこそドット柄みたく淡々と打つVince Staplesのラップがじわじわ効きます。デジタルチックな感電トラックで、聴き手の鼓膜がサーバーダウンしてしまいそうな「Hang N' Bang」もNo ID制作、客演に参加したA$ton Matthewsのネッチリ練ったラップも良い味出しています。No IDとDJ Dahiが共同制作した「C.N.B.」では、Add VocalにJames Fauntleroyが参加しており、ボコボコと煮沸するようなビートの溢れ方が毒々しい一曲。No IDとDJ Dahiが共同制作した「Like It Is」の持つ壮麗さがとても素晴らしく、暗澹とした下地のメロディにさまざまな楽器や音色が鮮やかな燐光をぼんやりと幾重にも放ち、そんな採光メロウでVince Staplesも朧げでふわふわしたラップを乗せるのが凄まじくドリーミーでツボ(溺)。そして最後はNo ID制作の「'06」が、デジタルノイズのようなビートを軸に進むも突如と砂嵐ザーザー音で終わるという驚き。

なんと言うべきか、避暑地を求めて悠々と歩く内に、原住民が住む原生林へと迷い込んだような、そんなメロウとアフリカンビートが共存した奔放なデジタルボヘミアンな一枚。本来僕は英語も分からないしアメリカの情勢も分からない訳で、だからこそリリックが肝であるラップ音楽の感想を書く立場にはありません(いや、R&BやSoulも同様なんですが、まだそちらはフィーリングでも書けたり)。だからこそ僕はラップに関してはフロウやサウンドでのみ語るしかなく、そうなるとサウンドの後ろ盾にNo I.D.を得た時点でもう虜になってしまうのです(単純)。しかしVince Staplesのポテンシャルが恐ろしい、これだけドープなビートをいとも簡単に乗りこなすんだから。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment