RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性Hip Hop  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Future「DS2 [Deluxe Edition]」
DS20futre.jpg

現在の客演王ともいえる活躍をする、Futureの通算三作目となる『DS2』を御紹介。Organized NoizeのRico Wadeの従兄弟でもあるFuture、そのトラックメイクセンスでRihannaやCiaraなどと絡むなど意外にも多才な男。Futureに関してましては、デビュー作である『Pluto』前作にあたる『Honest』も大好きで、年間Top10では必ず上位三位にランクインさせる程、僕はFuture信者で御座います。Ciaraとの別離でいろいろとゴタゴタしているのが気に喰わないですが、まあそこは音楽と切り離して考えるべき。本作は突如として発売されて驚きましたね、しかしその効果もあってか自身初の全米一位を獲得しておりますね。
まずは、もはやFutureの名相棒となっている売れっ子、Metro BoominとAllen Ritterが共同制作した「Thought It Was A Drought」でスタート、ちなみにMetro Boominが本作最多の楽曲を制作していますね。濁流がすべてをクラッシュしながら飲み込むように、ドロドロと粘度の高い電子音と、Futurewのヘドロのように毒々しいラップが鼓膜に粘膜を張るのがたまりません。ジージージーと強力な磁場で結界を作り、聴き手を呪縛してしまうノイジーなトラックも中毒性抜群な「I Serve The Base」もMetro Boomin制作。こういうベタベタと平面なトラックをFutureは得意とし、彼の何度も繰り返すフックが次第にネバネバと糸を引いて鼓膜を捕らえます(逃避不可)。ポポロンと木琴みたいな音色がボンヤリと鬼火のように浮かんでは消える「Where Ya At」、制作はMetro Boominが担当。濃霧が立ちこめる幽玄なトラックに、まるで読経のようにベッタリと扁平なFutureと、客演のDrakeとの相性も抜群で平行線なラップが渦巻く一曲。「Groupies」はMetro BoominにSonny Digital、Southsideが共同制作、ボムボムと鳴る弾力ビートでメキメキモリモリと次第に筋骨隆々に変形し、巨大化してゆくステロイド剤シンセが強烈なトラップチューンは病み付き(混乱)。Futureの浮ついた高音のヘロヘロラップが蜃気楼のように揺らめき、聴き手を翻弄する「Lil One」はMetro BoominとSouthsideが共同制作。シンプルに波紋を広げるダークなトラックに、Futureの残響を逆手にとって衝撃波に変えるラップが鼓膜を鈍く打ち砕きます。キーーーンとつんざめく金切り音みたいなアラーム音が鼓膜を突き刺す「Stick Talk」はSouthsideが制作、単調なシンセの余波に乗っかりFutureが残像をちらつかせる得意のラップで、分身の術を繰り出すから逃げられないです。Metro Boomin制作の緻密に計算された雑多ビートの凹凸で聴かせる「Freak Hoe」は、Futureの重たいラップが連打する逆水平チョップのように鼓膜にズシンズシンと効くヘヴィーな一曲。ローションみたいにヌルヌルした電子音の連続に、Futureの銀塗りされたラップが怪しい光沢をギラつかせ反射する「Rotation」はMetro Boomin制作曲、やっぱりこのノロノロしたスローモーションなラップが耳に残ります。キュービックなトラックがゴツゴツと転がる「Slave Master」はMetro BoominとSouthsideが共同制作、多面体のように角張って次々とトランスフォームしてゆくような、Futureの幾何学的なラップがじわじわクール。ボタボタと滴り落ちるような焙煎ドリップなFutureのラップが旨味たっぷりな「Blow A Bag」、制作はMetro Boominでもうお腹いっぱいと思うけれどまだ入る不思議。「Colossal」はFutureのもう一人の相棒、Zaytovenが制作を担当した溶かした鉛のような重厚チューン。本作で最も僕が好きなのが、Metro BoominとSouthside、Frank Dukesが共同制作したメロウ「Rich $ex」。まるでプラネタリウムのように夜空をゆっくり転回させたようなトラックに、流星群のように幾筋も弧を描いて放射する、Futureの柔らかくメロウなラップが心地いいセクシーなミッド(泥酔)。ピアノ鍵盤の鮮麗な音色や冷気を帯びたシンセが綺麗な、まるで零下の夜空のように凍てついたトラック「Blood On The Money」はMetro BoominにZaytoven、Cassius Jayが共同制作。零下トラックに合わせて、Futureのヘロヘロと繰り出すラップも白く曇るのがミステリアスで美しい。とここまでが通常盤の内容で、ここからは豪華盤のみのボーナス曲がなんと5曲アリ。まずはSouthsideが制作した、ガスの充満する幻想ミッド「The Percocet & Stripper Joint」。つんのめるように前のめりなラップや宇宙人みたく変声するエフェクトなんかに、FutureのDungeon Family縁者な空気感を感じる、どこか宇宙旅行的というかSFな質感のあるトラックがグッド。ピコピコ鳴る電子音に合わせて、Futureのラップがフラッシュする「Real Sisters」はZaytovenが制作。コチコチに硬い鉄骨ビートが的確に撃たれ、その振動でヒラヒラと散ってゆくピアノ鍵盤が鮮麗な「Kno The Meaning」。Southside制作のこのトラックは、これまでで最もシンプルなだけにFutureのエフェクト無しの流水のようなラップが際立つ。最後はSouthsideとDJ Spinzが共同制作した「Fuck Up Some」、ドロドロと蠢くマーブル模様のトラック&ラップでもうクラクラフラフラで御座います。

これまでのFuture作品の中でも振り幅が最も少なく、本当にFutureが好きでないと聴くのがしんどいのでは(心配)。これまでの作品に比べて、客演がDrakeのみというのもあるだろうし、用意されたトラック群もどこか低体温でおとなしい曲の連続でした。僕的には前作『Honest』の方が好きかな、本作の前に出されたミックステープ『Beast Mode』(Zaytovenとのタッグ)も良かったから、あの『Beast Mode』を増築してフィジカルで出して欲しかった気もするけれど。








スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment