RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
39位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Prince「HITnRUN Phase One」
princehitruntidal.jpg

僕にとっての音楽の神様になりつつある、Princeの通算三十四作目となる『HITnRUN Phase One』を御紹介。前作『Art Official Age』から約一年ほどで届いた本作、また活動が活発になって来て嬉しいPrince様。その前作を喧嘩別れした古巣のWarner Bros.からリリースしたかと思ったら、本作はまずJay Z率いる音楽サービス“TIDAL”からの独占配信となりました。以前より音楽の販売形態に疑問を呈してきたPrinceですから、これはなんだか自然な流れな気がしました。しかしフィジカルでリリースが無かったらどうしようと焦っていたんですが、きちんとフィジカルも出されて入手する事が出来ました(安堵)。
そんなこんなを乗り越えた本作の出来映えは・・・・・・全曲の制作、また演奏の大半はPrince直々というのは当たり前という事で。まずはゴスペルとゴーゴーなサウンドを掛け合わせた、ギラギラとド派手で神々しい「Million $ Show」で豪快にスタート。ここでは相思相愛(のハズ)でMichael Jacksonにも認められた実力派Judith Hillが客演参加、せっかくならばこういうベッタリとビカビカなトラックでなく、艶かしいディープなトラックで絡んで欲しかったかな(惜)。Run D.M.C.ばりのゴリゴリなカッティングと、乱反射しては交錯する電光線が眩い「Shut This Down」は、とにかく全てを叩き潰すかのように暴れるPrinceのヴォーカルを浴びるのみ(打撲)。「Ain't About 2 Stop」ではまさかのRita Oraが客演参加、アラビアンテイストなトラックを感電させたようなエキセントリックなトラックで、Rita Oraの存在感は皆無なのが意味深。美人デュオのCurly Fryzを客演に迎えた「Like A Mack」は、ちょっぴりトロピカルな風味も混ぜたエレクトロなトラックで、撥水性のビートに乗せてCurly Fryzと戯れるPrinceはあまりに軽過ぎてちょっとヘンテコ。ゆっくりと鼓膜の中で崩れる速溶錠的なトラックが新種のドラッグみたいな「This Could B Us」は、Princeの神経質で痩せたヴォーカルが金属的でかえって刺激的な一曲。前作からPrinceがどうもご心酔みたいな4つ打ちのダンスチューン「Fallinlove2nite」は、少し声の音程を引き上げた高音なヴォーカルが軽快に飛び跳ねるパーティーチューン。重たく歪んだ音色とスクリューのかかったヴォーカルがヘヴィーな「X's Face」、ゆっくりと静かにジャングルを忍び歩くレオパードのようなしなやかなPrinceのヴォーカルは聴き応えアリか。Princeが暗闇の中でネットリとギターを愛撫しては、へし折れる程にきつく抱き締める姿が目に浮かぶハードな情交ロック「Hardrocklover」なんかは、聴いていてビリビリと鼓膜が麻痺する程に響いてきてたまりません(気絶)。Princeが寵愛するLianna La Havasが客演した、といっても“ミスターネルソン♪”とだけ囁かせたような扱いの「Mr. Nelson」は、PrinceからのEDMへの軽い返答といったところでしょうね(器用)。本作でズバ抜けて素敵な仕上がりなのが、どこか90年代のR&Bライクな艶麗さと涼しげなグルーヴが心地良い「1000 X's & O's」ですね。Princeの熱が零れ落ちるような艶っぽいヴォーカルが濡れて、やらしくも滑らかな輝きを湛えるなんともセクシー。最後は月の浮かぶ水辺にそっと舟を漕ぎ出すような満潮スロウ「June」で、しっとりと水の深い深い場所へと泳いで消えてゆくPrinceの魚類ヴォーカルがナイス。

今年行われた第57回グラミー賞で最優秀アルバム賞のプレゼンターとしてPrinceが登壇した際、彼は「Albums, Remember Those? Albums still matter. Like books and black lives, albums still matter. (アルバムって皆覚えてるかい? アルバムはまだ大事だ。本とか黒人の命と同じようにアルバムって重要なんだ)」とスピーチし、それを聴いた僕は瞬間に鳥肌が立ちました。なんだけど、それほどまでにアルバムという様式美にこだわるPrince(Princeのアルバム『Lovesexy』なんかは曲間に途切れが無く頭出し不可能な、丸ごとが一曲な作りだった程)にしては、本作『HITnRUN Phase One』はアルバムとしての完成度は少し低かった気が(暴言)。「アルバムって覚えてる?」の名言、そしてD'Angeloが『Black Messiah』を発表した後だったので、僕の期待も最高潮だったのもあるのでしょうが(勝手)。このアートワークからして、もしや前作『Art Official Age』の没曲の集合体だったりして、などと勘繰ってしまう一枚、言い過ぎか(悲)。Princeにしてはちょっと、派手や絢爛を一色に纏める美しさが足りなかったかなー。


スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment