RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
103位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
30位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bilal「In Another Life」
bilalinthlifeooo.jpg

その奇抜な芸術センスでソウルを革新しているシンガー、Bilalの通算四作目となる『In Another Life』を御紹介。このブログの熱心な読者ならば、僕のBilal崇拝っぷりは御存知の通り。これまでにも前々作の『Airtight's Revenge』は年間第二位前作の『A Love Surreal』は年間第一位を獲得しておりまして、いつも僕のソウル愛をごっつり愛撫してくるのです(溺愛)。幻の2nd『Love For Sale』のリーク&お蔵入りで一時は活動も危ぶまれましたが、『Airtight's Revenge』からは三年ぐらいのスパンで順調にリリースも重ねています。やはりBilalのここ最近の客演ぶりから考えても、音楽業界での信用度もかなり高いのでしょうね。
Bilal愛について語るのはこの辺でよして本題に・・・・・・まずはJay Z「Picasso Baby」と同ネタ、Adrian Young「Sirens」の続編的立ち場なのか2と題された「Sirens II」で厳かに幕開け、これを含めて本作ではそのAdrian Youngが全曲の制作を担当しています(この曲では演奏にAli Shaheed Muhammadも関与)。少しだけ不気味な硬度強のトラックは甲殻ビートを纏っていて、だけれどBilalの煙のようにスーッと静かに忍び寄って蝕むヴォーカルが脅威。雨のそぼ降るような冷たくかじかむメロディーとBilalの悲しげなヴォーカルで、ぼたぼたと打つドラムス(これがAdrian Youngの真骨頂)で出来た穴ぼこトラックに歪な水溜りが出来る「Star Now」。フレンチサワー味な軽快おしゃれミッドの「Open Up The Door」は、朗らかな鍵盤音に乗せてBilalの春風みたいなヴォーカルが吹き抜けて、聴き手の鼓膜に受粉を完成させる(下手するとアレルギー反応を起こしてしまう)一曲。そのまま、優しく淡い花吹雪が舞い包むような鍵盤メロウ「I Really Don't Care」へ流れ込み、Bilalの甘くも渋いヴォーカルが木漏れ日のように揺れるのが心地良いです。ぼんやりと蛍光ネオンが瞬くような、暈けた明滅が優しく音世界へと誘うマイルドでキュートな「Pleasure」。Bilalのヴォーカルもハリ弾力性をゼロにしてふかふかしたファルセットを多用しているので、どうも触った心地がしないなーとスカッた感覚を覚えるも、客演でBig K.R.I.T.が参加する事で途端に面白い骨組みが出来ています。真っ青な宇宙空間をメタリックなBilalのヴォーカルが遊泳するコスモソウル「Satellites」、宇宙的ではあるけれどやはりドラムスがサイケ感を消し生身の温かさを滲ませています。もはやPrinceでもやりそうにないほど、Bilalがエキセントリックでけばけばしいシャウトを炸裂させる「Lunatic」は、エレキギターの鳴りもドラムスの硬質な鳴りも鋭利なロックで痛々しくて気持ち良い(マゾ)。世間様的に注目曲となるのはやはり、Kendrick Lamarが客演で参加した「Money Over Love」でしょうか。鉄の雨が降る様にコチコチのビートが流れる中、Bilalが抹香臭い怪しげなヴォーカルを燻らせ、中盤でKendrick Lamarが熱波を飛ばすようなラップで斬り込むのがアグレッシヴ。高低差の激しく変形自在なBilalのヴォーカルがまるで、蠟のような妖しげな艶めきを鈍く光らせる「Love Child」。客演返しとなるKimbraが参加した「Holding It Back」は、お香を焚いた様に甘い香りが空中で混じり合うネットリとスモーキーなメロウ(酩酊)。柔らかなオルガン音がシャボンのように浮かぶ「Spiraling」も、吐息に近いBilalのヴォーカルがまるで光合成をするように、甘い光を吸収して膨らんでゆくのが心地良い。最後はブルージーで優美な「Bury Me Next To You」で幕切れ、光芒で輪郭の暈けたBilalのヴォーカルがほろほろと鼓膜に届いては崩れて融けてゆくのがたまらなく気持ち良いのです(恍惚)。

うーん、勿論Bilalですから好きですし独特の世界観でカッコイイんですが、僕的にはAdrian Youngをどう感じるかが大きい。当然Adrian Youngは全員から熱狂的な支持をされる現代随一のド渋いトラックメイカーであるのは知っていますが、僕はそこまで彼のサウンドにハマってりしないのが本音でして(鈍感)。そういう意味では、これまでの作品同様にBilalとSteve McKieを中心に創った方が僕は絶対に良かったと思うんですが(畏怖)。渋味はあったけれど品行方正な本作をとるか、奇抜で変態なこれまでの作品をとるか、Bilal好きでも分かれるところかも。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment