RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
168位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Miguel「Wildheart [Deluxe Edition]」
Miguel-WILDHEART---Copy.jpg

独特の世界観でR&Bを刷新しているシンガー、Miguelの通算三作目となる『Wildheart』を御紹介。前作『Kaleidoscope Dream』は各方面で絶賛され、見事に人気シンガーの仲間入りを果たしたと思われるMiguel。オルタナティヴR&Bが世間に浸透し支持されている昨今、その旗手であったと言っても過言ではないと僕が思っているのが、坊主頭のデビュー作から追いかけているこのMiguelで御座います。本作のジャケットですが、このモクモクと煙たい渦に巻かれ、裸身の女性を抱くヌードのMiguelが卑猥で賛否両論みたいですが、僕は結構なお気に入りで御座います(変態)。
それではどんな中身なのかと申しますとこうなってて・・・・・・MiguelとHappy Perezが共同制作した「A Beautiful Exit」でスタート、エレキギターのリフがギリギリと鳴ることでメロディがゆっくり展開するのが強調され、銀河の星雲のゆっくりとした動きに似たトラックとヴォーカルの遊泳感が見事にマッチしています。「Deal」は@oakwudと@popwanselが共同制作したアッパーで、これなんかはFunkadelicとJimmy Hendrixが融合したような(サイケとロックの合体)感覚の一曲で、ネットリと粘液性の電子音を歪ませて四次元へ突入するトリップ感で、Miguelのトロトロに煮込まれたヴォーカルもサイケデリックでナイス。MiguelとFisticuffsが共同制作した「The Valley」は、強力な磁場に遭遇して電気系統がヤラれた宇宙船が操作不能になったような、ヘロヘログニャグニャとのたうち回るシンセに目暈がして気持ち悪い(賛辞)。本作からの先行シングルとなったのがMiguel制作の「Coffee」、夢うつつで目醒めたらまだ空も青白い夜明け前で、少し肌寒く感じながら濃いブラックのコーヒーを飲むような感触かな(意味不明)。あの夜と朝の境目に現れる刹那の幻想的な温度差が漂うトラックに、どこかしら少し半音ずり落ちたようなMiguelのヴォーカルがジワジワと鼓膜に沁みます(半覚醒)。ダムンダムンと打つ太鼓ビートが野太くタフな「NWA」はMiguelとBenny Cassetteが共同制作で、石造りビート主軸な部族的トラックの硬度に対し、終始MiguelはCurtis Mayfield気取り(彼より濃密でビターだが)でセクシーで線の細いファルセットを駆使するのが面白い。しかも客演には西の猛者であるKuruptが参加し、危険でヒリヒリとした囁きラップを沈殿させているのが肝でグッド。「Waves」は再びMiguelとHappy Perezが共同制作、70年代を彷彿とさせるレトロなメロディに、少し曇ったMiguelのハスキーなヴォーカルがシャウトするのがカッコイイ(痺)。アコースティックギターの温かく優しいメロディが香る「What's Normal Anyway」は@oakwudとSteve "Ace" Mostyn、Flippaが共同制作で、フォーキーで柔らかなトラックにボツボツと硬質なビートが打たれる構図が面白くて、まるで森林浴をしているように心が穏やかになる酸素たっぷりなミッド。鉛のように重たく鈍い光を滴らせる、一種の化学反応的なロックメロディがMiguelのヴォーカルをメタリックに艶めかせる「Hollywood Dreams」はMiguelとFisticuffsが共同制作。下に下にと重力で引っ張られるエレキギターの歪曲した音色に、Miguelのヴォーカルが鈴なりにくっついてゆくのが面白い。吹かすエンジン音でスタートする「...Goingtohell」はMiguelとBenny Blanco、Cashmereという強力な布陣での制作曲でやはり特殊。熟した女性の裸体のような艶かしい隆起の上で転がるMiguelのヴォーカルが、まるで柔肌を触った刺激で痙攣するように悶えるのがたまらないのです(電撃)。そのままゆっくりと時間をかけて密着して溶け合って、やがて果実が熟れて甘くねっとりとした匂いを放つような甘酸っぱさが充満する「Fresh」はMiguelとA.K. Paul、そしてまさかのRaphael Saadiqが共同制作した恍惚の愛撫スロウ。そんなジュクジュクに熟れたフルーティな音の果汁を滴らせて、ぐっちょりと濡れたヴォーカルで喘ぎ昇天するMiguelはもうただただエロい(賛辞)。やがて愛し合い果てた二人にも、瑞々しくて眩しい朝が来て、そのまま陽光の中のオフロードをひたすら地平線をめがけて走り続けるような、爽快に風を切るロック「Leaves」は@oakwudとSteve "Ace" Mostyn、@popwanselが共同制作。本作唯一となるLenny Kravitzを客演に迎えた「Face The Sun」はSalaam Remiが制作を担当、Lenny Kravitzのギターが聴き手のハートをギュッと絞ってスプラッシュさせる感触が爽快で、Miguelのヴォーカルも豪快に飛び散って眩しいかぎり(浴)。とここまでが本編の内容で、あとは豪華盤のみの追加曲が4曲収録されています。まずはMiguel制作(Co制作をBrook D'leau)のDrakeなんかが好みそうな突起物オルタナティブ「Gfg」、ビートとネバネバ電子音だけで聴いているうちに泥酔してしまいそうなMiguel制作の昏睡メロウ「Destinado A Morir」。やはりくぐもったエレキギターをジャリジャリと鳴らしつつも、それは大気圏を突破するまででその後は蒼く綺麗な銀河が待っているスペイシーなミッド「Simple Things」はMiguelとD'leauが共同制作。最後はMiguel制作の「Dammed」でバババババと弾いて打つ暗鬱なビートが、ソリッドで刺々しくクール。

これをR&Bと呼ぶべきなのか迷う程、雑食性に富んだいろんなサウンドアプローチがされた一枚。元々Miguel自体がオルタナティヴを過剰にしたような(褒言葉)、擬態性の強いカメレオンシンガーなので、多面性があって一歩間違えたら総崩れしそうな印象。でも一枚を通して聴く事を前提にやはり作られていると思うし、こうやって聴いているとどこかPrinceっぽいところもあるのかなーと感じたり。本作はこれまでのMiguel作品の中でもロック寄りな感触で、その変態っぽい音色や声色からもPrince作品に近いタッチで、どこかぶっ飛んでいて面白かったです。これで今年にThe Weekndの二作目が出ていなかったらば、とか変な邪推をしてしまいますね(笑)。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment