RocBox 2

自分の持っているR&B、Rapアルバムを聴いての感想を偏見で綴る。音楽に関する知識はほぼ無し、雰囲気で語る。

09 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Queen

Author:Queen
生年月日:1983年11月28日
星座:射手座
性別:男
血液型:A型
趣味:古典的推理小説読書
    黒音楽に浸る

ブログランキング
人気ブログランキングへ にほんブログ村 音楽ブログ HIPHOP・ラップへ
にほんブログ村 音楽ブログ R&B・ソウルへ
Q's Tumblr
http://rocqueen.tumblr.com/
Twitter
ブログ内検索
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
161位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
洋楽
43位
アクセスランキングを見る>>
訪問者数
現在の閲覧者数
Coming Soon
QRコード
暇潰しに携帯でどうぞ
QR
国カウンター
free counters
Category: 男性R&B  Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Bryson Tiller「T R A P S O U L」
1500x1500sr.jpg

ケンタッキー州ルイビル出身の新進気鋭SSWでありプロデューサーでありラッパー、Bryson Tillerの記念すべきデビューアルバム『T R A P S O U L』を御紹介。僕はハッキリ言ってBryson Tillerを知らなくて、単純にジャケットが格好良いから買ったんです(遅)。調べてみたらTimbalandが二年前ほどに知り合っていて、Bryson TillerのことをInstagramでも紹介したりしてるみたいですね。また、Drakeも彼のことをお気に入りだそうで、そういった情報がSNSを経由して知れ渡る存在になったのだそう。そんな中で発表した楽曲もすこぶる高評価を受け、早速大手メジャーのRCAと契約しデビューが決まったというスピード出世で御座います。しかも本作、全米R&Bチャートでも初登場2位を獲得という事で、R&Bリスナーの注目と人気の高さが窺えますね。
という訳でハードルは上がり切った状態でのスタート・・・・・・まずはページの捲れる音で幕を開けるドラマチックな「Intro (Difference)」がRob HolidayとNeil Dominiqueが共同制作、どことなく汗ばむようなネットリ感と熱を帯びたヴォーカルが迎え入れます。幻想的な電子音がトロトロなメロディーを漕いで渡るような「Let Em' Know」はSkysenseが制作。時に直角に、また時には曲線を描いて浮き沈みするヴォーカルが、聴き手を彷徨わせ知らずのうちに深海へと引きずり込みます(潜水)。90年代の主流だった腹回しの声ネタを、現代のトレンドであるトラップに漬け込んで粘度を高めた「Exchange」はThe Mekanicsが制作を担当。KP & Envyl「Shorty Swing My Way」をサンプリングしたトラックは酸味の効いた寒天シンセの連続で、Bryson Tillerの良い意味でプラスチックなヴォーカルと好相性でグッド。Fayo & Chillが制作し、Jodeci「What About Us」を高音で蒸して気化させたような「For However Long」もスロウジャム。やはりドロッと微睡んだゼリーみたいな半透明な電子音が侵食するも、Bryson Tillerのサワー系のサッパリした甘酸っぱいヴォーカルが後味を良くしてるのがグッド。Dope Boi制作の「Don't」はMariah Carey「Shake It Off」を下敷きに、濃縮エキスを抽出し配合したやはりスロウ。トロトロなメロディーとBrysonのヴォーカルはまるで水と油ながら、その混ざらずに分離した液体メロウの戯れが(途中でごっつりスクリュー声が挿入され余計に分離)、ちょっと歪で変態なセクシーさを演出しています。Alex Isley「My Theme」をサンプリングした短曲「Open Interlude」はBagheera Smoovが制作した、やはり水中から出られない遊泳スロウ。ほぼほぼラップで突っ切っていく「Ten Nine Fourteen」はSkysense制作で、サンプリングにはKeith Sweat「Nobody」を使用。早口で滑走するラップシンギングなBryson Tillerとは対照的に、ネタ元をグツグツ煮立て作った藻屑のように揺らめく電子音が始終メロディーをそよがせるのが中毒性高いです。ユラユラと滞留感のあるトラップソウルを堪能できる「The Sequence」はSangoが制作を担当、下敷き曲であるShai「Sexual」も濃厚なシロップチューンでトロトロな訳で、それを焙煎してドリップしたビターなトラックはなかなかの出来映え。Skysense制作の「Rambo」はEduardo Khil「Beryozovy Sok」をサンプリングした、不穏なビートがパラパラ降りしきるミッド。J LouisとGravezが共同制作した「502 Come Up」は、それこそFutureやDrake、Big Seanなんかが乗っかりそうなラップ向きのトラックで、Bryson Tillerが厳つく尖ったラップを披露。格闘ゲームの“ストリートファイターII”のサウンドをサンプリング(している筈)した「Sorry Not Sorry」は、Milli MeatzとTimbalandが共同制作した一曲で、音の使い方が面白く他の90年代曲をサンプリングしたトラックよりも親近感が湧きます(笑)。「Been That Way」はFade MajahとTimbalandが共同制作した鉱石で造ったようなゴツゴツした輝きが綺麗なスロウで、少しヒンヤリと冷たい感触が石っぽくて特殊な音感触を生み出しています(結晶化)。J Louis制作のオーロラみたくひだひだした光が洩れては消える「Overtime」、最後を飾るThe Mekanics制作の「Right My Wrongs」はBryson Tillerの茫々とした光芒を滲ますヴォーカルと淡色メロウな繊細トラックが見事にマッチした美曲です(溜息)。

うん、極めて現代的で流行最先端といった印象。僕的にはTinasheの男性版で、Chris BrownとJeremihを足して2で割ったような感触でしょうか。勿論カッコイイですし、この先が非常に楽しみなアンビエントなシンガーですねー。ただ、三十路を過ぎたオジサンの僕には少し沈殿し過ぎというか、あまりに水深が深いので息継ぎに苦しむところはあるかな。これはもう好みの問題、Bryson Tillerのヴォーカルは嫌いじゃないし、作風が変わるとまた違って聴こえるかも。でも聴いているうちにだんだん、好きになっているのも事実です。90年代のR&Bを多数サンプリングしてあったけれど、やはりここまでトロトロにされると勘づき難い部分もあって、ほぼ刷新といった感じがしましたので、やはりどこまでも新感触で面白かったです。






スポンサーサイト

テーマ : HIPHOP,R&B,REGGAE    ジャンル : 音楽

Comments

Leave a Comment