RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Elijah Blake「Shadows & Diamonds」
elijasshadgr.jpg

かのNo I.D.が設立したレーベル“Artium Records”所属のSSW、Elijah Blakeの記念すべきデビューアルバム『Shadows & Diamonds』を御紹介。Elijah BlakeはあのUsherの後期の名曲「Climax」のソングライトを手掛けた事で脚光を浴びたのですが、元々はRedd Stylezという名でもソングライティングをしていたのだとか。それこそ裏方としてのクレジットを確認したら、枚挙にいとまが無いのでもうここでは書きません(即決)。その後は腕を買われてJay Z率いるRoc Nationともマネジメント契約を結んだ経緯もあるElijah Blake(現在は解消しているみたい?)、という訳で下準備は完全に仕上がった状態での本作リリースで御座います。
それではザックリと聴いた感想を述べますと・・・・・・まずは、オペラとR&Bと民族音楽を癒着させたような、ダークに微睡むトラックが重厚な、 Beat Traffickedrs制作(Co制作をB. Slade)の「Shadows & Diamonds」でスタート。24カラットでカットされた彫りの深いヴォーカルが影を作りながら、時折と煌めくシンセが鉱石のような硬い輝きを放つミステリアスな一曲。まるでバサバサと羽ばたくようなElijah Blakeのヴォーカルと、なだらかにビートを紡ぐトラックがエキゾチックでスパイシーな熱帯夜ミッド「Everyday」はThe Orderが制作を担当。蹄のようなツタカタ鳴るビートと赤褐色な粘度トラックに、何度も繰り返す“えぶりでい♪”なフックが特異で耳にこびり付きます(中毒)。どこか遠く異国の地を彷徨うような、エキゾチックで刺激的なメロディが胸を打つメランコリックなSade風の朴訥な「The Otherside」はIllangelloが制作を担当。異国の風が音やビートの色味をさらってゆくような、どこかドライで錆び付いた感触がクールで、儚く寂しげなElijah Blakeのヴォーカルも胸をチクチクと刺します(空虚)。一つ一つの音色やビートを、澄んだ水の中にドプンドプンと潜らせるようなモイストなメロウがじんわりと広がる「I Just Wanna...」はDjembaが制作を担当。この曲も不思議でトラック自体は深層水みたいな感触なのに、Elijah Blakeのヴォーカルはまるで低空飛行をするような感触で、このチグハグさがだんだん交差するのが面白い。Christopher "C4" Umanaが制作した「Fading」は、オリエルテッドなメロディが色鮮やかにはためく壮麗なマイルドミッドで、Elijah Blakeの秋の葉が色づいてyくように色彩移ろうヴォーカルが切なくて繊細。「Uno」はTrakmatikとS. Fentonが共同制作で、大地を踏みしめ砂埃をあげて跳び上がるようなビートに、叫ぶようなフックなんかも含めて、まるで部族が祈りを捧げて踊るような一曲で躍動感と壮大なスケール感が凄い。タプンタプンとしたジェル状のトラックの中で電子音が優しく妖しく揺れ落ちる「Pinot」、そんな粘度の高いNo I.D.制作のトラックの中で、まるで果肉たっぷりな感触と甘味のElijahのヴォーカルがたまらなく美しいです(溜息)。轟々と燃える炎に赤く照らされながら、 肌を焦がしながら情熱を迸らせ夜通し踊り続けるようなアグレッシヴでネイティヴな「Live Till We Die」が面白い。Illangeloが制作した原始的なリズムと電子音が交錯したホットなダンスチューンで、原色使いの鮮やかなビートとメロディに乗って揺れるヴォーカルがクール。 半透明な電子音が細胞分裂を繰り返すようなドクドクと脈打つミッド「Bout That Life」はTrakmatikが制作、そんな複雑な電子音の細かな隙間を浸透してゆくElijah Blakeの蜜味なヴォーカルも素敵。綺麗に澄み切った淡水トラックの中を、銀色の鱗を光らせピチピチと優雅に泳ぎ回る魚みたいなElijah Blakeのヴォーカルが瑞々しくて美しい「Drop Dead Beautiful」はHappy Perezが制作を担当。ぼんやりと淡く発光する、微熱混じりな白夜の砂漠を歩くような「All Black Everuthing」はSalaam Remiが制作を担当。シルクロードを紡ぐような蜃気楼ソウルの中で、心地良く残像を揺らしながら放浪するElijahのヴォーカルが滑らかでやはり素晴らしい。「Armageddon」はNo I.D.が制作を担当したピアノバラードで、すべての戦いが集結し焼け野原となった地に、たった一輪の白い花がそっと咲くような、そんな可憐でいて芯のある凛としたElijah Blakeのヴォーカルが胸に刺さります。これまでの熱帯雨林なトラックで鬱蒼と茂った鼓膜を、急転したEDM調の弾けたビートと共にスプラッシュしまくるヴォーカルでバシバシと伐採してゆくのが痛快な「Rockabye」はChris Locoが制作を担当。しかしこれもヴォーカルワークにとても緻密な計算がなされていて、まるで伐採ビートをすり抜けるように疾走する軽妙さ(とコーラス)が凄い。Happy Perezが制作を担当した「Angel Dust」は、前半と後半でメロディの変わるツートーン仕様の極上スロウジャム。Elijah Blakeのヴォーカルが金色の鱗粉を撒きながら駆け、次第に強烈な光と熱を纏って舞い上がって、天空をも黄金色に染め上げる壮大なドリーミーソウルでもうたまりません(昇天)。最後は「I Just Wanna...」に、今メキメキと人気急上昇中の女性MCのDej Loafが新たに参加したバージョンを収録。Dej Loafのコケティッシュなラップが華を添える、ナイスな一曲でしっくり来ます。ちなみに豪華盤と通常盤では収録曲数&順が違っていて、ここで紹介した「Bout That Life」、「Rockabye」、「I Just Wanna...」のDej Loaf参加Ver.は、豪華盤のみの収録となっています(追記)。

全編を通してアフリカ的なテイストの漂う、エスニカルなR&Bといった新感触な仕上がりで驚き。感想を書く上でも今年最も難しかったというか、これをどう表現していいのか分からず戸惑いました。と同時に聴き始めた時はしっくり来ず、微妙だとさえ感じていました。でも聴いている内に結局はドハマりしている自分がいて、こうやってブログで取り上げるのにも時間がかかってしまいました。ここ最近のR&Bのガラパゴス化を更に加速させた一枚、要注意で御座います(警告)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

お久しぶりです
お恥ずかしながら,初めて聴きました。いいですね。
今のメインストリームよりも前を行ったビート使いなのに,ヒップスター寄り過ぎない(Dej Loafに絡む感じは明らかにヒップスターにアピールしてるんだと思うんだけど)王道ボーカル。
しかも踊れる!
この子,素行の悪さでポップスター候補から脱落した,第二のクリスブラウンに化けそうですね。
かにこさーーーーーーん!
おかえりなさい!!
全然ブログが更新されないから、心配していました。。。
よかったー、ご家族もお元気ですか?
旦那様のお仕事の関係とかで、忙しくされていたのかな?
とにかく、こうやってまた音楽談義出来そうで、嬉しいです。
そして、寂しかったですよ!

Elijah Blake、良いですよね!
結構、音が先を行っていてカッコイイと思うのですが、ここ日本ではあまり取り沙汰されていません。。。
Chirs Brownも娘さんにデレデレですから、もっと行儀良くなると良いんですがね(笑)。まあ、いろいろトップスターも大変なんでしょうね。でも女性に暴力は許せない!

Leave a Comment