RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 音楽その他  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Leona Lewis「I Am [Deluxe Edition]」
1dgvKln.jpg

英国が誇る美形シンガー、Leona Lewisの通算四作目となる『I Am』を御紹介。英人気オーディション番組“X-Factor”の優勝者、なんていう紹介はもう飽きる程したのがこのLeona Lewis。Leona Lewisのその美貌が僕のとことんツボで、もっとR&B寄りになってくれたらなーと不満に思いつつも、好きで絶対に買ってしまうんです(下心)。前作『Glassheart』のジャケットが史上最高にイイと思っていたんですが、本作『I Am』のLeona Lewisの美しさはそれを超えてきましたね(拍手)。その前作からおよそ三年ぶりとなる本作、前作はリリースまで結構手こずっていたので、今回は順調にリリース出来たのかなと。
それでは簡素に感想を書き上げますが・・・・・・まずは、壮麗なピアノ鍵盤の旋律と勇ましいドラムスの行進ビートが共存する「Yhunder」で静かに威風堂々と幕開け。制作はToby Gadが担当で、雨上がりに晴れ間がカッと広がるようなあの不思議な光の感触を覚える神々しいミッド。本作からの先行カットとなったのが、またもやToby Gadが制作した「Fire Under My Feet」。ケンケンとけたたましく鳴る尖った鍵盤音に、ぶっとくドラマチックなドラムビートが発破する、力強いダイナマイトファンク。昔ならばChristinaが好んだであろうこのトラック(どこかAlicia Keysっぽい麗しいファンクも感じる)はLeona Lewisにとっては新境地、清廉として鮮やかに翻るLeona Lewisのシャウトが強烈爽快でグッド。Leona Lewisの氷の彫刻のような、どこか脆くて刺々しいヴォーカルが鮮麗に響く透明感のある悲哀のバラード「You Knew Me When」もToby Gadが制作を担当(ソングライトにはDianne Warrenが関与)。Eg WhiteとToby Gadが共同制作した「I Am」は、ドタドタと強く叩かれるドラムビートと共に突進する白光アッパーで、Leona Lewisのガラスのようなヴォーカルが薄く光るアップ曲。眩く点滅する電子音が英国らしい上品なエレクトロポップに、Leonaの上品で瑞々しいウォータリーなヴォーカルが弾けている「Ladders」はWayne WilkinsとKevin Anyaejiが共同制作。この曲のピチャピチャとした電子音の水玉っぷりがなんともキュートで、ファルセットを閃かせて歌うフックも気持ち良い。遊牧民的なゆっくりとしたビートが躍動感を生み出し、果てしのない白銀の世界を駆けるようなエスキモーポップ「The Essence Of Me」はToby Gadが制作を担当。こういう白銀ポップにはLeona Lewisの雪の結晶化されたヴォーカルがとても合い、フックでのリフレインがまるでブリザードの様に鼓膜をさらってゆきます。「I Got You」もToby Gad制作の純白ポップな一曲で、ピアノ鍵盤を基調とした透明感溢れるメロディに、徐々に加速する銀色のビートが爽快な一曲。土着的でエキゾチックなフックが野性味溢れるも、どこか不思議な銀世界へと誘ってしまうLeona Lewisのヴォーカルが綺麗な「Power」。制作はJim Elliottが担当で、途中でトークボックスっぽいエフェクトを使ってクールダウンする部分が途端にSFで好きな一曲。TMSとToby Gadが共同制作した「Another Love Song」は真鍮製のエレクトロなダンスナンバーで、これはちょっと好みは分かれそうな気がしますね。最後はToby Gadが制作の優美なピアノバラード「Thank You」で、Leona Lewisの慈愛に満ちた無垢なヴォーカルがひらひらとハートに降り注ぎます(昇天)。とここまでが通常盤の内容で、ここからは豪華盤のみのボーナス曲になります。まずはToby Gad制作の白銀スロウ「Thick Skin」は、やはりLeona Lewisが深々と綿雪を降らせて聴き手の心をゆっくり真っ白にします。続く「The Best And The Worst」はToby GadとNaughty Boyが共同制作、これも清く澄んだピアノバラードで乾いた心にグングン沁み込みます。あとは「I Am (Acoustic)」「Thunder (Acoustic)」「Fire Under My Feet (United Studios Session」とオマケ的な曲ばかりなので割愛します。

やはりLeona Lewisは白銀の世界を作り上げる雪の女王で、どんな音をも濾過して綺麗にしてしまうヴォーカルの持ち主。もっとソウルフルな一枚になるかと思いきや、やはりデビュー以来の純白ポップ路線は捨て切れないみたい(混迷)。その点はやはり、あのToby Gadがほぼ半数のトラックメイクに関与しているからでしょう。悪くはないんだけど、もっと歌えるんだから勿体無いかなぁという気も。でも、これから肌寒くなって冬場になると、もっと活躍しそうな一枚です。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment