RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

06 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
11位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 女性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Stacy Barthe「BEcoming」
stacy-barthe-cover_sq-f7abe0cd5e014215da9adbec1a323e837654f7ed.jpg

Brooklyn出身でLAを拠点に活動する女性SSW、Stacy Bartheの記念すべきデビューアルバム『BEcoming』を御紹介。Stacy Bartheといえば、あのJohn Legend率いるレーベル“Homeschool”と契約したことで一躍注目を浴びた新星でございます。よく調べるとStacy BartheはプロデューサーのChase N. Casheが率いる制作チーム“Surf Club”でもあるのですね(無知)。なのでソングライトのキャリアは既になかなかのもので、Rihanna「Cheers (Drink To That」やKelly Rowland「Everywhere You Go」、はたまたBritney Spears「Blur」からMiley Cyrus「Adore You」まで幅広く関与しているみたいです。また最近だと、LA経由でかThe Gameの楽曲に客演していますね。彼女自身もEP『Sincerely Yours, Stacy Barthe』が高評価を得ていたので、満を持してのメジャーデビューといったところではないでしょうか。
という訳で紹介はこのくらいでOKということで本題へ・・・・・・まずは同じくSurf Clubの一員であるHit-Boyが制作を担当した(Co制作にMalay)の「My Suicide Note (Intro)」で幕開け。まるで凍えた風が吹き荒ぶようにストリングスが鼓膜を掠めてゆくトラックに、Stacy Bartheの悲哀のこもった濡れたヴォーカルが鼓膜をかじかむほどに冷やします。続く「In My Head」はOren Yoelが制作のアップチューンで、ボスボスと空気を含んで吐き出すようなスモッグビートの中で、Stacy Bartheのなだらかなヴォーカルが転がる茶褐色の疾走ソウルチューン。まるで地平線から陽が昇るような、そんなジワジワとした熱感と高揚感を誘うビートの滲ませ方が巧い「Sleep To Dream」。Malay制作の高揚感を煽るトラックも勿論巧いけれど、Stacy Bartheのヴォーカルもほどよくエスニカルでピリッと刺激があり、ネイティヴな感触に恵まれたしなやかさがグッド。低音で潜るような流線形のメロディーと、パシンと振幅を残して飛沫をあげるビートの溶け合いがドリーミーでとてもディープな感触の「Eyes Wide Shut」はMalay制作。なんというか本当に液状チックなトラックで色彩の揺れが綺麗で、ヴォーカルもまるで泳ぎ回るように自在。Malay制作の「Here I Am」は踊り狂うような部族的ビートの乱舞がアグレッシブで気持ち良く、Stacy Bartheのジワジワと熱を帯びるようなヴォーカルも艶やかでグッド。穏やかに柔らかに、まるで花が散るようにピアノ鍵盤が舞うのが淡麗なバラード「Me Versus Me」はDarhyl "Hey DJ" Camper, Jr.が制作という事で納得の美しさに溜息。クワイエットストームよろしく、雨の煙る音でスタートする「Find It (Transition)」はRan Pinkが制作を担当。そのまま背景では水の流れるサウンドも入れつつ、ストリングスの重厚な照り感がずしりと鼓膜に響く荘厳なトラックと、Stacy Bartheのアルコール度数の高いちょっと辛味のあるJazzyなヴォーカルがじんわりと五臓六腑に沁み渡る一曲。Sergio Mendesで有名な「Mas Que Nada」のフレーズをぱらっとあちこちに散りばめた「Live For Today」はBenny Cassetteが制作で、客演にあのCommonが参加。少し機械的に角張ったベース弦のループが張り巡らされ、鼓膜はどうもこの音の網から逃れられず。Stacy Barteの少し灼けたヴォーカルも勿論良いけれど、やはりCommonが出て来た途端に全て奪い去るのが痛快。ツルツルとした大理石でできた空間で聴くような反響と、その中でモワモワと立ち込めるスチームのように漂うヴォーカルがしっとり朧げで妖艶な「Flawed Beautiful Creatures」は、Darhyl "Hey DJ" Camper, Jr.が制作。弦音を波紋に変えて柔らかな膨らみと弾力を生み出すアコースティックなナンバー「Hey You There」はMalayが制作を担当、ちょっぴりトロピカルな甘味もあるスロウジャムで心地良い。「Walk On Water」もMalayが制作をしており、やはりアコースティックでオーガニックな味わいを出した透けるようなメロウで心地良さ抜群(安息)。引き続きMalayが制作した「Born To Berong (Interlude)」は、ゴボゴボとしたビートを聴いているうちに音の深海へと沈没するディープなスロウで、Stacy Bartheのクラゲ状の半透明なヴォーカルが揺らめくのが幻想的。「War IV Love」はコツコツと叩くビートで行進するマーチ風ソウルで、やはりMalayが制作をしております。あのJames Poyser(!)とDJ Dirty Harryが共同制作し、サンプリングにBiz Markie「Make The Music With Your Mouth」を使った「Angel」は本作でも最重要曲。まずはこの打打打打打(ダダダダダ)ビートとラグジュアリな宝石メロウの融合が素晴らしいし、さらには客演でJohn Legendが芳醇なヴォーカルを重ねる事で(いや、完全に塗り潰してしまっているか)、余計に甘酸っぱい王道ソウル復古が実現しております(痺)。Benny Cassetteが再び制作した「You Wonder Why?」はどこかレゲエチックなレイドバックチューンで、少し気怠く力の抜けたStacy Bartheのヴォーカルも柔らかく踊ります。再登場のRan Pink制作のエレクトロ鍵盤の跳ねた音色が色鮮やかなアッパー「In The Meantime」、Classmatezが制作した電子音を煮沸してとろかせたどろーりスロウ「Enough Is Enough...」と、最後までディープな音世界を堪能出来ます。

やはりJohn Legendが監修というのも大きいし、もう一人の監修Malayが僕は大好きなのでとっても美味で御座いました(単純)。凛として美しいんだけれど、どこか土着的な温もりがあるのもStacy Bartheのヴォーカルの魅力ですねー。ちょっと違うかもですが、僕的にはIndia.Arieを彷彿とする作品でかなり身に沁みました。ソウル好きならば確実に気に入るであろう実力派な燻し銀の一枚、Motown Records印が誇らしげであります。これは失言覚悟で述べると、もっとルックスが可愛かったら売れたのかも。




スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment