RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
127位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
34位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Raheem DeVaughn「Love Sex Passion」
LoveSexPassion-review-karencivil.jpg

R&B界を代表する“愛の伝導師”、Raheem DeVaughnの通算五作目となる『Love Sex Passion』を御紹介。ムスリムであるRaheem DeVaughnの魅力はやはり、濃密な愛を紡ぐソウルと生音のトラックですね。本ブログではまだ『Love Behind The Melody』前作にあたる『A Place Called Love Land』しか紹介出来ていませんが、当然すべての作品を僕は持っている訳で、Raheem DeVaughn信者であります。
それではそそくさと拙い感想を書き上げますと・・・・・・まずはどろーりとスクリューを部分的に使って、濃厚でビターなダークモカチョコみたいな大人味のメロウに仕上げた「Black Ice Cream」で幕開け。The Colleagues制作のこの濃厚なトラック上で、ひらひらと翻るように仰け反るRaheem DeVaughnのヴォーカルで早くも昇天状態。続く「Pretty Lady」はなんとあのChucky Thompsonが制作を担当した糖度高めのファンクチューンで嬉しい驚き。Raheem DeVaughnのスウィートでキレのあるヴォーカルに、客演参加のTrombone Shortyのホーンがナッツのようなアクセントのある香ばしい食感を生んでいるのがなんとも美味。スベスベとしたストリングスや鍵盤音がエレガントに流れる「Queen」も再びChucky Thompsonが制作を担当、ハリのあるファルセットで細やかにシャウトするRaheem DeVaughnの唱法がたまらなくセクシーで、どこか女性的なたおやかなヴォーカルでグッド。落葉を散らす木枯らしのような、寂しげでセピア色に滲んだトラックが切ない「Nothing Without You」は、Raheem DeVaughnにZachariah McGant、そしてAaron Hardinが共同制作。Cartier BeatsとRaheem DeVaughnが共同制作した「When You Love Somebody」は、クラシカルなメロディがしんみりと心に沁みるブルージーな一曲。「All I Know (My Heart)」はThe Colleagues制作のジャジーな一曲で、月明かりに揺れる夜風のようにしっとりしたトラックに、衣擦れの音のような静かで繊細で艶やかなRaheem DeVaughnのヴォーカルが鼓膜にそっと寄り添います。同じくThe Colleagues制作の「Terms Of Endearment」は、アコースティックロックでこれもやはりPrince風味がほんのりあり、Raheem DeVaughnの優しく深みのある颯爽と吹き抜けるヴォーカルがとっても印象的(優美)。濃密に愛し合う二人の体温がちょっとずつ熱を帯びながら溶け合う、悶える恋人の艶かしい姿がスローモーションで脳内に焼きつくような極上スロウ「Miss Your Sex」はJ. Oliverが制作で、この輪郭が朧げで滲ませたような音色の明滅はたまらなくセクシー(昇天)。夜通しゆっくりじっくりと恋人が肌を絡ませるような、生温かでしっとりと優しいメロディーとヴォーカルに気絶しそうになる「Baby Come Back」は、Jarius MozeeとBrian "BJ The Cicago Kid" Sledge(!)が共同制作。この曲こそ一時の隆盛期を彷彿とさせる極上のネオソウル主義曲で、生音と艶美が緻密に息をピッタリ重ねた一曲です(感涙)。恋人とベッドの中で迎える朝の陽射しをメロディーに変えたなら、こんなに澄んで眩く鮮やかだろう、とそんな妄想をかき立てる「Never Never Land」はFederico Penaが制作を担当。そんな閃光をRaheem DeVaughnの絹糸のようなヴォーカルが遮り、美しい漏光を演出していてドリーミーなんです(溺愛)。どこか肉感に似た弾力のあるトラックの上で、悶絶するようなRaheem DeVaughnのファルセットが捩れてグラインドする「Temperture's Rising」はTravis Cherryが制作を担当。Patrick "Guitarboy" Hayesが制作の「Sun Proof Room (50 Shades)」は、柔らかな羽毛ベッドに、女性の柔肌を抱いてパフンと寝転がって戯れるような繊細スロウ。もう男の僕でも喘いでしまうトロトロな官能の世界に、吐息が漏れてしまうふくよかな曲線美がたまらない(昇天)。透け感のあるドレッシーなトラックがたまらなく綺麗な「Strip」は、Dre Kingが制作。キラキラと煌めいて舞うきめ細かなピアノ鍵盤音が美しく、PrinceばりにRaheem DeVaughnが高音シャウトして喘ぐのが刺激的かつ官能的でナイス。歌声をそのままハチミツ漬けにしたような、トローリと糸を引く甘美なヴォーカルが濃密で美味い「Countdown To Love」もDre Kingが制作を担当。Boney JamesとThe Illadelph Hornsが客演参加した「Feather Rock Lovin'」もDre King制作、しっとりとビターでラグジュアリーなミッドでグッド。最後を締め括る「Infiniti」はThe Colleagues制作の壮麗でクリアなミッドで、浄化作用に優れた純白向無垢な一曲で心地良いです(昇天)。

毎度のことながら素晴らしい、R&Bの良心は間違いなく此処にあります(聖地)。Raheem DeVaughnはネオソウルシンガーなどと括られたくないのでしょうが、彼の音楽はあの頃の輝きを絶やさない不滅のネオソウルだと僕は思います。最近はどれも似た様なR&Bで淫美ではあるけれどセクシーではない、大人スマートな礼儀あるセクシーがここにはありますね(意味不明)。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment