RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

11 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
192位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
47位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Avant「The VIII」
Avant-The-VIII-album-cover.jpg

NBAのスター選手Magic Johnsonに見初められてデビューしたベテランシンガー、Avantの通算八作目となる『The VIII』を御紹介。Avantに関してはデビュー作だけ持っていないんですが、2nd以降はきちんと買って聴いておりますので、結局は好きな部類のシンガーで御座います。この拙いブログでも、前作『Face The Music』から遡り、『The Letter』『Avant』なんかは御紹介が出来ています。この浮き沈みの激しい音楽世界で、もう八枚ものアルバムを出しているんですから凄いですよね(感心)。Avantに関してはそんな特大ヒットってのもなかった気がしますし(「4 Minutes」だってもう9年前ですし)、きっと本国では結構な支持を受けているのでしょうね(憶測)。
まあくだらぬ前置きは止めて本題に取りかかりますと・・・・・・まず本作で多数の楽曲を手掛けているのがTravis Saylesってのが味噌、彼はJamie FoxxやAriana Grande、はたまたT.I.やMeek Millなども手掛けるProducerで御座います(Darkchild一派みたいですね)。なので、まずはそのTravis Saylesが制作した楽曲から触れてゆきたいと思います。スタートを切る「Find A Way」はJoseph Harleyとの共同制作で、真夜中に100万ドルの夜景を横目に、ハイウェイを駆け抜けるような流線形の目映い疾走チューンが艶やかなミッド。フワッフワの毛糸で出来たような、温かく柔らかなソウルメロウなトラックにクラクラしてしまう「Special」。Avant特有のハイトーンの透明なヴォーカルが、キラキラとイルミネーションみたく煌びやかに光り輝くのがとっても綺麗。月明かりに照らされた夜風が頬をかすめて抜けてゆくような「Apart」は、鮮麗でいてどこか物憂いメロディーがひらひらと漂う風月R&Bでしとやかで心地良い。スタートの荘厳なストリングスで重厚に滑り込む「Come Get It」はSteven FranksとTommy Brownとの共同制作。聴いているとなんだかビートが先行しているけれども、まるで水面を叩いて鳴らすようなビートで硬さを感じさせずかえってモイストな印象を与えるのが面白いミッド。胸の鼓動を埋め込んだビートが、Avantの代表曲である「4 Minutes」での秒針ビート使いとシンクロしてなんだか懐かしい「Best Friend (Part II)」。これは前作『Face The Music』収録の「Best Friend」の続編でしょうね、ノスタルジックでモノクロなメロディの浮き沈みに、Avantの残像を作りながら翻るファルセットがドリーミーで美しいんです。水玉のようなポワンポワンとしたメロディの膨らみが心地良い「Note」は湖で泳いでいるかのよう、ブクブクとどこまでも深く澄んだ水の中へ沈んでゆきます(潜水)。Avantのミネラルたっぷりなウォータリーな歌声が、鼓膜と浸透圧がピッタリ一緒でぐんぐんと浸透してくる純白ポップ「Mines Do」なんかも、ここ最近Avantが得意としている透明感のあるスッキリ味なトラックでグッド。小節でいうと後ろに重心を置くヴォーカルスタイルが現行のシーンらしい節回しの「You Know Better」は、Steven FranksとTommy Brownとの共同制作。Avantのヴォーカル自体がすごくライトでサッパリしているので確かに違和感は無いけど、客演で参加の男性シンガーMaloneの方がトラックに似合ったサイボーグ声を出していて上手い(惜敗)。Avantのシルキーでスベスベしたヴォーカルが鼓膜を切なく優しく包み込む「Take It There」も、やっぱり綺麗に澄み切った純水のようなトラックをチャプチャプと泳ぐような感覚がたまりません(快感)。最後を飾る「Doesn't Matter」はピアノバラードさながらで、夜の帳が下りるように静かにそっと囁くようなAvantのヴォーカルが、空間を優しく震わせて鼓膜にじんわり到達するのがグッド。とここまでがTravis Sayles制作の楽曲で、どれもやはり高水準でナイス。あとは、幾つもの光を束ねたようなシンセの曲線が、とても幻想的でまろやかな感触を生み出す光ファイバーミッド「Lights Off」はDot-N Proが制作を担当。Avantのヴォーカルが一筋の光のように鼓膜に届く、鮮やかで眩いミッドでこれは2000年代のR&Bライク。「I'm Not Telling」はVyacheslav Livinsが制作を担当したNe-Yoっぽい蒼白のフィヨルドミッド、もうとにかくトラックをレフ版代わりにしてキラキラと白く輝くAvantのヴォーカルにときめきます。

アルバム自体の統一感もあるのはTravis Sayles縛りで作ってるからで、すごく聴き易いです。嫌いじゃないのですが、せっかくだからAvantには『Ecstasy』や『Private Room』の時みたいな、露骨にセクシーなスロウなんかも歌って欲しいのが本音ですね。とは言っても、その頃でも結構トレンドを追った楽曲をやっていたから、Avantらしいと言えばそうなんですが。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment